« 2015年06月 | メイン | 2015年08月 »

2015年07月 アーカイブ

2015年07月01日

私を振りまわすただ一人の男

ここまでくるのになんて時間がかかったんだろう。

そんなに難しいことなんだろうか。
ああ、こんなに難しいことだったのだ。

自分の時間を作るのが、こんなにも難しいことだったのだ。


ただひたすら、

静かに、静かに。


電話も声を潜めて、会話も最小限。
TVのボリュームも小さめに。
足音も立てず、クシャミも咳もできれば出さないで。
外の車の音も、ドキッとしてしまう。
夜9:30以降なら照明も暗めにする。

とにかく、


ようやく寝ついた息子を起こさないように!


これからようやく自分の時間。

でも音を立てるようなこともできない。

台所で料理をするのも気を遣う。

たったこれくらいの音で、向こうから

「ウンギャ~」

と言われると、トホホ、、、という気分になる。

せっかく寝てくれたのに。


息子の寝顔をチラチラ確認しながら、久しぶりにPCを起動させる。


本当に、ここまでくるのに、何日かかったことか。

やらなきゃいけないことが他にもあるけど、今くらい自由にさせてー!


音に気付いたり、抱っこしていたのを降ろして起きて泣くのじゃなく、

自然に起きて目を閉じたまま泣きそうな顔になる、それがとてもかわいい。

もう息子中心の生活。


家の中に引きこもり、息子と二人きりの時間。

すごく幸せな時間だけど、いい時もあれば大変な時もある。


「ちょっと待っとって」

「すぐ来るけんね」
も息子にはまだわからない。

息子の世界にはその時は私しかいない。

なので、すぐに泣き出してしまうこともある。

そういえば私の白い相棒も昔、買い物のおともに連れて行って、店の外につないだ。

「すぐ戻るけん、お利口さんして待っとって」

と言い聞かせ、背中を見せた瞬間からギャンギャン鳴き出した。

まるで、
「僕も行く!僕も行ける!置いていかんどって!!!!」
と言ってるようだった。

用事を済ませて戻ったら、尻尾をぶんぶん振り、喜びすぎて遠吠えをする。


息子もこんな気持ちなんだろう、きっと。

だから眠っている間に、こっそりとやらねばならないことをしてしまいたいのだ。


あれもこれも、やりたいこと全部はできないし、何をすればいいのか思い浮かばなくもなる。


明日もこんな時間が取れるという保障はない。

あ、息子がウジャウジャと言い始めた!


2015年07月16日

おかあさんといっしょ

自宅にひきこもり生活も、産前から3か月は経過した。

産後は育児にかかりっきりで、暇暇言っていられない。
自分の時間がほしい。

息子が大きくなれば、動き回ることになる。
今は首も据わらないが、これから今までよりも体力のいる生活になるだろう。

Eテレの教育番組やアニメ番組は、そんな子ども達を引き付けてくれる、親からすればとてもありがたい子守番組みたいなものじゃないかな。

私も今後の予習として、夕方のEテレを見ている。

私もよく見ていた「おかあさんといっしょ」。

歌のお兄さんとお姉さん、体操のお兄さんがいて、マスコットキャラクターもいる。

かわいい。よくできた番組だな。


んー。


この歌のお兄さん、


いいじゃない。


いい男じゃない。

結構嫌いじゃない。

いや、

好きなタイプよ。


だいすけお兄さんね。(心にメモ)よし。


忙しいのに、閉鎖的な毎日。
友人Mとメールのやりとりで憂さ晴らしをしてるが、十何年もバリバリ働いてきた人間はこんなにひきこもると、何か物足りなさを感じるのだ。
子どもへの愛着はあるし、日々勉強。
飽き飽きしているわけじゃない。
外に出るのも大変だし、滅多なことがない限り出歩かない。

が、
外部との接触がないから、オシャレもしなくなるし、流行もわからないし、虚しい。

そんな時に舞い込んできた、

だいすけお兄さん。


なんか癒される。
歌のお兄さんにハマる全国のママさん達の気持ちが今ようやくわかった。

子どもに優しいし、さわやかだし、面白いし、かっこいいし。

番組の中で、よく泣いている子がいる。
それをだいすけお兄さんは優しくあやしている。
ただそれだけのことなのに
「優しいーーーーー!」
と涙ぐんで見てしまう、産前から涙腺が決壊している私。


また夕方、時間があれば見よう。
時間があれば…。息子がゴキゲンだったり寝ていたりしたら。
息子と遊ぶ時も、番組中に流れる曲「ブンバボン♪」と私は歌ってあげたりするが、幼い息子はきっと
「??」
だろう。--------それでもいい。私が良ければいいのだ。


今日は肌寒い。
息子が眠い眠いというので寝せてたら、風が冷たく感じたのでタオルを1枚かけてあげた。

それから向こうの部屋の窓を閉めたら、どうやら息子は暑くなってきたらしい。

寝ててタオルを蹴りまくり、頭顔はタオルをかぶって、足だけはタオルを外している状態になっていた。
どう蹴ればそうなるのか?フガフガしてる。


すぐに顔を出してあげたら、寝たままニッコリしてくれた。

うい奴。愛らしい。

顔が暑かったやろう、息苦しかったやろうにね。


子どもから目が離せない。
でも、だいすけお兄さんも見逃したくない。

2015年07月23日

笑いを求め、癒しを求めて

毎日暑くて嫌になる。

とは言っても私はほぼ室内生活なので、本当の暑さをまだ感じていないかもしれない。

皆様、暑中見舞い申し上げます。


相変わらず私は育児に追われ、1日があっという間に終わってる生活。

息子は夜しっかり眠るリズムができたので、息子と共に私も夜しっかり眠れるようになった。
まだ2ヶ月過ぎたところなのに、6時間くらいたっぷり連続で眠る息子。
私に似たのか、睡眠大好きらしい。


そんな中、前回の小唄にも書いた《おかあさんといっしょ》の他に、私は産後あたりから密かにハマっているものがある。

それは

今更ながら

金爆!

そう、
あの珍曲《女々しくて》を歌ったバンド

ゴールデンボンバーだ。


本当に今更…私は大体今更ってタイミングでハマってるな。


なぜハマってるかと言えば、ある一曲が好きになり、その曲を聴いていくうちに、このバンドのメンバーを調べ、YouTubeでPVを見て大笑い。

産後の悶々、鬱々とした時にそういう刺激があると、過剰反応?してしまうんだろうか。

毎日鬼龍院氏と樽美酒氏のブログをチェックし、さらにEテレの夕方の5分番組《ニャンちゅうワールド放送局ミニ》に出てるニャルビッシュを見てから息子とお風呂に入っている。
毎日金爆とおかあさんといっしょは欠かさないのだ。

鬼龍院氏のこんなパフォーマンスをやる才能って、昔は嫌いだったけど、今は嫌いじゃない。


彼らのやること、下手なバラエティーよりずっと笑える。

もう何度《ローラの傷だらけ》のPVをYouTubeで見たことか。
歌詞がヒドく良い。


息子が眠たいと言うので抱っこして、パソコンでYouTubeの金爆のPVを連続して見てたら、息子が眉間にシワ寄せて寝ていた…。


イヤだったのだろう。
不快な音だったのだろう。

なので私は少し音を小さくして、息子を下ろし寝かして、またPVを見続けた。


最終的に、踊るつもりはないのに、
金爆メンバー歌広場氏のやる《振付講座》まで延々見ていた。

いつか完璧に踊れる日がくるのか?
やってみたい気はしてる。
《死 ん だ 妻 に 似 て い る》をフルバージョンで。

2015年07月30日

追憶のボードゲーム

暑いー。
言わなくていいのに言ってしまう。
クーラーの効いた室内からドア1枚隔てた廊下の暑いこと。

いや、外でしっかり働いていらっしゃる方々の暑さに比べれば、私が感じている暑さなんて大したものではないだろう。

夏は暑くないといけない。
夏は夏らしくないと、農作物に影響がでる。

しかし体力的には、暑いのは勘弁してほしい。


少し前になるが、産後私が実家にこもっていた時、姉が姪っ子2人を連れてやって来た。
姪っ子は家からわざわざ、人生ゲームというボードゲームを持ってきていた。

人生ゲーム、あの有名な双六。
自分がどういう風に生きるかというゲーム。
就職有り、給料日有り、転職有り、結婚有り、株買ったり家買ったり子供が産まれたり、火災保険や自動車保険に入ったり、約束手形まである。

恐らく、数年前に私が姪っ子に双六を手作りしてから双六にハマったのだろう。
義兄のお母さんが、姪っ子の誕生日に何が欲しいか尋ねたところ、双六と答えたらしい。


人生ゲーム自体、私も小さい頃友人の家でやっていた。
面白い。


しかし、人生ゲームを超える面白さだったのは……


今や入手困難!
マネーウォーズゲームだ!!!!
これは人生ゲームの就職以降を深くやるようなゲームだった。
名前の通り、勝ち負けはお金!
そこは人生ゲームと同じ。
プロ野球選手とか教師とか、それぞれの職業でどれたけ稼ぐか、というボードゲーム。
人生ゲームよりもたくさんの職業があり、職業ごとのプレートがある。
これは未だに私はやりたいと思っている。
まだ売られていたら、是非姪っ子にもさせてあげたい。
小4ならあれは面白いとハマるはずだ。
しかしもう、販売終了。
インターネット上で、中古品が出回っているが数は少ないようだ。

あれ、再販してくれないかな……

もう一つ、私の好きなボードゲームがある。

それは

おばけ屋敷ゲーム!!

これも面白かった!
まず絵が怖いんだ。
口裂け女やろくろ首など、有名なオバケが出てきて、手持ちのカードで勝たなきゃいけない、そして早くゴールしないといけない。
御守り的なカードもあって、それを貰えると嬉しかったなー。

このゲームはよほど人気があったらしく、リニューアルして数年前から販売されている。

しかし、やはり前の方が絵に迫力があったな。
子どもの頃の私は怖いと感じたけど、いい年になった今の私だから、昔の方が怖かったと思うのかもしれない。

この新しいおばけ屋敷ゲームを姪っ子にプレゼントしてもいいんだけど、オカルト物をとても怖がるのであげられない。


姪っ子2人と母と私で人生ゲームをやった。

かなり真剣にやった。
子どもの頃の感覚とは違った視点でやれるので、昔やった以上に面白かった。


今度もまた会う時は、人生ゲーム持ってきてほしい…。
息子を姉に任せて、姪っ子たちと双六を本気でやるいい年の女。。


世の中スマホのゲームだが、やはりボードゲームはボードゲーム。
自分でサイコロやルーレットを回し、コマを進めるのが面白い。

About 2015年07月

2015年07月にブログ「小やすのOL小唄」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2015年06月です。

次のアーカイブは2015年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32