« 2015年01月 | メイン | 2015年03月 »

2015年02月 アーカイブ

2015年02月08日

ハードワーク

という言葉のような日が続いております。

朝、6時40分に家を出て、10時前くらいに帰ってくる。

脳が働かないですね。

さて、そんな中でよせばいいのに、

100キロウォークに行ってきました。

姫路城をスタートして、大阪城まで。

基本、2号線を東へ東へ。

大阪市内で直線距離で大阪城へ行くと、距離が10キロほど足らないので、

淀川を越えてから、阿波座を通り、芦原あたりから左へ

大国町、今宮戎、通天閣を右目に寺田町から森ノ宮へ。

これが結構くせもので、大阪市内で道がわからんようになって、

結局、22時間もかかってゴール。

勘栄さん、糸島も大変ですよ。

人間、睡眠がいかに大切かよくわかりました。

終わって、新大阪で酒を飲んでいて、久しぶりに飲みながら寝てしまいましたよ。

まあ、しかし昔の懐かしい思い出のある場所を歩きながら

行くのもええもんですね。

久しぶりに関西弁も聞けたし、姫路駅のてんぷらそばも食べる事ができたし、

よかったですね。


上方落語の会、そろそろやらないと。


2015年02月11日

ハードワークその2

歩いてみると、落語の世界に近づきますね。

姫路から東に2号線を歩くと、出てくるのが市川堤。

言わずと知れた上方落語「市川堤」の舞台です。

あの噺に出てくる曽根や御着なんかの地名が次々と出てきます。

明石に着いた時、「明石飛脚」が頭に浮かんで、

そう言えば「大阪から明石は・・・」そんなセリフがあったな。

大阪では「池田の猪買い」に出てきた大江橋。あったあった。

阿波座、「つる」やながな。


また、歩いていると、色んな人から声かけられて、

落語のようでのんびりとしたもんです。


さて、この100キロウォークに参加する前に

自分で20、30キロを練習で歩くわけなんですが、

単調なんで落語をウォークマンで聞きながら歩くと

ちょうどよかったんですね。

本番でも試してみようと思っていたのですが、

スタートしてしばらくは色んな人と話をしながら歩いていたので

なかなかそんな感じではなかったんです。

それが、日付が変わるくらいから段々きつくなって、

三宮を過ぎたころでしょうか、

眠いし、きついし。

芦屋までもう少しなのに、なかなか足が進みません。

「あっ、そうや、ここで使おう」と

ウォークマンを出してきて、

やっぱり米朝師匠かなと思い、ボタンを押すと

「景清」が出てきました。

まあ、いい噺やけど、なんか怖いし、次に出てきたのが「帯久」

よしこれで行こう。

ところが、聴きだしたら眠い、眠い。

頭が元気じゃないとやはり何やっても無理ですな。

2015年02月15日

ネーミング

歩いていると、変な事が気になりまして、

マンハッタンってなんでマンハッタンなんやろうか?

マンハッタンとはリョーユーパンの菓子パンです。

銀チョコもそうですが、よく食べましたな。

土曜日の部活前にコーヒー牛乳と一緒に、今考えたら

砂糖だらけ。

でもなんでマンハッタン?

銀チョコはよくわかるんです。

銀色の包み紙に入ったチョコレートパンですからね。

まあ、ミスタードーナツのチョコファッション的なものを

発売するときに、アメリカ的な響きが欲しかったんでしょう。

でも、ぴったりですよ。

マンハッタン。

これがミネソタとかミシシッピーではね、売れなかったと思うんですよ。

ちょっと違いますがね。


あと、メロンパンの中にざらめのクリームが入ったやつ。

「サンライズ」やったと思います。

「サンライズ」って日の出ですやん。メロンパンにクリームが入って

日の出?よくわからん。

「ロンロン」もそう。

長いパンの中にバタークリームやチョコクリームが入ったやつ。

あれ、最初1メートルくらいあったけど、段々短くなっていますが。

なんで「ロンロン」?

About 2015年02月

2015年02月にブログ「らっこの独り言」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2015年01月です。

次のアーカイブは2015年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32