« 歌丸師匠の言葉について | メイン | 商店街寄席 »

暑うございます

山笠も終りいよいよ博多も夏本番です。

独り言もしばらくお休みしていましたが、いかんせん

忙しくて書く暇がございません。

書くテーマはあるのですが、夜になると忘れております。

さて、6月に上方落語界では若手グランプリがありまして

正式名称は忘れましたので。

桂米輝さんが優勝されたようです。

米団治師匠のお弟子さんで、まだお若いようです。

去年は笑福亭たまさんだったと思いますが、

今年は米朝一門。

今までみるとコンテストは米朝一門は強いですね。

ここ数年間でも、桂雀太さん、桂佐ん吉さん、桂吉の丞さん。

育成というと地道な基礎造りが肝心なんでしょうが、

色んな本を読むと米朝師匠、吉朝師匠の指導は

しっかりしていたようですね。

声、言葉、姿勢。

これに登場人物の描き方、ネタの深堀が加わってくるのでしょうか。

基礎あっての理論という事でしょう。

米輝さん。一度拝見したいものです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://joukanya.com/blog-bin/mt-tb.cgi/727

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2017年07月15日 23:36に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「歌丸師匠の言葉について」です。

次の投稿は「商店街寄席」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32