« 2015年03月 | メイン | 2015年05月 »

2015年04月 アーカイブ

2015年04月05日

働かない日々のおくりかた

桜の花が咲くとすぐに雨や風やら。
満開の桜の花見を楽しめる時間ってとても短いものだな。
通勤路にも何本かの桜がある。
道路はピンク色。桜の花びらでいっぱいだ。


産休に入った友人Mから、無駄でくだらない情報メールばかりが届く…。

(Mがカラオケでよく歌う東北出身大御所男性演歌歌手、デビューはコミックソングのような曲でかなりヒットした)Y先生がTVに今夜出るよ!

とか

朝のローカル情報番組に、Mがカラオケで歌い、私が笑い転げるKPOPアイドルが出ていたその時に、Mからメールが届くのだ。
TがTVに出てる!

など。
はい、見てましたよ、私も。そして笑ってたよ。

暇で暇で仕方ないんだろう…。
私もきっとこうなると予感してる。

しかし今まで仕事で時間を奪われていた私は、これから本当にどんな風に時間を使えばいいんだろうか?!

世の中の専業主婦の皆様に伺いたいものだ。

遊びに行けばお金はかかる。
これから定期券の有効期限が過ぎたら、天神に行くのにもいちいち交通費はかかってくるし、産休だけど働いているわけではないから給料は減る。
毎日遊んで暮らすわけにはいかない。
食べないと生きていけない。
今まではお弁当作って持って行ってた。もう自分のお弁当は作らなくていいけど、昼は何を食べよう。
同じものだったら飽きるしなーー。


掃除とかしてたら1日なんてすぐ終わるものなのかな。
まぁ部屋を片付けたいからねぇ。
あとは三味線のお稽古でもしてたらいいか。
こんなに時間があると、かなり上達してしまう!!…?
そんな事はないな……謙虚な気持ちでお稽古しておこう。

こうやって時間が有り余って、TVのチャンネルいろいろ変えて、偶然やってる韓国ドラマを見始めて、韓ドラにどんどんハマっていく主婦が多かったんだろうなぁ。

2015年04月13日

働きたい

抜け殻のようになってしまった。
何のやる気も起きない。
食べることも億劫。家事なんてやらなければならないのか?

ついにくる時が来た。

産前産後休暇に入ってしまったのだ。

その最後の日、予想通り、泣いた。
最後のあいさつで-----。

会社から帰ってきても泣いてた。

なぜ泣くのか?

やっぱり名残惜しいからだ。
それにこんなに長く働くと、会社の人たちとは家族のように分かり合える。
はっきり言って相方よりもずっと長く一緒にいるわけだ!(この表現に相方は「トゲがある」と言う)
会えないことがまず寂しいんです。
こんな忙しい時に抜けてしまうことに申し訳なく、みんなの優しさがとても嬉しく。

入社した頃、事務職なんてやりたくないと思いながらやってた。
3年で辞めてやると考えていた。
いろいろ先輩から注意されて、先輩たちだって!!!と反抗的に考えてる時期もあった。
辞めるなら完璧にしてから辞めてやる!と、ある日考えて、今まで避けていた仕事(なんてヤツだ)や、苦手な仕事も率先して覚えるようにした。
先輩たちを差し置いてやったるわい!!みたいな気持ちだ。

しかしそれがとてもよかったらしい。
私が変わる事をきっと周りも求めていたんだろう。
その時から仕事のやりやすさが変わった。
そして何かがわかった。
この職場で私がどう仕事をすれば、みんなも私もスムーズに流れるのか。
それからは仕事も楽しくなったな。
きつかったけど。給料だって安いけど。
会社の人間関係が私を救っていたんだろう。

入社してから何年後かに父が他界し、相棒も他界。
そんな辛い時でも仕事はしないといけない。
仕事をする気分ではないのに、行きたくないのに職場に行くと、気が紛れる。
仕事をすることで、辛い体験を少しの間忘れさせてくれる。

長い時間、仕事に没頭しながら仕事に助けられて生きていた。

年度末から恐ろしいほど忙しい時期。
今年も私も残業続きだったが、本調子ではないのでいつもほどはやっていない。

心に残るのは
今年の最も忙しい3月の中旬のある日。

夜8:00を過ぎ、みんなが
「夕ご飯どうする?出前頼もうか」
と言い始めた。
私もこの日はすんなり帰れないとわかっていたので、この話に便乗した。
女性も男性もメニューを決め、電話で注文する。
大量だったために9:00近くにようやく届いた。
それを食堂で皆で食べる。
お好み焼き。
今日はどうだった、ミスがあった、長かった、など仕事の話もあったが
太った新人君が超デカい、高いお好み焼きを注文していて大笑いした。
もう今の時期食べることしか楽しみがない!とかワイワイ喋りながら食べた。
なんだかとっても楽しかった。

帰る時も、楽しかったなぁ…としみじみ思って歩いた。
むちゃくちゃ忙しい日だったのに、みんなと過ごせるだけでこんなに楽しいんだな。

こんな日もなくなる。

復帰をすればいいんだけど、復帰できるかわからない。

最後の日はかわいい花束と記念品をもらい、ボロボロ泣いてしまった。

考えてみると私はいろんなことを仕事に結び付けて考える癖がついている。

買い物に行っても、これは先輩が好きだから、3時休憩にみんなで食べよう♪
通勤の靴が傷んでるから、ヒールの低いガツガツ走れるパンプス買おう♪
てんちかのポイント5倍デイだから、会社の昼ご飯をこのパン屋さんで買おう♪
早くお風呂入って寝ないと、明日の仕事がきついぞ。
美味しそうなおかずレシピを手に入れたから、お弁当に使えるな♪

考えればきりがない。
もうそんな事考えなくていい。

寂しい。

仕事がキツイ、キツイとぼやいていたが
仕事がないと、辛い。キツイよりも辛い方が「本当に辛い」。

鬱々としてしまう。
溜息が増える。
メリハリがないと、こんなに私はダメになってしまうんだ。

仕事、職場にこんなに愛着があったなんて。

2015年04月15日

頭はまだ仕事人

こう時間があるんじゃぁ、困るもんだな本当に。
働いていたいもんだ。
先日、会社の本部に書類を提出に行った。
そこで担当の女性に
「産前産後休暇は、産前はまだ働けるというところまで働いていてもよかったんでしょうか?」
と尋ねてしまった。
「うーん、国としては休んだ方がいいということで見られているんじゃないでしょうか」

なるほど、休んだ方がいいんだな…。私の悪あがきだ。

三味線のお稽古場が職場の目の前。
この3月は忙しすぎたのでお稽古をお休みしていた。
そしてそのままになっていたのだが、久々に師匠に連絡を入れお稽古は再開するこにした。
職場には私の注文品も届いているらしい。
これでまた職場に顔を出せる。
こんな些細な予定が決まっただけで、かなりテンションが違う。
会社に行ける!ラッキー!もう超嬉しい。
ルンルン気分だ。

さて--------

ドラマが始まった。「戦う!書店ガール」

見るつもりはなかったが、寝る前にリモコンをいじっていたらちょうどそこで止まった。

見入ってしまった。

うーーーーーーーーーーん。
店売勤務ではなかったのでわからないこともあるけれど。
あれはやはりドラマですな。
ありえませんなあ。(なぜかとっても上から目線)

東京と福岡の地域的な差もあるかもしれないけどさ。
一週間後にサイン会を自店でやろうなんて企画、100%無理。福岡では。
コネを駆使して有名人を呼べたとしても、商品の手配、通常ルートでは間に合わん。
福岡出身とかの有名人で、福岡の出版社から発行しているならできるかな。
その宣伝がいきわたるかどうかも難しいところ。
出版社や取次の方に協力してもらっても、かなりの話題作でないと1週間前の企画で売上を見込めるだろうか。
経費ばかりかかってはなぁ。


いろんなところにダメ出しし始めたら面白くない。
ドラマだなと思ってみていればいいんだ。
いやー、あんなに仕事熱心なアルバイトさんいるかしらね。
社員だとあんな時間ありませんもんね。
そしてバックヤードに社員・アルバイト全員のデスクがあるとか。
ありえませんから!!!!!!!!!!!!!
そんな面積あるなら売り場面積にするとか、そこまで売れてなければ他の業種の店に貸すとか。
(かなりシビアな目線)


ああ、いかんいかん。
うちの会社を基準にしては。
失礼致しました。

すぐに売上・利益を考えてしまう。

2015年04月16日

家元はやはり、すごかった

時間があるので、こちらの書き込みも頻繁になる。
自然なことだ。

お稽古に行ってきた。
新しい課題曲に入った。
新しい譜面。音源を買おうと以前調べたが市販されていない。
これは困ったなと思った。
子どもが生まれたらまた少しお稽古を休むことになる。
なので音だけは聴いていたかった。
すると師匠が家元のお稽古の時の音をカセットにダビングして下さった。
師匠も今家元に習っているところ。
途中の段階らしい。
家元が1人で弾き唄いしてる音を聴いて、うわーと思った。

音が全然違う。
私が今までいろんな邦楽を聴いてきた中で、
こういう表現はどうかと思うが、一番上手いと思った。
サラリと弾いているのだが、音の陰影というか。余韻というか。
目の前でお稽古つけてもらったことはあるのに、
自分のことでいっぱいで緊張して家元の三味線の音を覚えていない。
家元は唄の方が有名なのだが、長唄三味線の弾き手としても別の名前がありその家元でもあるのだ。
なんと、なんということ、、

こ、これが家元か-------!!!
これが家元の底力、、、、。

当然高い三味線を使っていらっしゃるだろうけど、そんな事が問題なのではないな。

2年前、家元を交えての食事会で、BGMで三味線の音色が流れた。
その場にいた私たちは
「ああ、三味線の音、何の曲?長唄ではなさそうね」
という会話をしていたが家元は
「こんなお稽古用の三味線で弾いてるんじゃだめだ」
と、一蹴。

三味線の音の響きで、その三味線のランクまでわかるとは----!!!

きっとその時の私の顔、固まっていたに違いない。

「マジすか????!!!!」
って顔で。


三味線、もっともっと頑張ろう。
音をきれいに出すように努力しよう。

上手くなるにはお稽古しかない。
あんなきれいな音、どうやっても私には出せそうにないが

お稽古して近づくのなら、お稽古しよう。

2015年04月20日

1人ランチをする贅沢

みぞおちが痛い。ヒリヒリ痛い。
きっと体験しないとわからない痛み。体勢によっては激痛…T_T
もう3ヶ月くらい痛い。
妊婦のマイナートラブルだ。我慢するしかない。腰痛でも湿布も貼っちゃいけないし。薬だって簡単に飲めない。
あともう少しの辛抱……。うー、キツイ。
世の妊婦さんの辛さを、わかってあげて下さい皆さん。
本人すら想像してなかった苦しみと痛みに毎日堪えてますから。
こんなに体にガタがくるとは!
めまいでグルグル目が回り起きられないくらいになったり、
貧血でフラフラになったり、
糖尿病の疑いがかかり食事療法させられたり、
悪阻が酷くて食べ物を受け付けられなくなったり、
浮腫がひどかったり、
全身痒くなったり、
マタニティブルーになったり、
出血して病院送りになったり、、

さてさて。

先日会社に寄ってきた。
ええ、ルンルン気分で。
お菓子を手土産に。お稽古帰りに、2時間程度(長!!)。
いや、別に邪魔をしてたわけでも、かと言って仕事を手伝ってたわけでもない。
注文品が届いていたので、その処理や、私が担当していた時予約手配していたものがちょうど入荷していたので、次の担当者へメモを書いていたり。

その帰り、昼も3時過ぎてから天神で1人ランチをした。
久々の1人外食だ。
勤め人時代は、悪阻で帰宅後の食事の用意が辛い時は、1人で食べて帰ったりしてた。
餃子とか、親子丼とか。…悪阻のくせに、ガッツリだな。

今回は開店したばかりのハワイアンレストラン。
勤め人の時は、予算内ではあるが食べたいものを頼んでたけど、今の立場になると値段をかなり気にするようになった……。安いの安いの……。

1人でボケーっと座って、ランチを食べる。

これからはこういう時間もなくなるんだなぁ。。

ハワイアンミュージックの流れるお店で、1人ランチか。
ないな、ないない。

こんな時間の使い方も大事にしていきたい。
外へ出られる間は、お腹を守りながら楽しもう。

動き回れる時間は限られている。

また会社に行く用事もあるし……


結局は会社か!

2015年04月23日

楽しみだけど不安もつきもの

嫌な気分になった。
スマホをいじっていたら、画面の中にある漫画の試し読み広告。
あれってスマホの持ち主の年齢層を狙った作品を載せるのかな。
私の場合は、ヒューマンドラマ的な作品、レディスコミック的な作品が多い……。

それにつられて、無料の試し読みをしたのだ。
我が子を虐待してしまう母親の話を。

読まなきゃよかった……。
これがまた解決してないところでバッサリ読めなくなる。
そらそうだ、完全に読ませてしまっては商売にならない。
いや、本を買って読んだ方がいい!
しかしこの類の漫画は、現在絶版となってるそこそこ古い作品のことがあり、もう版元在庫なし、重版もかけない絶版状態で、ネットの試し読みからお金を払って続きを読むしかないこともあるらしい。
ただ読みさせるだけではなく、金を取ることが出来るシステムになってるわけだな。うまいこと出来てる。
作家や版元にちゃんとお金が回っているのかはわからないが。

そんなことではなく、
自分の子供を虐待してしまう母親が怖くて、子供がかわいそうで、思い出したくもないおぞましいものを見たような気分になった。

前なら、漫画の世界は漫画の世界。
有り得ない世界だ、こんな人いない、無理無理、ないない、と思いながら読めたのに。
子供が泣き叫ぶシーン、ひどく虐待されても母親に泣きつくシーン、何事もなかったかのように子が眠るシーンを見て、悲しくてかわいそうで頭から離れない。


読まなきゃよかった…(二度目)。

時間があるからこんな事になるんだ!
仕事してた時はこんな試し読みをする時間なんてなかったし、電車に乗ってても特にスマホをいじってなかったし、帰宅してからもスマホをいじる時間なんてなかった!!


有り余る時間が、この結果を生んだわけだ。
よろしくない。

精神的肉体的にこういう内容に弱くなっているんだろう。
多少の不安もあるからだろう。
この漫画に苦しい感情を抱くのは。

読まなきゃよかった、と言っても読んでしまった。


育児雑誌に載ってるような、毎日笑顔でキラキラした日々を送れるとは思えない。
んな事毎日できるか!と冷ややかに思ったりしてる捻くれた私。
この漫画の母親のようにはならないように、精神的に追い詰められないように、普通の育児ができますように。


不安よりも楽しみなんだけどな。
小さいかわいこちゃんが赤い顔して産まれてくるの。

職場の人には、
『小やすの子どもは会社の子』
と呼ばれてる。
お腹がどんどん大きくなっていってる長い時間、一緒に過ごした職場のみんな。
私の声よりも先輩たちの声の方が通るので、きっとかわいこちゃんの耳にも懐かしい声だろう。
みんな楽しみにしてくれてる。

不安がらずに、時を待とう。

2015年04月26日

なんということでしょう

曜日感覚がおかしくなり始めた。
これはいかん。毎日が日曜日のようになったから、ぼんやりぼけーっと過ごす時間が多すぎて、今日って何日?何曜日?とアホになってしまっているのだ。

仕事人時代は違った意味で曜日感覚がおかしくなったものよ。

働きすぎて、日曜出勤とかして、2週間とか3週間ぶっ通しで働いたときにそうなった。

世間様は連休ですってよ。
へー、そら結構なご身分でございますこと。

と、やさぐれていたものだ。

毎日休日なので暇で暇で仕方ない。
会社の先輩に
「暇ぶっこいてまーす」とメールしたら逆鱗に触れた。
「小やす、テメー、、、、今日なんか22時にしか仕事終わらんかったとぞ」
と、マジギレメールが夜遅くにきた。


お稽古帰りにまたお土産持って会社に寄った。
いろいろ話していると手持無沙汰になり、簡単な仕事をしてしまう私。
そのうち、あれやれ、これやれと先輩に言いつけられ、
「あたし無給なんすよ??!!!」
とぼやきながらもやってしまうのだ。
「どうせ朝寝、昼寝、夕寝しとるだけやろ」
「どうせ暇っちゃろ!」
と言われるとぐうの音もでない。

家でゴロゴロして
「うー、お腹が重いーーーー」
と寝転んでばかりの時より、会社でワタワタしている時のほうが断然体調がいい。
体が動くし軽い。
3時間くらいそんな感じで職場にいてしまった。
私が長年いた場所なので、腹ぼて姿でまたそこにいても何の違和感もないのだ。

紙のにおいが充満した古い事務所。
居心地が良すぎて長居してしまう。
何か用事を見つけては、会社に寄りたいと考えてる。
またお稽古の日には寄ると先輩に宣言してきた。
ものすごく忙しい日だ。
1年で最も嫌いな日、嫌いな作業をみんなで一斉にする日だ。
師匠からその日をお稽古の日に指定されたから仕方ない。
ニヤニヤしながら、
「お疲れ様でーーーす」と言おう。
絶対嫌がられる。
先輩から
「その日だけは絶対来んな!」
「邪魔すんな!」
と言われたが行く。
お土産持って行く。

最も嫌いな日だったが、ものすごく疲れる日だったが、その日を乗り越えないと繁忙期がこれで本当に終わったという気になれない日なのだ。
作業の終了までは見届けられないだろうけど。
終わる時間が18時を過ぎる可能性もある日。
一昨年前は21時ごろになったしなぁ。
今年は早く終わるといいけど。
何か手伝えることがあればいいな。
力仕事だから、私は無力かな------。

2015年04月30日

カフェインレス生活

スーパーに行って驚いた。
4月になって値段が上がったと言われていたが、まぁ確かにそうだと思っちゃいたがここまでとは。

私は今カフェインレスのインスタントコーヒーを飲んでいるのだけど、それが1瓶200円くらい上がった!
ほかのコーヒーはそこまで上がっていないのに、これだけ異常に上がっている気がする。
このスーパーだけかもしれない。ここ安かったから------。
標準の価格になってしまったのかな。
買うのをやめた。
まだ残ってるから次回にしよう。
その時には多少は値下がりしてるかもしれない。
次回に期待。

カフェインというものを、妊娠してから摂取することに気を付けている。
緑茶・コーラ・紅茶・烏龍茶、コーヒー・元気が出る系の清涼飲料・ハーブティーも飲まない。
飲むならほうじ茶、ルイボスティー、水、麦茶。
食事に行って、ドリンクのオーダーを取りに来られた時に
「水下さい」
と言うのは、ケチな考えではなく、カフェインを飲みたくないからなのだ。
「お茶下さい」と言ったら大体緑茶だから。

しかし妊娠中期頃、第二子妊娠中(妊娠後期)の友人に会ったら
「カフェイン?普通に摂ってますよ。黒い飲み物は肌の白い子が生まれるっていうし、コーヒーなら1日2杯まではいいかなって」

と、軽く言われた。

えええ?!
そうなんスか??!!

いろんな本やらサイトに、妊婦はカフェイン摂ったらあまりよろしくない、と書かれているし、すごくちゃんと守ってきたけど。

なんだ、もっと気楽に構えてていいのかな。

それから私も普通のコーヒーを週に1・2回は飲んでいいことにした。
緑茶も薄めて飲んだり。
できる限りはカフェインレスで毎日過ごしている。
コーヒーも緑茶もおいしいから大好き。
本当は濃い緑茶が好き。和菓子とともに緑茶を飲むのが幸せ。
(まんじゅうこわい、みたい)
ストイックに我慢するのも大変だ。

先日、その友人宅に新築祝&出産祝として遊びに行ってきた。

そこで知った事実。


授乳中の方がカフェイン摂れない------------------。

母乳から乳児にカフェインが伝わってしまい、夜中寝ないらしい。
特に玉露はすごい、と言われた。

私、妊娠中だけでいいと思っていたのに!

友人はカフェインレス生活を悲観し、ネス●フェ・アンバサダーを買ったそうだ。
カフェインレスコーヒーも、普通のコーヒーのように美味しく淹れられる。
淹れてもらったが、確かにインスタントの域を超えている。
カフェインレスとは思えない美味しさ、上質さ。


そうか…。
まだまだ長い道のりが待っているのか。
お酒は我慢できている。
相方が酔っぱらって帰ってくると、イライラするけど。
夢でお酒を飲みたいと言いまくってたりするけど。

辛抱、辛抱。

だのに値上げなんて-----ひどい。

About 2015年04月

2015年04月にブログ「小やすのOL小唄」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2015年03月です。

次のアーカイブは2015年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32