« 眠いキツイだるい | メイン | 結果通知 »

三味線とギター

みなさん、ごきげんよう。

すっかり「花子とアン」にハマっております。

少し前に友人から吉高由里子に似てると一度だけ言われたことがある。
その時は
「あの声の悪い若い女性か」と
嫌な気分だった。
今はチャーミングな女優さんだと思ってる。

しかしどこが似てるかわからない。
みなさん声をそろえて言えるだろう、似てない、と。


この頃やりたいことがずーーーっとできない、時間がない時間がないと思って過ごしていた。

なんで仕事がそんなに忙しくない今、やるなら今なのに、こんなに時間がないんだろう。

やりたいこと…三味線を思いきり弾きたい!!

家では忍び駒をしてじゃないと弾けない。
思いっきり普通に音を出してお稽古したい!

そうか、だから通勤途中の道のベンチで、若い男の子がギターの練習してるんだろうな。

私は蚊に刺されたくないからそれはできないけれども。


それと、注文している我が心の恋人、大瀧詠一さんの楽譜が届いたら、

思いっきりギターかきならして弾きたい!

大瀧さんの曲の楽譜は実は持っていなかった。
注文してるから届いたら感動するだろうなー。
この曲を作ったんだなーと、じーーーーんとするだろうなー。

ギターは実家に置いてきてるから、実家に帰って物置と化してる私の部屋で、
置き去りになったギターのチューニングからして、
弦が切れないといいけど、ジャンジャン弾きたい。


ギターとの出会いはユニコーンの曲を愛していた中2の誕生日プレゼント。
父から買ってもらった。
何万かするものだから、買ってもらえて本当に嬉しかった。

エレクトーンはすでに赤ちゃんの頃から自宅にあったのだが、
私は鍵盤よりも弦をそのまま触って音を出す方が好きだったんだろう。

かーーーー、思い出すなぁ、ユニコーンに溺れていた日々。
友達と一緒に担任教師に反抗していた日々。

楽しかった。
毎日毎日部活帰りに、アホみたいな話をしながら帰ってたなー。

今、少しずつ夜更けが早くなってる。日が沈むのが早くなってる。
そんな時間、そんな涼しい秋めいた夕方の匂いに、
仙台の学生時代を思い出す。

最高の中学生時代だったな。


ああ、いかん、またギターの強い強い力に引き寄せられる。
三味線の繊細な音色をもっと勉強しないといけないのに。

ギターの魅力は封印しないと、三味線に影響する。


コメントを投稿

About

2014年08月28日 21:53に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「眠いキツイだるい」です。

次の投稿は「結果通知」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32