« 2016年06月 | メイン | 2016年08月 »

2016年07月 アーカイブ

2016年07月09日

笑福亭たま 「宿屋仇」

こえびさんのアドバイスで見逃した

笑福亭たまさんの「宿屋仇」をようやく拝見できました。

宿屋仇

おそらく、福岡に住んでいる人間の中で

この噺を好きな人は他にいないくらい

私は大好きなんです。

最初に聴いたのは意外にもというか鶴光師匠。

島之内寄席で聴いたのが最初。

で、面白いなと思って2年生の合宿で

やりたいと言うと、先輩の変蔵さんが米朝師匠と枝雀師匠の

音をテープに入れて持ってきてくれましてね。

この音が衝撃でしたね。

「10年たったら変わるなー」

このセリフ。

変蔵さんと二人で夜盛り上がったのが懐かしいですな。


さて、たまさんの「宿屋仇」ですが、

後のインタビューで言ってはる「米朝師匠が難しいと

言っているところを簡単にしました」

その点が自分にもわかって興味深いものでした。

まず、仕込みの部分。

侍がとにかく眠たいので静かな部屋にしてくれ

とリクエストしている点と

兵庫の三人連れがうるさいという点

これをオーバー目にやってました。

そいで、うるさい所をお囃子の工夫。ここがポイント。

太鼓の使い方。ここは上手い。

この時、侍は昔のやり方では書面を書いている

けど、たまさんは侍が寝ようとする仕草に変えていました。

これは、いいアイディアだと思いました。

それ以外にも細かい点はありましたが、

次に驚いたのが、小柳彦九郎という侍の嫁を間男して

嫁と弟を殺したとうその自慢話しをする所。

元ネタでは、源兵衛が喜六、清八に自慢して番頭の伊八が

来て嘘だと告白する所を

たまさんは、伊八が来る前に源兵衛が他の二人に嘘だと告白、

伊八が来た時に、嘘と知りながら伊八を騙すように

他の二人も源兵衛がやったと言う。

そして、何より伊八が侍に呼ばれて怒られるやりとり、

三人に注意しに行くやり取りを

無言で伝える。

そこにリアリティを客に感じさせる工夫が出て感心しました。


古典落語はやり方で違う印象を与えるもんですな。

宿屋仇についてはまた次回。


2016年07月21日

夏休み

通勤の電車に子供が減ってきました。

そうか、夏休みか。小学校も。

小学校いうたら今度の土曜日は「正太郎独演会」やったな。

しかし、暑い。

帰ってきても暑くてすぐビールを飲んでしまいます。

ビールの後は焼酎の水割り。

焼酎いうたら今度の土曜日は「正太郎独演会」やったな。

昨日、芥川賞と直木賞の発表。

コンビニでバイトしている人が芥川賞とったらしいですな。

賞金は100万円と懐中時計らしい。

賞金いうたら今度の土曜日は「正太郎独演会」やったな。

今日の昼は時間がないのでココ壱のロースカツカレー。

やっぱりトンカツは豚に限るな

豚いうたら生姜焼きも最高やな。

ん?生姜焼きいうたら土曜日は「正太郎独演会」やったな。

しかし、暑い。

風呂から上がって鏡で自分の顔を見ると

知らん間にシミだらけや。

あー、もっと手入れしとけばよかった。

こうなったら整形でもせなあかんな。

湘南美容外科でも行ったろか。

♪湘南美容外科♪湘南美容外科♪湘南美容外科♪

正太郎独演会♪


あー、やっぱり土曜日は正太郎独演会!決まり

2016年07月26日

夏の夜は暑い

本当に暑い

年齢を重ねるとこの暑さは応えますね。

しかし、正太郎独演会は本当によかった。

こういうしっくりいく落語は嬉しいですね。

お客さんも喜んでもらえたでしょう。

確実に福岡に正太郎ファンが増えている実感がありますね。

次回は、「火焔太鼓」か「たが屋」をしてくれないかな。

あと、悪い人間の出てくる落語。

上方でいう「算段の平兵衛」とか「菊江仏壇」みたいな噺

江戸でイメージつかないけど。

最近、いい噺をする方は多いけど、後味悪い噺は

なかなかないですね。


そんな事を考えながらスマホを触っていると

関大落研のOBの方がする落語会が出てきた。

そこになんと。バカ〇〇さんが出てた!

多分、自分の上になる人ですが、当時大爆笑した方。

すんません、この前の「ん廻し」のマクラ、この方のをパクリました。

しかし、懐かしいあの歌。

メーリさんは健康、健康、健康、メーリさんは健康、メリケン粉

夏の夜は暑いな。

About 2016年07月

2016年07月にブログ「らっこの独り言」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年06月です。

次のアーカイブは2016年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32