« ご結婚おめでとうございます | メイン | 見知らぬ電話番号へ »

僕の心、いつでも君のもの

考えてることがなかなかまとまらないけど、

やれやれ、梅雨入りだ。


頭の中がただいま年に一度の棚卸。
会社が決算なので、仕事の記憶の棚を、できる限り全て開け散らかしてる。
なので他のこともやたらと思い出したり、この頃のことがとても昔に感じられたり。
要するに頭が整理できてない状態。


とにかくこの頃、白い相棒のことばかり考えてる。

ずーーっと、考えてる。

雨が嫌いだったな。

あの白い手足でアスファルトをチャッチャッといわせて歩いてたな。

下手な遠吠えしてたな。

古い首輪を外して、新しい首輪を見せたら、首に付けてって言ってるように、首輪の上に首をのせてきたな。

晩年、庭の草むしりしてたら、ほとんど目が見えない相棒が、気づかないうちにそばにいて、じっとしてたな。

考えればきりがない。

実家にある相棒の写真。
夏に私が撮影したもので、とっても気に入ってる1枚。
かわいいなぁ、本当にかわいいなぁ。


犬の散歩をしている人を見るたび、テレビで犬を見るたび、

私にもかわいい相棒がいたんだもん!

と思ってしまう。


はぁ、さて、


仕事をがんばろう。

コメントを投稿

About

2014年06月07日 15:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ご結婚おめでとうございます」です。

次の投稿は「見知らぬ電話番号へ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32