« 2016年04月 | メイン | 2016年06月 »

2016年05月 アーカイブ

2016年05月13日

離乳食はめんどいよ

長い間書き込むことができなかった。

大したこともしていないのにセワシイのだ。
息子がよく食べる。
1日3食ちゃんと離乳食を食べてくれる。
嬉しい。
んだけど、準備が大変なんだよ。。

自分一人の食事なんて適当でいいんだ。
インスタントの袋麺にもやしとか入れて食べてりゃいい。
冷ご飯をレンチンして、残り物やお漬物やふりかけで食べてしまえばいい。
栄養バランスなんて考えちゃいない。
物足りないと思ったら、お餅を焼いて食べている。
うん、痩せられやしない。


息子にはそうはいかないからなー。
特に料理が得意でもなく、料理が好きでもないので、離乳食作りが面倒で面倒で。
便利なベビーフードもあるのだが、買いに行くのも面倒で。
(外出するときは利用した。ストックも少しある。どうしても用意できないときに使うために)

ハイ、私はものすっごくめんどくさがりなんですねぇ。

買いに行くよりは、家の中でできることのほうがラクなもので、

なんだかんだ毎日毎食離乳食を作っている。

でも、完食してくれるから嬉しい。
作り甲斐がある。
足りないときは大人の食事を邪魔しにくる。
足りないからくれ!とせがむ。心強いな。男らしい。
息子よ、モリモリ食べて大きくなれ。
朝の離乳食をアレンジした昼ご飯になることが多いのは勘弁してくれ。


先日、かなり久しぶりに息子の前で三味線を少しだけお稽古した。

すると、10分くらい、静かに邪魔せず聞いてくれた!
ありがとう!
あたしゃ嬉しいよ。
前は邪魔ばかりしてきたのにねえ。
10分後からは邪魔してきたけど…。
音が出ることが気になるらしく、糸を押さえる左手のあたりばかり触ってきた。
なんとなくわかってきたかな~?
楽器はいいぞ。息子よ、楽器をやってみなはれ。

いろいろ未来がある息子を見ていると、未来がない(!?)私は思う。
なんでもめんどくさいと言わずに、どんどんチャレンジしないとな。
息子についていけなくなる。
息子にも悪影響を及ぼす。

歯ももっと生えてきたら大人と同じ硬さのご飯を食べられるようになる。

息子にちゃんとした食生活を送ってもらうために、頑張らねばならない。

あーあ、1日中食事のことばかり考えている気がする。

2016年05月14日

雑誌を読む時間

先日美容院に行った。
産後、美容院で髪の毛をいじってもらっている間に雑誌を読み耽る時間は、とてもありがたい。
読みたい特集の雑誌を探しに本屋に行けない。
独身の頃はファッション誌を読んでいたが、今は世間の人々がどんな食生活を送っているのかが気になる。
やっぱり食べることが気になるんだな。

私世代の女性が読む雑誌をペラペラと読みながら、

ファッションや美容重視の雑誌。
でも今やこんなに洋服を買うお金も時間もない。
美容にかけるお金も時間もない。
キラキラしたモデルさんを見て、
あー、羨ましいねぇ、と少しは思う。
でも、ほとんどは

こんなこと、できるわけねー!

と、思って見てる。

子どもの食事や着替え手伝って、自分の支度してたら、約束の時間なんてあっという間。
朝から手の込んだご飯をテーブルいっぱいに並べやがって……
どんだけ早起きしたらいいんだ!
なんでそんな流行りの服が着れる?!
その服を買いに行くことすら疲れる!!

でも、そんなことができればなぁ、と思いもする。ちょっとだけ。

世間の人々はこんな毎日を送っているの?

まさか!

もっと、グータラした、ユターっとした、ウエストゴムの何年も着古した柔らかいスウェットのズボンのような、気楽な毎日を送っているはず。

ファッション雑誌は理想の世界だ。
そうあればいいなと眺める。
モデルさんを真似してみたり、知恵を拝借したり。


たまに読む料理雑誌は、私のような、できるだけ何もしたくない人の心に寄り添ってくれる特集を組んでくれる。

時短!
簡単!
安い!
美味しい!

というキャッチフレーズ。
ええ、そうじゃなきゃ作りたくないですよ。

しかしねー、なかなかそうでもない時がある。

そんな調味料、うちにない!
煮込むだけと書かれてあるけど、その圧力鍋ないから時間かかるしガス代もかかる!
その食材、今の時期高くてそんなにたくさん使えない!!!

などなど。
ケチいな、私。

こういうことは、テレビの料理番組でもよくある。
プロの料理人さん、テキパキサッサとやって、途中の時間がかかる工程を飛ばしてやれるけど、、その途中の工程がめんどい!!
と、思うこともある。

前にも書いたように、MDKG(めんどくさがり)なもので。


それでも雑誌を読まずにはいられない。

冷ややかに心の中でツッコミを入れつつも、羨ましいと密かに思う。
こんな風なことができたらな。

雑誌を1人で読むという時間がまず贅沢だと、子どもが生まれるまで気づかなかった。

働いてた頃は、あんなにたくさんの雑誌に囲まれて、興味のない分野であってもたくさんの情報を集めることが簡単にできた。
恵まれた環境だったな。

美容院で髪の毛をいじってもらっている間に何冊か読み終え、恐らく少しだけ私の知識が増えただろう。


やっぱり、雑誌を読む時間はありがたい。

About 2016年05月

2016年05月にブログ「小やすのOL小唄」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年04月です。

次のアーカイブは2016年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32