« 2015年08月 | メイン | 2015年10月 »

2015年09月 アーカイブ

2015年09月02日

芸歴

大学の大先輩、小紫蝶さんから落語会の案内が届きました。

「第7回お笑いまんぷく亭」

副題で「立の家桃助素人落語30周年記念」としてあります。

30周年?という事は私と同学年かな。

番組は桃助さんが「時うどん」ともう一席、

小紫蝶さんは「天狗裁き」、同じく大先輩の笑平さんが「宿題」

あとお二人の漫才。

10月31日。よし場所は

東京深川江戸資料館。

行けません、すみません。


しかし、30年も落語し続けるのはすばらしいですね。

私は、始めたのは30年前でもブランクがありますから、

偉そうな事は言えません。

ただ、ひとつの区切りとして二人会を成功させようじゃありませんか。

勘心さん、がんばりましょう!

毎日、ネタ繰ってまっせ。

10月24日。甘棠館です。(さりげないCM)

いやー、自分で言うのもなんですが、面白いと思いますよ。

(さりげないCM)


さて、案内状の2枚目。

来年9月18日。

小紫蝶さんの「還暦&素人落語50周年記念落語会」

50周年!はー上には上が。

2015年09月12日

健康

急に朝晩が涼しくなってきました。

木曜日は昔仕事をしたメンバーと久しぶりの飲み会。

10月の二人会をさりげなくCM。

どうも16時開演だと不便な方もいるようですね。

宣伝もあまり手ごたえなく薬院から大名を通って赤坂駅へ。

その飲んだメンバーと働いていた時、事務所が大名にあったので、

急に大名を歩きたくなって、「うーん」懐かしい。

その事務所には2年間しかいませんでしたが、

多分、充実した時間だったきがしますね。


さて、次の日。

飲んだ次の日は相変わらず朝ごはんも入らずコーヒーのみ。

無理すれば食べれない事はないのだけど、

私は腸が弱いんです。

特に、飲んだ次の朝はトイレに2、3回は行きます。

ですから、無理な負担をかけないように朝ごはん抜きで

コーヒーと正露丸。

しかし、女性は便秘で悩んでる人が多いのに、

男性は逆の人が多いですよね。

私もすぐ出る方で朝急いでいる時なんか、

ズボン脱いで水を流しながら出して紙で拭いて

すべてを完了させる事もたまにあります。

上手くいくとなんか仕事したみたいで妙な充実感があったりします。


13日の仕事で使うマクラはこの健康ネタでね。

2015年09月13日

敬老会

朝のなみはや亭はかい枝師の「稽古屋」

ゆっくり聴けずラジコの音を録音機で拾い地道な録音作業。

この努力が5年後報わるのです。

さて、昼前からは大宰府の某公民館へ。

勘心さんから頂いた落語の仕事。

30分という事で、まあざっくりマクラを仕込んで会場へ行くと

敬老会は既に乾杯モードへ突入。

大方、100人はいるようで、結構大きな仕事です。

舞台を組んで着替えの部屋へ。

最初、一人でお茶を飲んでいると次々とご年配の女性が入ってくる。

どうも出し物は落語だけでなく大正琴、ダンス、フラダンスなど。

その中に落語が30分程度入っているとのこと。

責任者らしき人が次々と挨拶に来られて誰が責任者かわからず。

そうしている間に女性に囲まれ、急いで着替え。

大正琴の後に司会の人が「はーい、落語です。面白いですよ」

知ってのかいな。

出てきて定番のマクラを振り「この中で一番年下です!」と言うと

大爆笑。

その後、いくつかマクラを振りながら「ちりとてちん」

まあ、そこそこ笑ってもらえたかなと思いながら、

マイクの音が一定でなく、反応にばらつきが。

なるべくオーバーアクションでゆっくりしたツッコミを意識しながら終了。

27分か。

なんか、こんな場所では違う演出ができるようにしないといけないなと

反省。

落語もいいけど、短いネタや漫才のような色物なんかね。

高齢化時代は、もっとニーズがありそうです。

ただ、ヒントはありましたね。

ご年配の方のキーワードは「健康」これは使えそうです。

帰る時も「先生、お疲れさまでした。」

などと車に乗るまで荷物も持ってもらい、恐縮しながら勘心さんをお迎えへ。


勘心さん宅で「堀ノ内」を聴く。

この噺。江戸のいろんな方のを事前に聴いてみたのですが、

上方をやっている人間としては難しい。

「いらちの愛宕詣り」の江戸版とも紹介されたりしてますが、

どうもイメージが違う。

主人公のニンのつけ方で何か哀れな感じがするんですね。

だけど、プロの方はカラっとした味付け。

病気の主人を支える妻のニンにも悲壮感はない。

「江戸っ子」の気質なんでしょうかね。

勘心さんに自分なりの意見を伝え、帰宅。

晩御飯は昼頂いたお弁当を食べながらビールで乾杯。

しかし、弁当も豪華やし敬老会はすごいイベントやね。


2015年09月20日

かぜうどん

久しぶりの稽古会に出て落語を聴くと

やはり、落語の難しさを改めて感じますね。

江戸の噺はあまり知らないので、どのように演じたらいいか

アドバイスもできないし、人と同じようなコメントしか言えなくて

申し訳ない気がします。


ただ、自分もそうですが、くっているか、そうでないかは

稽古会でもすぐわかりますし、最後はそこかなと思うのです。

「覚えるだけでもすごい」なんて事を言われるなんて屈辱だと

思うんですよね。

やはり、自分としてはネタをかける以上は稽古会でも聴いている人を

笑わせたいし、間違えの指摘だけでなくネタの演出のコメントが

ほしいのです。

というのも、最近は聴く側も稽古だという雰囲気が薄くなっている気がして

ただ、感想を言うのではなく、噺の山場をどう演出していったらいいのか

そういう場にしないといけない気がしています。

そう思いながら、10月の稽古をやっていますが、

これがなかなか大変でして。

「かぜうどん」

はっきり言って学生時代はあまり興味のないネタでしたが、

4年くらい前に飯塚で吉弥さんの落語会を見た時、

これはやってみたいと思った噺なのです。

非常によくできた噺で、

起・承・転・結があって、サゲがいい。

枝雀師匠の動画も見ましたが、後半だけ切ってもできるし、

結構バリエーションが多いですね。

ただ、登場人物が多くて仕草も多い。短いけど骨の折れるネタです。

とりあえず、吉朝師匠の音を教科書に特訓中。

こうご期待!

2015年09月21日

パクる

東京オリンピックのエンブレム騒動もすっかり

過去のものになりつつあります。

その後に、安保があったり水害があったりそして殺人事件など

なんであの人を選んだのか、何回もデザインを変えさせたのか

よくわからんまま時は過ぎて行きますな。

まあ、とにかく「パクった」という印象は残りましたが。


さて、この前の稽古会で勘朝さんや勘心さんが

「人の芸を盗め」的な事をおっしゃっていました。

プロの方は伝承という事もありますが、

我々アマチュアはとにかくプロと同じようにやる。

そこから始まるわけで、細かいギャグであろうが、

「パクる」わけですよね。

私も学生時代から落研でパクっていましたね。

マクラであろうが、ウケる事はなんでもやりました。

今でも同じような事はしています。ただ、ちょっと考えるようにはなりましたかね。

例えばAという噺で使ったギャグをBという噺で使ったり、

言い方を変えたりなど。

オリジナルの物を作ろうとは全く考えていないし、作る能力もないし。

しかし、この噺をどのようにしたらより面白くなるかという発想は

成長していくために必要だと思いますね。


そう言えば、落研時代に自身で創作落語を作る先輩がいましたけど、

今考えると凄い人でしたな。

別の大学にもいましたね。

自分もいつかはと思いますが、おそらくなんかの「パクリ」になるのかな。


2015年09月22日

はまる

10月の二人会のチラシ案ができました。

勘尺さんのご尽力ですばらしい出来です。ぜひ見てくださいな。

中身もいい会にしないとね。

さて、子供番組を久しぶりに見ると大きく変わっているようで、

2チャンでは、セーラー服姿の女子が激しいダンスを踊ったり

ひと昔では考えられないですな。

その中で、日曜日の午後5時からある番組で

「にゃんちゅう」というぬいぐるみがMCを務めるのがあります。

昔からある番組ですが、この中に「ねんどのお姉さん」が出てくるコーナー

があるんですな。

このお姉さんは岡田ひとみという人でねんど職人とアイドルを足した

「ねんドル」というものらしい。

ネットでも結構評判が良くて、可愛らしいコスチュームで

にこにこしながら、最後に「うふふ」としめる。

なんかいやらしい雰囲気。

多分、子供よりもお父さんのほうが「粘土を一緒に作りたい」と

思っているんちゃうか。

ただ、粘土の技術ははっきり言って芸術の域ですよ。うふふ。

性教育テレビめ。

2015年09月26日

第1回三遊亭遊馬独演会

今日はたくさんのお客様に来て頂き、ありがとうございました。

2回目、3回目と続くといいですね。

番組

親の顔が見てみたい 勘栄

牛ほめ 遊馬

佃祭り 遊馬

中入り

踊り すず柑

佐の山 遊馬


江戸の落語は詳しくないので、気の利いた事は書けませんが、

牛ほめや佃祭りに出てきた「弥太郎のニン」は

我々にヒントがあったと思います。

「佐の山」はカラッと明るい仕上がりで

よかったですね。

横綱の貫禄がよく出て、人情が伝わってきました。

すず柑の相撲甚句から繋がって

スッと噺に入れたような気がします。

今度、打ち上げがあるといいですね。

来月、こんなに来てくれたらいいのにね。


明日の朝の「なみはや亭」

大学の後輩で文華師匠のお弟子さんの桂華紋さんが

出ます。時間のあるかたはラジコでどうぞ。

私も初めてで楽しみです。

About 2015年09月

2015年09月にブログ「らっこの独り言」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2015年08月です。

次のアーカイブは2015年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32