« 2016年02月 | メイン | 2016年04月 »

2016年03月 アーカイブ

2016年03月06日

故郷に錦

少し時間がたちましたが、はな平さんの独演会はよかったですね。

ネタもいい噺が聴けてよかったし、

なんか最後、じーんときましたね。

「思えば遠くへきたもんだ」みたいな感じで。

今度は甘棠館でぜひやっていただきたいもんです。


さて、はな平さんは大濠高校出身で、私の後輩になるわけで、

登竜門の後にちょっと話しをしましたが、

だいぶ後輩になるようです。

大濠高校は今でこそ共学ですが、みなさんご存知のように

昔は男子校で、結構悪かったですね。

なんでも六本松で九大生をカツアゲした話しはよく聞きましたし、

ばんからの高校だったらしく、先生も怖かった。

竹刀持って教室に来るのはそんなに珍しくなく、隣のクラスで

ものすごい音がすると、「〇田先生、今日も元気やね」

と言いながら涼しい顔で授業を進める。

保健の授業では、真剣な顔で「あんまり〇〇ずりばっかりするなよ。血がでるぞ」

と脅す先生がいたり、

「君が代」を大音量で鳴らしながら学校に入ってくる先生がいたり、

体育の授業では教練があったり(軍隊の行進みたいなやつね)

生徒も生徒で、教室の後ろで、シンナー吸ったりしている人もおったり、

授業中にほか弁買いに行かせたり。

私は真面目でしたけど。

ただ、おもろないダジャレを3回言って、椅子ごと蹴られたり

男子校はそれなりにおもしろかったですね。

高校卒業する前に予餞会というもんがあって

そこで大濠高校の歌を歌うのですよ。校歌でない歌ね。

ちんころ、まんころ、ちんころ、まんころ

学校サボって大濠公園へ行けば

九女のねーちゃんが横目でチラリ。

乗りたいな、乗りたいな、乗りたい、乗りたい、乗りたいな。

九女のねーちゃんとボートに乗りたいな。

2番が福商で、3番が筑女やったと思います。

福商はそろばん入れたい、筑女は数学やりたい

だったかな。

まあ、高校時代は色々ありますね。私は真面目でしたけど。

女性陣には失礼な話題でしたな。

2016年03月11日

耳の記憶

勘右君が「二人癖」をやるというので改めて聴いてみました。

学生時代、この噺を初めて聴いたのが今の文華師匠。

当時は落研の2年生で、私は新入生でしたが、まあ上手かったですね。

一年先輩だけでこんなに上手くなるのかと思っていましたが、

別格だという事にすぐに気が付きました。


さて、この「二人癖」。学生時代は持ちネタではなかったのですが、

5年前に米朝師匠の音で覚えてやってみました。

しかし、昔聴いた文華師匠とはなにか違う。

たしか、こんなんじゃなかった。イメージが違うのです。


ついこの前、その謎が解けましてね。

当時の音は三枝師匠(今の文枝師匠)だったんですよ。

ユーチューブにアップされているのを何気なく聴くと

「そう、そう、これこれ」

大根の件や将棋盤を前にして時計を見ながら待つシーンも

このテンポなんですよ。


昔聴いた記憶は残っているもんですね。

三枝師匠は、創作落語の印象が強いですが、古典もしっかり

やっていまして「大安売り」なんかも

いいですよ。

2016年03月21日

歩く

連休最終日。

4月に参加する110キロウォークのため歩きの練習。

朝6時過ぎからお昼前まで約25キロ歩くも、

足の裏にまめだらけで、ブランクを感じました。

本番が不安。


さて、歩きながら今回も落語のCDを聴きました。

米朝師匠の「帯久」「鴻池の犬」「不動坊」「百人坊主」

「高津の富」「田楽喰い」「池田の猪買い」「質屋蔵」

そして「菊枝仏壇」の途中。

色んなネタを聴きながら考える。

歩くのは考える事ができるのでいいですね。


土曜日聴いた茶屋町劇場も米朝師匠の「帯久」でしたが、

こちらは平成に入ってのもの。

同じ米朝師匠でも年齢によって違う噺に聞こえるのが

落語の不思議さ。

私は若い時の「帯久」がやはり好き。米朝師匠の

脂の乗った語り口。まさに人間国宝と思います。


自分がやるとどうするか。

泉屋と帯久。

2人の10年間の対比。

これをどう描くか。

若いうちに一度はやっとかないといけないのかな。

こんなんを考えるのがいいのです。

聴きながらかみしもだけを振ってみる。

なんかイメージだけでも出てきたかな。

あと「高津の富」もちょっと攻略法が見えたかも。

部屋で聴いていても思いつかない事は多いですね。

土筆が道端に一杯あるのに気づいたし

歩くのはいいですね。

きついけど。

2016年03月27日

スプリング ハズ カム

春野恵子独演会

浪曲 これほどダイナミックな芸とは思わなった。

和風ミュージカルですな。

あと、表情の作り方。

これは大変参考になりました。

とにかく桜が咲いたような舞台でしたね。


旅立ちも春

あのNHKのアナウンサー。雨宮さんも

福岡を去って東京へ

ぜひメジャーになって再び福岡へ来てもらいたいですね。

個人的にはNHKを出てタレントになった方がいいと思いますよ。


落語も春の噺はいいですね。

貧乏花見、桜ノ宮、鼻ねじ、天神山、百年目

花見が出てくる噺は華やかですね。

About 2016年03月

2016年03月にブログ「らっこの独り言」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年02月です。

次のアーカイブは2016年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32