« 平凡な毎日 | メイン | 思い通りにいかないことなんて、いつものことだ »

神の紙

かかりつけの病院にきて、採血をし、診察までの待ち時間。

ぼんやり何かを考えるいい時間だ。

秋に入って風邪なのかよくわからないけど、鼻水がよく出る。
何かの花粉のせいかもしれない。
これからマスクをしてた方がいいのかなー。
せっかく涼しくなって、汗をかかずに済むようになったのに。
マスクをすると化粧が落ちる。マスクに化粧が付着するし、汗や息の蒸気ではげ落ちていく。
ま、私なんて大した所に出かけるわけでもないから、お化粧を念入りにするという事も少ないんだが。

不織布のマスクは肌が荒れる。(使い捨てマスク)

会社員時代、不織布のマスクを毎日1枚1ヶ月使用してたら、マスクが当たる部分の肌がガサガサのヒリヒリになってしまった。
ガーゼタイプのマスクではそんなことにはならないのに。
なのでそれ以来、長期間マスクを使用する時、冬場だけはガーゼタイプを使用している。

ガーゼタイプはウイルス通してますよー、意味ありますかー?とかいろいろ言われるけど、仕方ないんであります。
それに、意味はある!
喉を守るし、咳やクシャミの唾液をそんなに飛ばさないだろうし。
ガーゼタイプはあったかいから、冬場は顔を守るためにもいい。
第一、経済的!!!
洗えば何度も使える!
肌触りもだんだんよくなる!!!!

ガーゼタイプマスク愛好家の私は、これからもガーゼタイプを愛用していく。

世の中がどんなに進化し、使い捨てマスクが楽だ衛生的だと言われようと……。


こういう考えは紙おむつ、布のおしめの考え方にも同じようにあるんだろう。

私も出産前は布のおしめを息子に使用する予定だった。
ゴミが増えることがイヤだった。それが1番の理由。


しかーーし、


挫折。
数回は使った。
いや、もう少し使ったかな。

紙おむつ、まさに、神。

楽ーーーー!
幸運にも息子のお尻はかぶれる事もなかった。
1度アセモが出来て、安いオムツからワンランク上のオムツに替えたが。
紙おむつ様々!!
ゴミは出るけど、手がかからないからありがたい。
これが教育に悪影響を及ぼすとかいう人がいるのだろうか。


そのうちに私も年老いて、介護される側になるだろう。
ずっとピンシャンしていられればいいが、誰かに迷惑をかけて生きていかないといけなくなる可能性もある。

その時、シモの世話を誰かしてくれる。
その人の負担が少なくあってほしい。

介護用オムツも、赤ちゃん用オムツと同じように改良されていくだろう。

きっと日本製なら間違いなく大丈夫だろうな。
日本のメーカーさんなら大丈夫だろう。
安心して介護されよう。

コメントを投稿

About

2016年09月24日 10:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「平凡な毎日」です。

次の投稿は「思い通りにいかないことなんて、いつものことだ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32