« 2014年09月 | メイン | 2014年11月 »

2014年10月 アーカイブ

2014年10月04日

怒濤の月頭

月末、月の初めは忙しい。

この時期になると、2年前からとある矯正施設から私宛に連絡が入る。

見積もりお願い、と。


ここは結構大口のお客様に化けたので、部長も
「今年もあそこから注文きたらいいなー」
と期待している。


今年もきた。
内容を見る。


どぉぉぉぉ、多い!!!

ちょ、、これ今すぐに返事は当然無理ですが、これ二、三日でのお返事も絶対無理!
しかも月頭!!


そこで夏あたりから仕事が比較的ヒマだった私はテンパり始めた。

机がゴチャゴチャになってきた。
末の請求書の束が山積みになっているところに、電話電話電話。

これやって、これやって、次これやって、と順番を考えてスイスイやっていきたいのに、何か進んでいない。

ヤバイ、見積もりに負けたくない。他社に負けたくない!!
正確に早く返事をするのがモットーなのに。


別のお客様から連絡が入る。
ここは長年担当をして下さった方が、突然の異動で、新しい方に引継ぎがうまくできていないようで、書類作成の仕方がよくわからないとのお問い合わせ。

昔の資料を取り出し、こういう流れですよ、と伝えるがなかなかわかっていただけない。
前任の方とはこういう風に話していました、それで今納品をストップして支払いが混ざらないようにしていますよ、と丁寧に話すと、少しわかってもらえたようだ。

ふー、よかった。


パソコンで検索を始めたいが、配達と買出しに行かないといけない。


バタバタと出ごとを済ませて、汚い机に戻る。

なぜこんな机が片付いてないんだ…

あ?!

某町立図書館から請求明細の返事がきてないんだ!
だからこんな請求書の束が邪魔な感じで残ってるんだ。


できることから片付けよう…

そんな時に営業マンから

これ、8通の請求書作ってー今から持っていくけん

とか

ごめーん、これ急がんけど3通請求書お願いねー

など頼まれて、机が更にゴチャゴチャになる。


ううう、順番に順番に。


落ち着いて仕事をこなそう。

そうしてると私宛の電話が入る。


先日届けていただいた請求書に、見積書が入ってなかったんですが……

?!!!
あ、そうだそうだった、あそこは半年に一回見積書がいるんやった!!しもたーーー!


すぐに請求書を郵送するように伝えるが、今後半年の分の見積書も先に欲しいと言われ、価格照会を優先的にすることに。


どんどん遠のく矯正施設の見積書作成。

ここで五時を過ぎる。

先輩たちは着々と月末処理を終わらせている。

なんで私だけこんな机が片付いてないんだ!


あれこれ終わらせようとして終わらせられてない。
頭がうまく働いてないのかな。


矯正施設の見積書作成に必要な資料を出版社にFAXしてもらうようお願いしていた分が手元に届く。


ふーむ、、、


いろいろ計算する。

ふーむ、これは今年は見積、競り負けることも考えられるなーー、、、。部長と要相談やなぁ。


そして六時、終業時間

六時を過ぎてまた私宛の電話が入る。


某町立図書館からだ。

請求書の明細確認終わりました、作成お願いします、

とのこと。


そうか………


やらねばならない仕事が残ったまま、今日は帰ろう。


なんか今日は疲れた。


パトラッシュ、僕はもう疲れたよ……

2014年10月12日

仕事で思ったこと

この前寿退社した後輩の女の子が、新婚旅行のバルセロナから成田へ帰ってきた。
が、沖縄へはなかなか帰れそうにないと連絡がきた。

巨大な台風が日本接近、いや、日本上陸か。
恐ろしいことにならないといいなぁ。


はてさて、この頃会社で受けた電話について思う。

大手、超有名、人気出版社さんからの部長宛ての電話がかかってきた。

最初は普通だった。少し軽いなとは思ったが、まぁこういう男性はいるなと思いながら応対していた。

部長は外出中だったので、申し訳ないと伝えると、

「あ、じゃあ、オリテルもらえますか、オリテル」


??!


オリテル…折り返しTEL(テル)、折り返し電話をくれっていくことか!?

3秒くらいで私はこう判断し、相手が電話番号を言い出したのでメモを取った。


オリテル??!

声だけ聞くと30代くらいの男性。
そんな略語、ビジネスで使うか??


電話を切った後、周りの人に
「オリテルって知ってますか?」
と尋ねたら、みんな私より年上のため、そんな略語理解もできない。
そんな言葉を仕事で、客に対して使うか?とギョッとしている。

そうだよなー、私もそう思う。


後日、その出版社のその本人から、また部長宛ての電話が入った。

また部長は外出中。

申し訳ないとお伝えすると


「部長は夕方までに、戻るー、戻らないー?」

と、私に二択を選択するかのような問いかけをしだした。


はぁ??!

なんだこの人?

「六時を過ぎるかもしれません」

と伝えたら、アッサリ

「はい、わかりましたー、じゃあまた電話しまーす」

という具合になった。

電話を切った後、頭をひねる。

この人、何?
なんでこんなちゃら臭いの?
あそこの出版社って、みんなこんな感じ?

普通
「◯◯様は、本日お戻りになられますか?」
と尋ねるんじゃないの?
そしたら
「申し訳ございません、◯◯は遠方に出ておりまして、六時を過ぎるかもしれません。お急ぎでしたら携帯に連絡してみましょうか?移動中は電話に出られませんが、、」
と、私も言う。

うん、そうだ、いつもこういう流れだ。
二択を選ばせるような、まるでクイズ番組のような聞き方、私は初めてだ。
解せん……。


そして一ヶ月もたたない日、その人が上司を連れて、我が事務所へやって来た。

最初は普通に見えた。

部長が応接セットで話し出す。

その人の声が聞こえた。


ちゃ、チャラい!!
軽い!

本人は声の通りの30代後半から40代前半。見た目は普通のビジネスマンなのに、話す言葉が軽いのだ。


先輩たちも少し驚いて


「あの人たち、どこの人?」
と、私に聞いてきた。

前のオリテルの人だと言うと、納得。

あーー、、、なるほどね、、

という先輩たちの表情。

仕事をしてると、流行っているのか業界用語か知らないが、大人としてはいただけない言葉を普通に話されるととても違和感を感じる。

その人は上司の前でもそんな調子なので、会社自体がそんな体質なんだろう。
まぁ、その出版社の出版物は若者読者が多いし、著者の年齢層も若いのかもしれない。
でもなぁ、、、

ビジネスシーンで、電話で見えない相手にそんな言葉遣いでは、恥ずかしいんじゃないかなぁ。


いい年してさ。
中堅くらいの人がそんな風だと、恥ずかしいよ。

2014年10月19日

すばらしい秋

随分朝晩寒くなってきた。
皆様風邪などひかれてないでしょうか。


私は健康になってきたのか、バセドウのひどい時のような暑がりではなくなって、ちゃんと人並みに寒いと感じられるようになったと思う。
足も冷たいと思える。
布団が足りないと思える秋だ。
3年ぶりの、寒い秋だ!

私は本来暑いのが嫌いで、夏が嫌い。
なので秋冬は心安らぐ大好きな時期なのだが、入社して会社の決算が秋だったことで秋を満喫することが出来なくなり、
ただひたすら忙しく会社に籠る秋、
ということになる。
仕事ばかりしてると、遊びに行けない。
秋っていろんなところでいろんな行事があるものだ。
収穫のお祭りだとかさー、楽しそうで足を伸ばしてくなるような魅力的なものばっかり。
それに行けず、残業残業の毎日。
気がおかしくなりそう!!!
キーーーーー!!!!!!
秋なんて嫌いだ!
と、思っていた。


それが、会社の方針で、いきなり五月末決算に数年前に変わった。

それからは2月から6月中旬までずーーーーーーーーーっと忙しくなってしまったのだが、
秋は時間ができるようになったのだ♫

秋、サイコー!
秋は物悲しい、寂しい季節でもあるが、それでも空はカラリと晴れて、過ごしやすい気持ちのいい気候。

あー、やっぱり秋はいい。


そしてこんな天気のいい日に家に籠り、マッサン3週間分を涙しながら見てる休日。
エリー、カワイイーーー!


なんか秋の休日が、少し勿体無い気もする…。

見終わったら三味線のお稽古をします。ハイ。

2014年10月31日

秋なのにー

どうにもこうにも、なんで毎年秋は忙しいんだろう。

昨年は三味線の大きな会を控えて、日々毎日三味線三味線、、そして結婚式、新婚旅行、と人生のビックエベントを秋にドカンとやっていた。


今年は三味線の大きな会もないし、結婚式もないし新婚旅行もない。

だのになんでこんな忙しいのーーー!?

前回の小唄には、秋は時間があるーみたいなこと書いていたくせに。
きっと秋に時間があるから、自分で予定をホイホイ入れてしまっているんだろう。


仕事も忙しい……。
雑務に追われてデスクワーク。
なんで?


プライベートも忙しい。
三味線の用事が突然入ったり、先生に呼び出されたり、バタバタしてる。
買わなきゃいけないものや、頼んでいて取りに行かなきゃいけないものも何点かある。
手配もれなんかあったらどうしよう。
ヤバイー。
土曜日は病院通いだし。


体を休ませないと、バセドウの数値が少し悪化してきた。

許容範囲内ではあるけど、用心しないと。
なので平日の時間がある限り、早く寝ている。
自分の体のことなんて、自分じゃないと管理できないから。
本当はお稽古したほうがいい。

時間が足りなくて困ってる。

休ませないとダメな体だから困る。
もっとアクティブに、もっとタフに、ガンガン動きたいのに無理。

忙しい自慢なんて意味はない。
暇な方が今はいい!
暇、なんていい響き。
暇だから遊びに行こう、なんて言われて誘われて遊びに行きたい。
暇を持て余してますって言いたい。

暇だからお稽古するしかないってくらいの状況になってほしい!!!


わからないふりをしてるけど、本当はもちろんわかっている。
何が私の時間を奪っているか。


あーーーーーーー、、、。


結論 本業に支障をきたすほどの趣味や特技はよろしくない。
更に
自分一人の力で解決できない用事を抱え込むのも、好ましくない。

About 2014年10月

2014年10月にブログ「小やすのOL小唄」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2014年09月です。

次のアーカイブは2014年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32