« 2013年12月 | メイン | 2014年02月 »

2014年01月 アーカイブ

2014年01月02日

赤と白に分かれ歌う合戦終わりゃ

新年、あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


実家で食っちゃ寝のお正月。
無茶苦茶ダラダラしとります。
美味しいおせちを食べて、お酒を飲んで、グーグー寝るばかり。


いかんいかん、実家に置いている私の宝物を引き上げねば。

大瀧師匠のレコード達。
はっぴいえんど時代からナイアガラ関連。

久々に広げる。
うわー、私こんなに持ってたんだなー。

レコードを聴くための機材が新居にはないが、手元に置いておこうと思う。


なんか気持ちが晴れない。
どうも心がモヤモヤする。
大瀧さんが亡くなって、いつ追悼番組をどこのチャンネルでやるのか気が気でない。
ラジオで特集するだろうし、雑誌にも取り上げられるはず。
とにかくスポーツ紙は買った。

こんな事でメディアに注目されるなんてーーーー!
チクショー、ミーハーな奴らに大瀧さんを語らせないぞー!!!


こんなモヤモヤした年明け。

あ、でも良い事がありそうな年明けだったのだ!
おみくじ引いたら大吉だった。

この幸運はきっと皆様にも届きますよ。

午年ですから、何事もウマくいく!

そう信じて駆け抜けましょう!

2014年01月07日

ゴールが見当たらず迷走するナイアガラー

大瀧師匠がお亡くなりになり、ボンヤリ考えこんでしまう。


無気力状態。

人生の目的を失ったような。


ミュージシャンの曽我部恵一氏は、憧れのバンドはっぴいえんどの松本隆氏、細野晴臣氏、鈴木茂氏にサインを貰い、最後に大瀧師匠にサインを貰おうとしたら、

それで揃って完成してしまうと、つまらないから

と、大瀧師匠はサインを拒んだという話を聞いたことがある。

わかるーーーー!

その大瀧さんの気持ちがわかる。
また捻くれ気味の解釈も大瀧さんらしくていい。


コンプリート完成してしまうと達成感はあるけれど、その次はなくなってしまう。
目的がなくなるよりも、常に足りない状態で憧れや目標を抱き続けて生きていくほうが、日々楽しいのかもしれない。満足する直前のワクワクが私は好きなんだが、それと同じかな。例えば大晦日が好きなのもそれと同じ理由なのかもしれない。クリスマスイブの盛り上がりとか。


でもそれは、いつかは達成出来る、してみせる!という気持ちがあるからこそなんだ。


大瀧さんがいないと、永久に目的は達成出来ない。

これから何を私のやる気にすればいいんだろうか。

仕事や遊びやら、楽しい毎日の中でも、なにかしら物足りなさを感じてしかたない。


私は今後の人生で、こんなに熱中する人物に出会えるかなぁ…。
元々熱しやすく冷めやすい。
大瀧さんも五年周期で飽きると仰っていたな。
私もいろいろ五年以下で飽きてるが、大瀧さんは飽きない。
いい声だなぁ………


ナイアガラカレンダーを聴きながら想う。

私どうすればいいんだろう。


やっぱり東京に行けばよかった。

珍しくとてもネガティブな終わり方だな。

2014年01月13日

わかるよなぁ、酒よ…

眠たい。
今日も祝日なのに早起きしている。
洗濯物を回しながら、テレビを見ようと思ったけどなんかそういう気分でもない。

この頃よく飲むようになった。
飲まなきゃやってられないという気持ちではなく、お酒が美味しいから飲んでしまう、
ただ、たくさん飲みたい♪
という気持ちなのだ。

日本酒もワインも美味しくて仕方がない。
やばいな、平日はストイックな生活を送っているけど、休日前から休日は飲む飲む。
やばいな、何がやばいって、……


一応日本酒党の私は、純米酒にこだわっている。
そんなにこだわる必要もないかもしれないが、混ぜものは嫌なのだ。
醸造アルコールも入ってほしくない。
最低限のこだわりは他にもあった。

日本酒は瓶入りのものを買う!

この頃行きつけの安売り酒屋さんがあるのだが、
そこに頻繁に通うようになってしまうと、行くのも面倒だしゴミも増える。

さらに


やっぱりお金がかかる!!!!(泣)

これだよ、これが一番の問題なんだよ!!!!!!!!


酒屋さんに行くとテンションが上がってしまう。
銘柄や味わいを見入ってしまって自分でニヤニヤと、予算内のお酒を選んでしまう。
予算内ではあるが、5合瓶。

そう、結構早くなくなるのよーーー!


これは切り詰めなければいけないところ。
なので紙パック入りの日本酒を買いました。シブシブ。
しかしこだわりどころの純米酒ではある。
内容量がドーーンと瓶より増えて、お得感もドーーーン。
よかった、こんなに飲むならこの程度の金額のものじゃなきゃダメ。
大富豪なら、ドンペリだろうがバローロだろうがクリュグだろうが毎日飲めるでしょうが。

「お得」という言葉が大好きな私。
家で湯豆腐に煮魚などで熱燗でその紙パック日本酒を飲みましたよ。

これで飲むのを我慢しなくて済むな~♪

調子に乗って飲むと

紙パックの日本酒1.8ℓ入りも、もう半分になってる!

一日で!!

ショック。


また安い紙パック純米酒を買いに行かねば。

私の薄っぺらいこだわりの、純米であること。
これだけはこだわっていきたい。

特別な日には特別なお酒は飲みたいので、美味しい日本酒寒北斗と司牡丹はある。

飲みすぎには注意だな。

相方さんより、私のほうが酒代かかる飲み方をするから要注意。


2014年01月25日

喋り上戸

先日、会社の新年会があった。
その時にとある件で数名、壇上に呼ばれて御祝いをいただくことになり、私がその代表として挨拶をせねばならなくなった。
新年会の始まる直前に、本部の司会の方に言われて初めてそれを知った。
何か適当に挨拶をしなければならない、さらに結婚の報告もその場でしてほしいとのこと。

新年会のはじまりではなく、途中くらいに盛り込まれた。
もう飲み始める。全く、一切、何を話そうとか考えずに飲食を楽しんでいた。なんか喋れるやろう。


そしてお呼びがかかり、マイクの前に。

お酒が入っていると、私は何故あんなペラペラ喋るんだろうか。
いや、長々と話したわけではないが、新年の挨拶や今年の抱負、結婚の報告をユーモアを混ぜてサラサラと話したのだ。
会社の人から、おお〜、と言われて、
「フフフ」とほくそ笑む。


我ながら、「ペラペラ喋るなぁ」と内心思いつつ。

新年会は会長の隣の席で、会長の寒過ぎるダジャレに付き合い続けた。延々。
それを遠くで聞いていた女性に、
「よく相手してあげられますね…」
と言われていたらしい。


その日は二次会まで行って帰り、会社の経理の女性と来週飲みに行きましょうと約束をした。


そしてその飲み会。


小やすさんって、ああいう時よく喋れますよね


と言われた。

うーん


確かに私は新入社員の頃からなぜか、飲み会の〆の上司の挨拶の直前に、何か話せと言われて話すことが多かった。

なんで私よ!他の先輩とかにふられることは一切ない。後輩が出来ても私ばっかり!
いつもではないから用意もしてないのに。部署の人たちだけではなく、取引先の人たちも来てる飲み会なのに。


それで度胸はついたのかなぁ。

あと、落語が好きだから、なんとなくそういう影響もあるかも。

しかし重要なポイントがあった。


その経理の女性と話してた時は思い出せなかったが、私が饒舌になるのは

酔っ払っている時。


だからなんだな……

About 2014年01月

2014年01月にブログ「小やすのOL小唄」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32