« 2015年02月 | メイン | 2015年04月 »

2015年03月 アーカイブ

2015年03月01日

登竜門

久しぶりの投稿です。

仕事のせいにはできませんが、

パソコンが仕事に欠かせなくなって、疲れは倍以上のような気がします。


さて、第2回登竜門が昨日ありまして、私も司会として参加しました。

司会は普通にやって当たり前なので、

相変わらず大変です。

しかし、間近で緊張感のある舞台を観れるのは本当に楽しいですね。

舞台が終わった後のインタビューで、

その人の目を見ると出来がどうだったかが表れています。

やや放心状態の方や、ホッとした目。満足そうな目、不満そうな目。

手が震えている方もいらっしゃって、賞を目指す、コンクールとしての

舞台は戦いですね。

個人的には、りん吉さんを楽しみにしておりましたが、

噂どおりの舞台でした。

時間の関係で、満足な舞台ではないと思いましたが、

普段は相当すごいだろうなと感心しながら見ておりました。

あと、今後興味があるのは九大のいなさくさん。

農学部なのでこの名前なんでしょう。

ネタの作りがユニークで、他のネタを見たくなりましたね。

空流君もよかったですね。

おそらく、一つの噺をこんなに稽古した事はないでしょう。

2か月くらい、一つの噺をやると、相当その噺を嫌いになります。

そこから、ネタの掘り下げができるので、彼にはいい経験だったのでしょう。

とにかく、みなさんお疲れ様でした。

2015年03月04日

百年目

瀧川鯉橋独演会が終了しました。

「時そば」と「百年目」

いい組み合わせでした。

「時そば」をもっと見たかったのですが、

中入りの太鼓の譜面がわからなくて、必死にネットで探して

そんながありましたので、集中できず、残念。

「百年目」

上方では米朝師匠ではよく聴きましたが、江戸では初めて。

ストーリーはほぼ同じですね。

ただ、最後の旦那の演じ方は違っていましたね。

番頭の成長を喜び、うれし泣きしているようでした。

上方では、旦那はあくまでも威厳を保っているようで、

経営者としてのプライドを感じます。

とにかく、あれから何度か聴きましたが、聴けば聴くほど難しい噺です。


2015年03月08日

猫の皿

昨日は、昼から勘心さんと笹丘公民館へ。

人権的な催しもので3年ぶりに呼ばれました。

最初、地元の中学生がいじめをテーマに劇を上演。

そのあと、落語です。

最初、人権的な講話無しで落語2席という事でしたが、

勘心さんは人権落語のスペシャリスト。

最初に勘心さんが人権落語をして、私は

「宿題」(桂文枝作)をやらせて頂きました。

しかし、勘心さんの人権落語は完成の域ですな。

そのあと、二人で稽古会へ。

稽古会は「猫の皿」「人情八百屋」2席とも勘心さん。

よく、覚えるなあ。というのが実感ですね。

本当に感心しますね。

この「猫の皿」

上方では「猫の茶碗」だと思いますが、

米朝師匠の音で聴きました。

短いですが、よくできた噺ですな。

上方ではおそらく昭和の時代だと思いますが、

江戸では江戸時代のようですね。

思えば、バブル期に美術品が恐ろしい値段で日本人が

買いあさりましたが、

そんな時にこんな噺をすると皮肉った感じでよかったかもしれません。

今でもそんな風潮があるかもしれないので、

時代設定は現代に持っていった方が伝わり易いのかな

と思いましたね。

まあ、しかし勘心さんの熱意は見習わないとね。


告知

3月28日は「第4回上方落語の会」です。

大喜利もありますよ。

ほとんど、仕込み無しかも

乞うご期待!

2015年03月15日

ちりとてちん

さあ、恐怖の稽古会も終了し、いよいよ上方落語の会です。

今日は日曜でしたが、出勤していましたので、

今からネタ繰りですな。

「ちりとてちん」はいつかやろうと思っていたのですが、

やってみると結構難しく、時間がかかります。


21分の音で覚えているのに、24分かかりました。

これはいけません。トップバッターですし。

相当、繰りを増やさないとしゃべりが着いていけてませんな。


大学1年の夏に見たぱせりの「ちりとてちん」

あれは凄かった。あの印象が強く残りすぎているかもしれません。


まだまだ、豆腐の腐ったものを食べるまでには行っていないですね。


しかし、ふと「ちりとてちん」を繰りながら思い出したのですが、


カレー味のう〇こ と う〇こ味のカレーはどっちがいい


学生時代の真夜中に真剣に議論しましたなあ。

懐かしい思い出です。

味、匂い、食感


食事中の方、すみませんね。


告知!

そんな「ちりとてちん」もある

上方落語の会

いよいよ開催です。 詳しくは 内浜落語会H Pまで

トイレはすまして来てね。ふふ

2015年03月19日

米朝師匠がお亡くなりになられました

ついにこの日が来てしまったという事です。

この方がいなかったら、上方落語の今はなかった。

悲しみもありますが、

本当にありがとうございましたという感謝の気持ちで一杯です。

改めて、CDを聴き直す事にしましょう。

2015年03月21日

追悼

米朝師匠がお亡くなりになられ、追悼番組が企画されています。

しかし、ほとんどが関西地域限定で福岡ではほんの一部。

しかし、ネットで聴けるラジオをと今日から探していると、

MBSラジオの「茶屋町MBS劇場」は三席やっていただきました。

この番組は野球のオフシーズンである10月~3月まで

土曜の夜に放送していますが、

今日が最終回。

本当は違うものだったのでしょうが、米朝師匠の特集でした。

「つる」「貧乏花見」そして「百年目」

おそらく、季節も考えてこの三席だったのでしょう。

「つる」が選ばれたのは米朝師匠が書かれた本で

米朝師匠の師匠にあたる米團治師匠の

「つるは落語のエッセンスが詰まっている」と語っていた

と紹介されたためでしょうか。

非常にベタな噺でありますが、本当に難しい噺であります。

うちの会もベタな噺を敬遠する傾向があるので、

危機感を感じますが、

落語を理解するのに大切な噺だと改めて感じます。

「貧乏花見」

米朝師匠は、ご自身の著書でもこの落語に励まされた

いう事を書いてはりますが、

どん底の時でも陽気でふるまい、シャレを飛ばして生きていく

庶民の力が描かれているなど

江戸の「長屋の花見」とはやはり違うリアリズムがあって、

上方落語の真髄みたいなものを感じます。

師匠もこの噺に思い入れがあったのでしょう。

「百年目」

これは、平成になってからの音のようでしたが、

いつも聴いている40歳代の時の音と違って、

旦那に貫禄を感じます。

セリフもやや変えてあり、番頭が夜通し考え込む姿は

本当によく描かれています。


明日はABCラジオ。「なみはや亭」

ラジオ関西は米朝師匠を放送するかな。

2015年03月22日

追悼その2

今日も米朝師匠の追悼番組が続きます。

朝5時からは「京の茶漬け」。

これは、さすがに聴く事もできず、9時からのなみはや亭を聴きました。

伊藤アナが、米朝師匠のこれまでを結構詳しく紹介。

改めて偉大な方だったと感じます。

ざこば師匠の記者会見の余韻を感じながら、

「はてなの茶碗」

昭和48年当時の録音。

まさに米朝師匠の全盛期と思わせるしゃべり。

いつも聴く骨董品のマクラも流れるようにしかも噺のヒントを

与えていきます。

自分もマクラを考える時、米朝師匠の組み立てを勉強させて頂きました。


この噺は舞台が京都という事もあり、言葉遣いも難しく、

一方、登場人物も多いため、好きなんですがなかなか手の出せない噺です。

それを自然に噺を進めていく。そして、油屋さんと茶金さんとの会話での間の取り方。

実に、米朝イズムが発揮された噺だと思います。

実は、昨日も車の中で聴いたのですが、何度聴いても飽きの来ない噺です。

これが、米朝師匠なんでしょう。

しっとりとした30分でした。


2015年03月27日

上方落語の会 予告編

さー、明日に迫ってきました

第4回上方落語の会です。

ネイティブな関西人は少ないですが、大阪の香りが少しでも出せたらな

と思います。

チケットもまあ、そこそこの売れ行きらしく、明日が楽しみというか

恐怖かな。

それは、〇〇だからです。

ふふふ。

しかし、この年度末の忙しい時にやる会はハードですな。

頭の血管が切れそうです。

そして、花見!

空流君が暴れないように。

明日は5時起きでネタ繰りや!

2015年03月29日

第4回上方落語の会

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

無事に第4回を終える事ができました。

この会は異常にハイテンションになるんです。

その分だけ体力を消耗します。

多分、ウルトラマンも地球で戦った後は、こんな感じやったと思います。

「えらいな。ちょっとサロンパス貼って!

今度の怪獣は腰を狙ってきよったんや。

わしもええかっこしようとしたんのがあかんかったな。」

そんな事を言いながらですね。

また、来年できるといいですが。

空流も宇宙へ帰っていきましたしね。

今度は大喜利をたっぷりとね。やりたいですな。

しかし、上方落語の会というタイトルは荷が重い。

番組

ちりとてちん 楽 狐

看板のピン 勘 春

七度狐 勘 尺

中入り

川柳は心の憂さの吹き溜り 空 流

鷺とり 鴈治郎

中入り

大喜利


また来年!?


About 2015年03月

2015年03月にブログ「らっこの独り言」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2015年02月です。

次のアーカイブは2015年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32