« 2014年07月 | メイン | 2014年09月 »

2014年08月 アーカイブ

2014年08月05日

上方落語の週末

夏休み真っ盛り。子供も大人もね。

しかし、ドラえもんはいつからあんな路線を行くようになったんでしょうか?

今度は3Dだそうですが、なんかね。

大体、冒険からおかしくなりました。ドラえもんなんやから小学生が武器なんか持ったら

ダメなんですよ。のび太はヒーローになったらだめなんです。

ドラえもんの愚痴はそれくらいにして。

この前の土日は上方落語づくしで楽しかったです。

まず、土曜日は赤間で「上方落語福岡県人隊寄席」

桂 梅団治師匠、笑福亭 風喬さん、桂 三四郎さん

それぞれの持ち味が良く出てました。

三四郎さんは、3年前の県人隊で博多にわかをやってまして、面白いと

思っていましたが、やはり期待通りでした。

「阿弥陀池」元々笑いの多いネタですが、斬新な演出もあって爆笑でした。

風喬さん、大濠高校の後輩だったんですね。

師匠の面影はあまり感じない?ただやはり笑福亭ですよね。

ストーリーの唐突さ、というか受けてなんぼのようなハングリー的なものを感じました。

「首の仕替え」だったようです。初めて聴いたもので。

最後は梅団治師匠の「鴻池の犬」

演出は米朝師匠とあまり変わらなかったので、米朝師匠から習われたのでしょうか?

春団治師匠は持ってなかったような気がしますが。

ただ、丁稚は先代文枝師匠の面影が。

また、福岡で見たいものです。

明けて日曜日。

某氏よりお譲り頂いて「桂吉弥独演会」へ。

某団体の講習会にくっついていましたが、ほとんど独演会がメイン。

吉弥師匠。まだ、20年程度のキャリアだそうですが、凄い人気ですね。

落語もうまいですが、マクラでもお客さんの喜ばせ方を知っていますね。

多分、大阪とそれ以外の地方で、マクラの振り方を変えていると思いますが、

特に、地方は高齢の方が多いので、年齢に合わせたネタでお客さんが乗ってくるの

がわかりました。

「時うどん」と「はてなの茶碗」

お馴染みの落語と地方では珍しい噺。いい組み合わせでした。

吉朝師匠がまだお元気でしたら親子会、行きたかったな。

聴くとやりたくなる、久しぶりの週末でした。

しかし、ドラえもんは・・・・

2014年08月09日

博多天神落語まつり

皆さんご存じのように、東西の噺家さんが福岡に集まる大きな落語会が

今年も開催されます。

落語を福岡の皆さんに身近に感じてもらうにはいい機会なんですが、

なんせチケット代が高い。

まあ、色々とコストがかかるので仕方ないのでしょうが、落語会がこのようなもん

だと思われるのも嫌やし、あえて今まで行かなかったのです。

しかし、今年、初めてチケットを買いました。

理由は、ただ一つ。

桂文華師匠が出られるからです。

後輩として行かないわけにはいかないでしょう。

しかし、さすがに2回ともはいけないので、JR九州ホールの開催分を購入しました。

あと桂かい枝さんも見たかったのでね。

楽しみですが、本当は11月3日の「文華の日」に行きたかったな。

「景清」と「天狗の酒盛り」

この組み合わせは多分ないやろうなあ。

2014年08月16日

帯久

お盆はのんびりしていいですね。

でもずっと仕事でしたけど。

最近、JRの電車を通勤で使うようになったんですが、

やはり、大きな荷物を持って電車に乗ってくる人が多くて、旅行ってな感じです。

大体、40分程度は時間があるので、専ら落語を聴いております。

稽古中の噺が多いですが、精神安定剤のようなものはやはり米朝師匠のCDですね。

久しぶりに「次の御用日」や「鴻池の犬」、「市川堤」を聴いたり、あと「帯久」です。

「帯久」は何回聴いてもホッとする噺で、昔のお奉行さんはみんなが納得できる「裁き」

をしてくれてたんですね。

今の法律じゃ、こんな「裁き」は当然無理な話で、帯久も「えっ、なんで俺が悪いの?」ってな

話なんでしょう。

ただ、昨今そんな奴が多いので、よけいにこの噺を聴くと「日本人の良心」の素晴らしさ

みたいなものを感じるわけです。

帯久も悪役ですが、多分この人もどっかに後ろめたさがあって、泉屋さんに謝りたかった

のではないかな。

根っからの悪ではない、小心者のような気がします。

帯久の番頭がまたいい味を出していまして、自分の旦那の悪い事もよく知っていながら、

店の暖簾を守ろうとする。非常に賢いですね。

この噺、生で聴いたことはないような気がします。一度聴いたらまた感想が変わるかな。

生で聴いたらやりたくなるでしょうが、10年早いかな。

2014年08月17日

もうおっちゃんやね

残暑お見舞い申し上げます。

土曜日の稽古会が終わった夜、ある方に誘われまして、

30キロウォーキングをしました。

室見をスタートして西へ生の松原まで、そこから南に都市環状線を

たどって、大橋まで。大橋から高宮通りを北上し、薬院から赤坂、大濠公園

そして西新から室見。

家に着いたら朝の5時。膝はボロボロです。

10月には100キロウォーキングに参加する予定ですが、完走は無理かも。

「東の旅」では大阪から伊勢神宮までの旅の様子が描かれていますが、

靴のない時代、昔の方は歩いて旅を楽しんだんでしょうね。

さて、最近はテレビドラマをはまって見ることはなく、専ら1話完結の

肩の凝らない刑事ものが多いんです。

土曜ワイド劇場はいいですね。

観光番組かいなと思うくらい、観光地やホテルの紹介があって、

そのホテルの近くで殺人事件が次々起こっていく。

最後、犯人が白状するところは必ず断崖絶壁の所で、

そこまで行くまでにわかるやろと思うのですが、見る側としては逆に安心するんですね。

お盆にテレビをつけたら監察医が主人公の刑事ドラマがあって、

武〇〇とかいう若いねーちゃんが主人公なんですが、へたくそなんですよ。

周りの役者さんが実力ある方ばっかりなんで、よけいに浮いてるんですよね。

こんなねーちゃんはもうちょっと砕けた学園もの(今どき流行らない?)でちょうどいいかも。

昔ね「翔んだカップル」という30分ドラマがあって、主演が桂木文やったかな?

出たばかりの柳沢慎吾なんか出てましたが、ドラマの間にショートコントがあって

面白かったな。そんなのやったら。

あと「必殺仕事人」もこの前スペシャルでやっていましたが、

やはり昔のイメージが強すぎて見てられません。

私も詳しくないのですが、殺陣っちゅうんですか、あれがね。

確かに三味線屋の勇次もちょっとおかしな殺し方やったですが、

やはり不意打ち的な殺し方じゃないといけないと思うんですね。

そう言えば「ハングマン」なんてありましたな。

2014年08月19日

せちがらい世の中

雨が続きます。

被害が各地で出ているようですね。お見舞い申し上げます。

さて、近頃想像できない事件が多くて、たまりません。

特に、若い人達の命がいとも簡単に失われることは辛いですね。

あと災害。

平成に入って、埼玉の連続誘拐殺人事件にはじまり、兵庫の未成年による

連続殺人事件、オウムや地震。

最近の殺人事件の多いこと。

こんなニュースが流れるとできない落語が増えます。

落語は、聴き手が想像していくものなので、死者が出てくるというか

殺される噺と言いますか、やりにくい噺が多いですね。

「首提灯」や「算段の平兵衛」、「ふたなり」、「らくだ」もかな

どれも好きな噺で、私たちはその噺のいい所がわかっているだけに

それが表面的にとらえられるのでよけい辛いですな。

「ふたなり」なんか題目すら出せないのかも。

いわゆる「放送禁止用語」にも文化があるのですがね。

2014年08月25日

夏のぼやき

高校野球も終わり、いよいよ夏も寂しくなりました。

まあ、今年は雨ばっかりで夏らしくなかったですが、高校野球が

終わるとやはり寂しいですね。

しかし、大人みたいな身体をした高校生が増えましたな。

決勝は生放送を見れず、夜のニュースでダイジェスト版を見ております。

なんとなく三重が勝った方が盛り上がったのでしょうがね。仕方ないですね。

全然関係ないですが、なんたらステーションのしょうもない女性アナが

選手にインタビューしていますが、生徒よりも質問をする女性アナが

テレビに映っています。これって何?

最近、こんな事が多くて嫌になります。

ニュースに演出が加わると正しく伝わらないですよね。

それにしても、新作落語は覚えにくい。

2014年08月31日

一文笛

久しぶりによく晴れた週末でした。

土曜日は、昔の同僚との飲み会で、二日酔い。

日曜日は、朝7時から筥崎宮まで往復20キロウォークのつもりでしたが、

途中で膝が痛くなって帰りの赤坂駅でリタイヤ。うーん、あきません。

午後は、ネタを繰って、4時から「ラジ関寄席」

今日は冒頭で、笑福亭呂好さんのインタビュー。

宝塚出身ですが、意外にも柳川高校出身とか。サッカーやってはった

らしいです。

いつか「福岡県人隊」で福岡に来られる事を期待しましょう。

落語は、笑福亭銀瓶さんの「一文笛」

多分、銀瓶さんが来るのではと思っていましたが、

「一文笛」とは思いませんでしたね。

実は、今銀瓶さんにはまっていまして、新ネタも銀瓶さんの音源で

覚えているのですが、面白いんです。

マクラで、ざこば師匠の話が出てたんでひょっとしたら「一文笛」は

ざこば師匠から教えて頂いたのかな。

最後までほぼ米朝師匠と変わらなかったですが、

銀瓶さんらしい仕上がりでよかったですね。

このスリのニンは、ちょっと荒っぽい方がいいのかもしれませんね。

今度「天災」をぜひ聴いてみたいです。

声がいいんよね。

About 2014年08月

2014年08月にブログ「らっこの独り言」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2014年07月です。

次のアーカイブは2014年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32