« 2020年07月 | メイン | 2021年03月 »

2020年11月 アーカイブ

2020年11月24日

涙のB-SPOT治療

皆様、コロナコロナコロナコロナの時期どのようにお過ごしでしょうか。
私、実は春頃咳で苦しんでおりました。


私、この前の春コロナで国民が自粛自粛の緊急事態宣言真っ只中の時に

「慢性上咽頭炎」やっちらかしてました。

なんじゃその病気?

これですね、思えば10年位前から私は喉が弱かったんですよ。
風邪を引いたら咳で長引く。熱下がっても咳だけは残る、みたいに。
乾燥しているところで咳が出てくる。シーンとしている場所で突然咳き込んで止まらないみたいな感じ。

これをコロナの頃やってたわけです。
わかります?生きづらさ(泣)

自粛してても買い物行きますよね。
店の中で咳が止まらなくなる、周りはサーっといなくなる。
電車に乗った時に咳が出る、隣は空いてるけど一つ空けて座ってた人も、正面当たりの人も席を立つ。

すんませんね!!!

咳が出てると病院にも行けないわけなんですよ!!
どうしようもないんですよね!!

咳が出て眠れない、痰がからむ、咳払いばかり。熱もなく、鼻水も出ないのにこの調子。

ついにそんな時期に我慢の限界がきて、耳鼻科に相談。
保健所も病院行っていいと言ってくれたので診断してもらうと、

「慢性上咽頭炎」

じゃないかって。

今まで咳止めやらなんやら薬飲んでたけど効果がなく、この疑い濃厚となった。

そして始まった治療。
「B-SPOT治療」
これが、もう、最っ高に

痛い。
本当に痛い!!!!!!
まず、片方の鼻の穴から細いカメラを入れて、反対の鼻の穴から細い針金のような器具を入れる。
カメラの映像を見ながら、お医者様が針金の先に薬を含ませた脱脂綿で鼻と喉の間(上咽頭)をゴッシッゴシこする。イタイ!!!!!!
しかし鼻にいろいろ入ってるから動けないし、看護師さん2人で抑えつけられている。
こすると血が出てくる。これまたイタイ!!!!!
5分くらいそんな調子なんだが、痛すぎて泣きたくないのに涙がボロボロ出てくる。

これが痛くて血が出る人が、
「慢性上咽頭炎」
なんですと。

これ、痛くなくて血も出ない人おるんですか?????!!

と、痛みで我を忘れてお医者様の胸ぐらつかんで問いただしてみたかった。

それから毎週欠かさず、耳鼻咽喉科へ行ってB-SPOT治療。
喉からバージョン。
喉からもオエってなるし、こすって痛いし。
毎回毎回治療を終えると頭痛がするほど辛い。

んが、
その治療もかなり効果が早く出てきた。

咳なんて、痰なんて、全然でなくなったのだ。

仕事で声を使うので、のど飴なしでトーク出来るのは本当にありがたい。

しかし薬で治せないものなのか…。
この治療、おすすめしますが、痛くてやめる人も何人か聞いたほど。
私は続けてるけど、やめたい。
やめてまた咳が出るのがいやだから、ギリギリやめないけど。完治してませんし。


皆様、喉はお大事に。

About 2020年11月

2020年11月にブログ「小やすのOL小唄」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2020年07月です。

次のアーカイブは2021年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32