« 赤と白に分かれ歌う合戦終わりゃ | メイン | わかるよなぁ、酒よ… »

ゴールが見当たらず迷走するナイアガラー

大瀧師匠がお亡くなりになり、ボンヤリ考えこんでしまう。


無気力状態。

人生の目的を失ったような。


ミュージシャンの曽我部恵一氏は、憧れのバンドはっぴいえんどの松本隆氏、細野晴臣氏、鈴木茂氏にサインを貰い、最後に大瀧師匠にサインを貰おうとしたら、

それで揃って完成してしまうと、つまらないから

と、大瀧師匠はサインを拒んだという話を聞いたことがある。

わかるーーーー!

その大瀧さんの気持ちがわかる。
また捻くれ気味の解釈も大瀧さんらしくていい。


コンプリート完成してしまうと達成感はあるけれど、その次はなくなってしまう。
目的がなくなるよりも、常に足りない状態で憧れや目標を抱き続けて生きていくほうが、日々楽しいのかもしれない。満足する直前のワクワクが私は好きなんだが、それと同じかな。例えば大晦日が好きなのもそれと同じ理由なのかもしれない。クリスマスイブの盛り上がりとか。


でもそれは、いつかは達成出来る、してみせる!という気持ちがあるからこそなんだ。


大瀧さんがいないと、永久に目的は達成出来ない。

これから何を私のやる気にすればいいんだろうか。

仕事や遊びやら、楽しい毎日の中でも、なにかしら物足りなさを感じてしかたない。


私は今後の人生で、こんなに熱中する人物に出会えるかなぁ…。
元々熱しやすく冷めやすい。
大瀧さんも五年周期で飽きると仰っていたな。
私もいろいろ五年以下で飽きてるが、大瀧さんは飽きない。
いい声だなぁ………


ナイアガラカレンダーを聴きながら想う。

私どうすればいいんだろう。


やっぱり東京に行けばよかった。

珍しくとてもネガティブな終わり方だな。

コメントを投稿

About

2014年01月07日 20:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「赤と白に分かれ歌う合戦終わりゃ」です。

次の投稿は「わかるよなぁ、酒よ…」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32