« 2014年05月 | メイン | 2014年07月 »

2014年06月 アーカイブ

2014年06月07日

僕の心、いつでも君のもの

考えてることがなかなかまとまらないけど、

やれやれ、梅雨入りだ。


頭の中がただいま年に一度の棚卸。
会社が決算なので、仕事の記憶の棚を、できる限り全て開け散らかしてる。
なので他のこともやたらと思い出したり、この頃のことがとても昔に感じられたり。
要するに頭が整理できてない状態。


とにかくこの頃、白い相棒のことばかり考えてる。

ずーーっと、考えてる。

雨が嫌いだったな。

あの白い手足でアスファルトをチャッチャッといわせて歩いてたな。

下手な遠吠えしてたな。

古い首輪を外して、新しい首輪を見せたら、首に付けてって言ってるように、首輪の上に首をのせてきたな。

晩年、庭の草むしりしてたら、ほとんど目が見えない相棒が、気づかないうちにそばにいて、じっとしてたな。

考えればきりがない。

実家にある相棒の写真。
夏に私が撮影したもので、とっても気に入ってる1枚。
かわいいなぁ、本当にかわいいなぁ。


犬の散歩をしている人を見るたび、テレビで犬を見るたび、

私にもかわいい相棒がいたんだもん!

と思ってしまう。


はぁ、さて、


仕事をがんばろう。

見知らぬ電話番号へ

先日いただいたキムチと、上司からいただいたワカサギのから揚げで飲みなおす。

いや、飲みなおすというか、飲むのだ!

まったくよー、誰だかわからないメールが届いたって、返しようがないんだよなー。

しかしこのから揚げ美味しいな。

なんで私のメールアドレス知ってるわけ?
なんで私の名前知ってるわけ?
GBST(ご無沙汰)してるって、いったいどれだけGBSTなわけ?

わっけわっかんないわー。

清酒「魚沼」、さすが飲み口さらりというだけあって、常温でもどんどんいけるもんだな。

それにしても近況とか書かれても、まったくもってわからないんですけどー。


危ない橋は渡らない、はぐれ刑事慎重派の小やすは、こういうメールには返事をしないのである。

その人をもっと調べないとな。


私は友人からハッカーとまで言われたことがある。
フフフ


別に法に触れるような事ができるわけではないが、
調べようとすれば徹底的に調べる。
それがナイアガラの間違っている精神なのだ。
ナイアガラーの調査力は凄まじい。
私もそういう人間になりたい。


それはさておき


このキムチもなかなか美味しいもんだな。


いやそのことではなく


私にも多少の悩みはあるのだな。


麗しのトヨタのCMを眺めて、ハイボールのCMに出てる愛しの加瀬亮さんを見つめて、
ふあーーーーっと思うのだ。


見知らぬ電話番号か…。

2014年06月08日

本日は日曜出勤なり

日曜朝の地下鉄は少なくていいなー。
でも日曜出勤はイヤだ。
本日は日曜出勤なり。


2週間ぶっ通しで休みがない。
忙しい自慢なら3月から負けないくらいだ。
えーっと3月上旬から4月のタイムカードの締日までの残業時間は、、言わないでおこう。
国の機関に怒られる。


電車の中は日曜日なので、サラリーマンやOLよりも、どこかへお出かけの人や家族が目に付く。
こんな朝早くなので、全体数が少ない。あ、学生さんもいるみたいだ。朝練かな、日に焼けて良い色になってる学生さん。


車内の中吊り広告などを見ると…あ、エステの広告にローラが載ってる。
モデルでタレントのローラ、嫌いな人も多いけど、私は結構好きなんです。
スタイルが良すぎる!さすがモデルさんだなと思う。
そのローラが、付け髭姿で、メンズエステを宣伝してる広告。
カッコいいねー。

余談だが、私もそんな男装を本気でさせてくれる機会やお店があるのなら、やってみたい。
このセミロングの髪を短髪に見せるテクニックや、体型に合ったメンズスーツがあれば、、、
男になってみたい、という気持ちの表れなのかな。

たまに、いや、頻繁に、鏡で自分の顔を見て、

これ、誰だ?

と思うことがある。

化粧が激しすぎて誰だか頭が判別出来なくなっているのではなく、なんとなく自分の顔がこんな顔だったのかとわからなくなるのだ。
女性っぽい格好をしてる時によくそうなる。

家でモッサイ姿でいる時にはそうならないんだ。

ギャップがあるんだろうな。

男らしいのが自分らしいと私は思うわけだが…

話を戻そう。

休日出勤すると、我が事務所は開店している、というわけではない。

鍵を締め、事務仕事だけ私たちはやっている。
電話も取らない。電話なんて鳴らないが、稀に鳴ってもほぼ取らない。

数字をガリガリ手書きして、決算報告書の作成だ。
決算報告書は手書き……毎年このせいで右腕がものすごく疲れる。
目もおかしくなりそう。


電話もなくその仕事に集中出来るからいいんだけどね。
仕事が捗る日曜出勤。

でも嫌いな日曜出勤。

2014年06月14日

不撓不屈

土曜日は病院。

平日は仕事だから会社に迷惑をかけられないので、必ず土曜日に予約をとる。
今の病状では、2ヶ月に一度の診察でオッケー。
採血、尿検査などをして2ヶ月分の薬を処方してもらう。


こんな通院にも随分慣れたけれど、まさか本当にこんなに長く治らないとはなぁ。

この病気になって、わけもわからず病院に行った時のことを思い出すと………

思い起こせば2年前の夏、とにかく暑くて汗をどんどんかいて、年をとっていくと暑さに弱くなるんだなーと感じ始めていた。


その秋、、ここからだ。

私は結婚するためにいろいろと準備を始めた頃、かな。

なんか【キツイ】のだ。

私は疲れているのか?

仕事も予定もない休みの日は昼間全部睡眠に費やすほど眠たい。いや、眠たいというより、甘えなのか横になりたくなる。
そのまま夕方まで起きない。

それは夏もそうだったかなー。
涼しい部屋でずっと眠ってた。

そしてなんか痩せてきた。
体重は2週間で3キロ落ち、周りから痩せたと言われるくらい。
お腹の調子もよくない。

熱を計ってみると微熱がこれまた2週間続く。
暑い。皆が秋の装いをしてるのに、私は半袖で十分なくらい。
え、私ヤンチャ??!

極めつけは
これが病院行きを決めたことだが


食事や仕事がまともに座って出来なくなる!

意味がわからない人もいるだろう。

椅子に座って食事をしてると息苦しくなり、椅子から下りてとりあえずゼーゼー呼吸を調えて、二、三分して椅子に戻るのだ。
何これ??
一回の食事をするのに、二回くらいはそんなことをしてた。


私は職場でデスクワークをしててもキツくて、ガリガリ書類を作成してても息苦しくなり、ペンを置き、ゼーゼー机に突っ伏して呼吸を調えた。


歩いてもキツイ。
お酒もあまり飲めない。
食欲もだんだんと、なくなってきてる。

母が病院に行きなさいと言い始める。

でもなんだか熱も微熱だし、家庭の医学で症状を読み漁ってもわからないし、お医者さんから
『ただの疲労でしょう』
『ただの風邪でしょう』
と言われるだろうし、もう少し様子を見ようと……

したが、

やっぱりキツイ!!!!
ダメだ私。ちゃんと診てもらおう!


と、思って内科に駆け込んだ。


そして首の腫れを指摘され、尿に糖も混じってて、更に脈拍が120を超えていた事実。

『これはキツかったでしょう』

……ハイ!


私の異常は、本当に異常だったのだ!!!よかった、嬉しい!それだけがわかっただけでも嬉しい!

甲状腺に異常がありそうだと言われて、それから2ヶ月間、検査検査検査検査の日々だった。


その間、足が象のように浮腫み、自分の足ではないようになったり、ものすごくお腹が空いて空いて異常に食べたり、出勤時に貧血を起こし、駅のトイレでゲーゲー吐いて出勤して朝礼中に座り込んだり、朝礼中はずっと体を支えてないと立っていられなかったり。


薬を処方されたら副作用で肝機能の数値がおかしくなり、禁酒生活を余儀無くされたり……

わたい、結構頑張った。


そして1年以上かけて、

お医者様に

『いい具合になってきてますよ、そのうちお薬、やめてもいい感じですね』

と、言われた。


……♫ "Going the Distance"……
(映画ロッキーより)


長く辛いバセドウ病との付き合い。

薬ナシ生活になってもまた再発することが多い病。


でも努力したし、周りの協力もあった。

よかった。
あともう少し。
首はまだちょっとボテっとしてるけど、私の甲状腺ちゃんらしさだ。

世の中のバセドウ病の皆様、治療頑張っていきましょう!!!

2014年06月22日

風邪ひいて寝込んでた。

2月から6月初旬まで会社の繁忙期。
腰が痛いやら肩がこったやら、目が疲れたやら全身疲れ果てたなど、いろいろ言ってはいたけれど、あの時期たいした風邪はひいていなかった。

それが決算が終わって気が緩んだのかな。疲れが溜まっていたのだろうか。
鼻水が止まらないと思ったら、熱がかーーーっと上がってしまった。

一昨日から下がらなかった熱も、ようやく二日経って平熱間近というところまで下がった。
平熱に近いところまで下がらないとダメだね。
今回で分かったけど、36度台になったから熱が下がったと思い、活動したらまた簡単に熱が上がるのだ。
ちゃんと下げないといかんのだな。

さて、今日はせっかくの休みで買い物にいろいろ行きたかったのに、こんな調子だったから近場に歩いて行った程度。

この風邪のせいで、考えていたことが全然できていない。
なんだよこの体調は!!!!(怒)

ようやく今はこうやってPCに向かうことができてる。夕方になってようやく--------。

洗濯や掃除は最低限終わらせた。
食材も近場のスーパーで調達した。


考えていたことって、まぁそのくらいの用事なんですけどね。
本当に買いたかったお酒類は重たくて買うのを断念したけどさ。

…所帯じみている??!

よくない!!!!!

これでは「小やすのOL小唄」ではなく、

「小やすの毎日の生活日記・働く既婚者編」のようだ。
(今更気づいたのか?)


そろそろ「小唄」的要素も何か書いていかねばならない。

Q.「小唄的要素」とは一体何か。

A.芸術的なこととか、、生活臭のしないようなこと。


そうなると、三味線のことも含まれるのだが---。

私は故意に三味線のことをここにはあまり書かないようにしている。
お稽古したとかそのくらいならいいけど、詳しくは書かない。
流派とかしきたりとか、とにかくいろいろある世界なようなので、あまり私が自由に書き散らかすといけないような気がして。

言えることは、

今、三味線熱は高いです!!


思い出した、、私の三味線二丁のうちの一丁、、高い方、、革が破れてた…。
張替ないと。

それだけで安くてもン万円かかる。
うえーーーーん!
クッ、、私の三月の残業代から出そう。

それ、仕事頑張ったご褒美にーとか言って、違うことに使うことにしてなかったか自分!!?

うえーーーーん!!

三味線熱も高いけど、維持費も高いーーー!

2014年06月30日

お疲れサマーのビール

先日、折尾の落語会に行ってきた。

このHPの主、勘米さんに連れて行っていただきました。

桂春蝶独演会。

満員のお客様も爆笑の連続。

いやー、落語って本当に面白いものですねぇ(^^)


その落語会に向かう道中の陽気なこと…。


そこでの一言、勘米さんの言葉に驚いた。


※営業妨害ではない。


「俺、落語、そんなに好きじゃないかもしれん」


なんですと??????!
落語をこんなにやっているのに、好きじゃない??!

「落語の後のビールが好きなんよ」

どぁぁぁぁぁぁぁ!なんたる本音!!!

しかしわかる。

そう、風呂上がりのビールが美味しいように、
汗かいた後のビールが美味しいように、

落語の後のビール、これが何より美味しいのだろう。


落語が好きじゃないという言葉については、

恐らく

「落語も好きだけど、落語の後のビールのほうが楽しみ」なんだろう。


それはそうだな。

何もしないで出てくるビールよりも
労働の後のビールの美味さ、これがやっぱり何よりビールを美味しくさせるスパイスのようなものだ。
勘米さんも仕事をして、落語をして、役目を果たして、安心して飲めるビールがお好きなんだろう。


私もストイックに目的を果たし、そのあとに飲むお酒が一番好きだ。
年がら年中、美味しいお酒がただ目の前に用意されても、美味しいと思えないだろう。

だから大がかりな行事の後の打ち上げは盛り上がる。


落語会の後、勘米さんたちとともに、歩いて向かった角打ち。

ここではまだ昼間というのに、20代から70代くらいまでの男性がうじゃうじゃいた。


女性はお店のお姐さんと私だけ。

あー、そうなんだ、きっとここは男性の聖域なんだろう。
私なんか来てはいけなかったんじゃないかな。

でもよそ者の私たちをとても温かく迎えてくれた。

そこで飲むビール(サッポロ・赤星)の美味さ!
たまりまへん、美味しかったなー。

特に労働したわけでもないけどサ。


そこでウォーキングが終わったという方々がビールを、

CMにでもなるんじゃないの?ってくらい美味しそうな表情で飲んでいらっしゃった。


そうよ、これよね。


暑い季節は、冷えたビールをキンキンに冷やしたグラスに注いで。


お仕事、皆様お疲れ様です。

About 2014年06月

2014年06月にブログ「小やすのOL小唄」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2014年05月です。

次のアーカイブは2014年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32