« 長い道のり、三味線道 | メイン | 二夜連続の独演会状態 »

小やすの七夕なのにひとり会

IMG_5832.jpg

七夕なのに1人かよ!
ということで、私1人の時の食事をご披露しましょうか。


なんと簡単な…。いや、1人の時なんてみんなこんなもんでしょう。

酢飯(ゴマ入り)に卵焼き・自家栽培の大葉・納豆の三色丼。

しめじと豆腐と素麺そっくりなパスタのお吸い物

冷奴
ひじき

マンゴーチューハイ

以上。


お気づきになっただろうか。肉・魚が一切ないのだ。
ま、でも卵もお豆腐も納豆もあるからいいとしよう。

腹ペコだったので、この写真を撮った後、ガツガツご飯を食べた。
うむ、我ながら美味しかった。


最近1人暮らしの女性の生活が気になって仕方がない。
覗いてみたい。
どんな生活しているのか。
気張っていない毎日を見せてほしい。

私は結婚するまで実家生活だった。
1人暮らしをしていないのだ。
あ、でも、こうやって相方がいない時間は1人暮らしのような感じではあるんだけど。
のびのび酒場放浪記を見て、パソコンいじって自由に過ごしております。


私の友人が1人暮らしをしていたのだが、仕事の都合で実家に戻り、今また数年ぶりに1人暮らしを再開した。

遊びに行きたいーーー!
どんな食生活なのか、時間配分とかどうしているのか、ものすごく気になる。
友人は朝ご飯をゆっくりたくさん食べる派なので、その朝ご飯の支度とかどうやっているのか気になる。
冷蔵庫の中とかーーー!見られたくないだろうけど。

一番気になるのは食事なのだ。
どのくらい食費をかけているんだろう。
仕事に出る時の昼食はどうするんだろう。
帰宅してどのくらいの時間で夕ご飯を作ってしまうんだろう。
はたまた、自炊しないという人は、どんなものを買うんだろう。

1人暮らしの男性は、そんなに自炊できないと思っている。

自炊真面目にしている男性なんて、このHPの主、勘米さんしか知らない。


仮に私が今の給料で1人暮らしをしたなら。

今のところには住めないので、もっと狭くて安い集合住宅に住んでいるだろうな。

自炊しないと体が悲鳴をあげる故、朝昼晩と自炊をしているだろうなー。
きっと簡単なものだろう。今よりもっと雑な。
お酒も贅沢でそんなに飲めないだろう。


あれ、それでも
なんか楽しそうだぞ。

ちょっとでも残業代が多く入ったらかなり嬉しいだろうな。
さらに、上司からご飯おごってもらうなんて、夢のように嬉しいだろうな。

粗末な身なりになるだろう。
一生懸命貯金がしたくて、見た目をあまり気にしなくなる可能性がある。

なんだろう、それでも楽しそうなのは。


きっと憧れてるんだ。お金がない状態の1人暮らしに。

本当にお金がない1人暮らしの苦労を知らないから。

コメントを投稿

About

2014年07月07日 21:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「長い道のり、三味線道」です。

次の投稿は「二夜連続の独演会状態」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32