« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月 アーカイブ

2013年11月02日

ひどい嫌がらせ

コメントいただきました勘米さん、なぎさ号様、ありがとうございます。
あまり実感はないのですけどね。
今後とも私どもをよろしくお願いします。


さて、いきなり寒くなった福岡。
秋の寒さはこんな感じだったのか忘れていた。


日々満員電車に揺られて通勤している。
電車の中は快適だ。
ジャケットなどを羽織る人が増え、また車内はクーラーがついてるときもある。

ある日ボケーっといつも通り私は電車に朝乗車した。

座席は満席。つり革は2割くらい埋まってる程度。
ドア近くのつり革につかまり、スマホをボケーっといじっていた。
別の駅で人がどわっと入って来て、私はつり革を離した。


その時、
手がベタついたことに気付いた。

え?!


つり革を見ると


なんと、ガムが付いてた。

ベッタリと。
わざと付けたに違いない。
わざとではないわけがない。


ひどい!
なんてイタズラだ。
最悪だ。


ティッシュか何かで拭き取りたかったけど、人が増えてあまり身動きがとれない。
そのままにしてしまった。


その後私は目的地で下車し、すぐさまトイレへ行き、手を石鹸で洗った。
私の後にもきっと被害者は出てるだろうな。

まったく、ひどい奴がいるもんだ。

昔、通勤で歩いていたら、マンションの2階か3階から、唾を吐きかけられた事がある。

放火したろか!!!と思うほど腹が立った。

なんでこんなアホみたいなことするアホがいるんだろう。

2013年11月04日

仕事にプライベートに忙しい小やすの、ファッションダイアリー♡

オシャレに疎い私だが、一応女性ファッション誌を定期購読している。
友人に言わせると、そのファッション誌を読んでいると匂わせるコーディネートを私はしているらしい。
お手本がこの雑誌だからね。
そりゃ物は違う。高い服をいちいち雑誌通りに買いはしない。
買えない。
そんなことしてたら破産してしまう。
似たような服で安いのや、今ある服で着回し出来るものでしか無理だ。


ファッション誌にありがちな、

着回し一ヶ月ダイアリー

これが私の雑誌にも載っている。


トップ十枚、ボトムを七枚程度で、靴も五足くらい、あと小物やヘアスタイルで印象を変えて、どれくらいアレンジできるかを、日々の女性の日常に合わせて日記のようにしたためてある。

毎号載っているのだが、それがまぁ浮世離れというか、憧れる世界なのか、あり得ないような設定で面白いのだ。

例えば、
女性主人公の設定が、デザイン事務所勤務。28歳くらいで毎日打ち合わせや残業で忙しい。

彼氏、大学時代からの付き合い。商社勤務。とにかく優しそうで金持ちそう…。

彼女目線の毎日。


一日…月曜朝からのミーティングに備え、眠たい目をこすりながら、スタバでカフェアメリカーノを買う。事務所に向かう途中、彼氏詠一君からLINEで『今週も頑張れよ!』って。一気に頑張れそう!

二日…少し冷えた日は、紺色ジャケットで、仕事ができる女を演出☆上司から明日、新規取引先との飲み会があるって言われて、え〜!明日は水曜レディースデイで、親友エミと一緒に『潔く柔く』を観にいく予定だったのにぃぃ。

三日…仕事での飲み会の日は、印象重視でベーシックなキレイ目ラインの黒のスカート。初めての取引先のお偉いさんの中に、1人若い営業の男性の隣に偶然座り、本当は観たかった映画の話に。『実は先週観たんです』って。映画の趣味が似ててビックリ!

四日…昨日の飲み会の帰り際に、営業のあの男性からメールアドレスを聞かれて、仕事に繋がるなら…と思って教えたけど、お昼に届いたメールは、仕事とはあんまり関係ない内容。うーん、どう返そう…。

五日…今の私がやることは、これから手がけるアパレル会社のNEWオープンに使う、紙袋のデザイン!店舗のイメージを壊さずに、フレッシュな感じでって、なかなかまとめられない!午後から図書館に入り浸り!

六日…休みだけどアパレル販売店巡り。動きやすい白のデニムパンツに、パフスリーブブラウスで女らしさも。少しずつ仕事のイメージ出来てきたかも♬

七日…彼氏詠一君と、福岡バル!今日くらい仕事を忘れて楽しみたい!歩き回るにはピッタリのUGGのムートンブーツで、話題のお店の行列に並んでも全然平気!


こんな感じで一ヶ月間ずーーーーっといろいろ書いてある。

あり得ん…。
と、思っても全部読んでる。
笑えてしまうのだ。
私が書いた例文以上に華やかでリッチな日々を過ごす。
ないわー。
そんな仕事してないしさー。


実録、小やすの一週間


一日…月曜日…眠い…起きたくない…でもお弁当作らないと…。と、渋々早起き。会社で私をイラつかせるメモを発見。昼休憩だけが憩いの時間。

二日…火曜日は朝から忙しい。順番に仕事をこなしているのに、横ヤリが入りイラつく。そんくらい自分でやれよ!と思う。今日履いてきたジーンズのウエストがきつい。太ってきてる…


三日…朝の服選びに失敗し、こんな寒い日なのに1人寒そうなペラペラのシャツ。仕事では急な見積にてんやわんやだったのに、結局発注は検討させて下さいって!!おい!!!!入札制だったならそう先に教えてくれ!!!!!


四日…今日はお稽古なのでスカートを履いて出勤。黒ストッキングを履いたら、新品なのにもう指先に穴が空いた。誰か穴の空かない、伝線しないストッキングを教えてーーー


五日…花金だ。しかし予定ナシ。チッ!そんな日の服装は力が特に入らない。あ、この着回し月曜日と同じかも。仕事だけはマッハで終わらせて、家で飲もう!


六日…土曜日!休日!ヤッホー!眠れる!と、いう日なのに町内会の清掃作業の日。頑張って出向いたら、なんという出席率の低さ!ええええー!こんなやる気十分ファッション!日焼け対策バッチリなのは私一人…。


七日…日曜こそたっぷり寝たいのに、相方が六時起きでTVを見始めたため起きるハメに。勘弁してくれ!今日くらい一日パジャマで過ごさせてくれーーー!

これがリアルな私の日々だ。


彩りがない……

2013年11月19日

肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉

疲れが溜まっているな。
思いっきり何時間も連続で眠りたいけど、なかなかそうもいかない。

しかし大きなイベントが二つは終わった。
なので気はまた楽になった。
年末までの気がかりは、年賀状ともう一つだな。
それはいいとして……。


昨年の今頃はガリクソンだったのに、今の私は人生最大のデブッチョになってしもうた。
わかる、この顔の丸さ。
腹回り、下半身、二の腕、、ガッッッッカリ………

なんでーな、どしてーな。
私そんなに動いていないわけでもないでしょ。
万歩計では一万歩超える日もあるのに、そんなにカロリー摂ってるかなぁ。
間食してるかなぁ、してるけど、そんなに高カロリーなものじゃないと思うんだけどな。

追い打ちをかけたのは、旅行だ。
海外へ私は逃亡していた、仕事から逃れるために。いや、嘘。
わかりきった嘘を言うな!
ハネムーンというものだ。
そこでの高カロリーな食事、食事、食事、食事、機内食、機内食、機内食。
そら太るわー。


私は貝のアレルギーがあるので、旅行代理店の人にその旨伝えていた。
それが航空会社にもちゃんと伝わっていたので、私は特別機内食を毎度いただいた。
豪華なメニューが特別だというわけではなく、一切魚介類を使用していないメニューなのだ。
貝だけなんだけど、どうやら英語では貝だけを指す英語がないらしい。
魚介類になってしまうんだと。
細かく説明をしなければならなくなる。
魚やカニ、エビ、イカは大丈夫だけど、ムール貝や牡蠣、アサリはダメ、と具体的な説明が必要となるのだ。

私は英語堪能な友人の協力で、そういう英文をカードに書いて用意していた。アレルギーのある人間なら、当然しなければならない用意だろう。
しかし機内食は事前に支度をしてるから、貝=魚介類となり、私はずっと肉肉肉肉肉肉、の機内であったのだ。


特別機内食というのは、私のためにあるわけではない。
宗教上食べられないものがある人達へ対応しているし、病気のために塩分などの制限がある人にも対応している。
特別機内食は、食事の時間になると誰よりも早く優先して配られる。
まさに特別扱いだ。
なので普通食の相方よりも30分程度早く、私は食事にありつけるわけだ。


肉肉肉肉肉肉肉肉、の生活を送り、日本食が恋しくなった。

塩ジャケにお味噌汁とご飯が食べたいよーーーー!


帰国し、最初の食事はご飯に味噌汁に納豆だった。
粗末な食事だ。
旅行前に冷蔵庫は空に近い状態にしていたので、保存出来ていた食材でたけで作った。
それでも、

あーーーーーーーーー…
美味しいーーーーーーーーー…


と思えた。
和食がやっぱり日本人の体に合うものだわーーー。


海外では海外での食生活を味わった。
美味しかった。
生活できるもんだなと思った。


でもやっぱり和食だ。
海外でも人気だった。
外国人が箸を使ってモリモリ食べてるの、面白かったな。

あ、和食という位置づけではないのかもしれないが、日本のカレーも食べたくなった。


帰国以来、ずっと和食の我が家。

和食なら一生続いても構わない。

2013年11月20日

いい雨

私は今まで自由に飲みに行って、終電で帰ったりしていた。
それが出来なくなったわけではないが、お誘いは激減した……。
まぁそれはそうだな。周りが気を遣うわな。

共働きの夫婦というものの生活がどんなに過酷なものか。
女性にばかり家事労働のリスクがのしかかる。
これについては、岩波新書の
家事労働ハラスメント
をご一読いただきたいものだ。


私は家事が嫌なのではなく、一人で背負えるものではないと言いたいのだ。
あ、相方さんが家事に対して非協力的だというわけではない。


夕飯を用意しようとした時に、夕飯いらないメールがきたのだ。

ギリギリ、作っていなかったからセーフ。


なんだが、

飲みに行くの、もう少し早くわかってくれたらどんなに助かるか、考えてもらえたらなぁと思うのだな。


男の言い分とすれば、

仕事だからそんなのわかるわけない

そんなのブツブツ言うな

理解しろ


と、思うのかもしれない。

いいさ、そうでしょう、忙しい仕事だと付き合いも多かったりしますわね。

は〜、、

私だってわかる。
そんな時もある。
断れない時もあるだろう。
まさか率先して言ってたりしないだろう、今夜誰でもいいから飲みに行こうぜーーー!とか。


こうして私は残り物のおでんと、鯵のみりん干しと、野菜の中華風炒めで発泡酒を1人飲みながら、ユニコーンのアルバムZを聴いている。

クー、美味しいなぁ!

1人の晩御飯も悪くない。
鯵のみりん干しが食べたくて仕方なかったんだよな。
煮込んだおでんはあったまる。ルクルーゼで煮込んだからか、とても美味しくできた。
野菜の中華風炒めって、私の手抜き料理の一つでとても好きなのだ。
そして好きな音楽、幸せなひとときだ。
発泡酒より日本酒にしたほうがよかったなとも思いつつ。


ああ、でもきっとこういう時でも恐らく密かに思ってるんだ、

こんな時にあの娘がいてくれたらなぁ、

と大瀧さんの曲のタイトルのように。

奥田民生氏が作った

いい雨

という曲を聴きながら思う。

2013年11月28日

薬、薬をくれ

今年もそろそろ年の瀬だ。
ようやく寒くてたまらないと思えるようになったと思ったら、悪質な風邪をひいてしまった。

会社でマスクをして仕事の効率も悪くなり、ボヤーっとしてしまう。
熱がある証拠だ。
背中も痛い。
いかん、これは風邪に決まってる。
風邪薬を買わねばいかんのだ。
家にはない。風邪をひかなければいいと思って、買っていなかった強気な私。

そして会社帰りに大手薬局チェーン店に寄って風邪薬を眺める。
私は持病の処方箋を常用している。
それとの飲み合わせを薬剤師さんに尋ねた。
すぐに調べてくれた。

これはダメですけど、これはいいですよ。

あぁ、よかった、そうですか、じゃあそれ買います。


と、私は咳をコンコンしながら帰宅。
寒い部屋で夕ご飯を食べて、さて、薬を飲もう、

と、いう時。

薬を服用する時に必ずしなければならないこと

それは、
用法用量を確認し、箱に入っている説明書を読むこと。


何々……


あ?!

私の持病と診断を受けた人は飲んじゃダメだって書いてあるぞ!!!!?!

薬局や製薬会社に問合せしようにも、もう時間外。
ダメなの?
守らないと悪化したり、副作用や事故が起こりやすくなるって書いてあるしな。


しかし私は風邪の辛さの方が勝った。

風邪薬を飲んだ。そして寝た。


風邪薬の効果をあまり感じられないまま、あまり眠れない夜が明けた。


多少は自力で熱が下がったが、まだ熱はある。
うー、キツイ。

朝は薬を飲むのをやめた。
かかりつけの薬局に問合せて、会社で飲もうと思った。


そして出勤したら、薬を家に忘れてくるし………。


一応かかりつけの薬局に電話をしたら、昼頃薬局から伝わったらしく、かかりつけの専門医から電話がきた。


結論、風邪薬を飲んでも大丈夫。

私の持病がまだ安定せずに、症状が出ている状態だったら、飲んではいけないそうだ。

私は数値も安定しているから、問題ない。


よかったー♫
無駄にならなくて済んだ。
しかし家に忘れてきたので薬を飲めない。


早く帰宅して、薬を飲もう。


About 2013年11月

2013年11月にブログ「小やすのOL小唄」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32