« 2013年05月 | メイン | 2013年07月 »

2013年06月 アーカイブ

2013年06月01日

オラ東京さ行くだ

大滝師匠に会わねば死ねない!


私は突如、いや、前々からそう思っていた。
会いたい会いたいと思っていても、もしかすると大滝さんが飛行機事故に遭うとか、私が自動車事故に遭うとか、世の中何があるかわからない。


どうすればいいんだろうか。

会いに行かなきゃいけない。
まずやっぱり大滝さんとお会いして、私は挨拶だけでもしたい!
いつ何時何が起こるかわからないからなるべく早いうちに大滝さんに会わないといけないんだ。

これは昔っから考えていた事だ。

どうにか自力で大滝さんと会えたら、それだけでいい。
どうすればいいんだ。
東京に行くしかない。
二泊三日くらいでは無理だ。
もっと長くかかるから、じっくり探せる準備をせねばならない。

この話をNさんにした。


いつか東京に、約一ヶ月ほど一人で行きたい…行かせてほしい。
滞在費は自分で捻出する。


と。

Nさんにキレられてこの話は終わった。
けちょんけちょんに言われて強制終了。

わかってくれとは言わない。

ただ、黙って許してほしい。
こんなオタクだということを。
一ヶ月もかからないかもしれない。
私が大滝さんと会えれば人生の目標の一つは達成出来るんだ。
ダメですかー?

これがダメならずっとNさんを恨むだろうと言ったが、聞いてはくれず。


甘い!
とか
私の親に言ってやる!
とか。

ついには
行けばいーやん!

と言われる始末。


もっとさぁ、
わかった。寂しいけど行っておいで。
って言ってくれたら、私も少し悪いなと思いながらも、

ありがとう、行ってくるね♪
ってなるのに。


行きゃーいーやん!

となると


ああ、行くクサ!

となるわな。
帰りに遠回りして、更にフェリーで帰ったりするわな。船酔いするけど。

会えたら、本当に大滝さんに会えたらどうしよう!


この気持ち、
プライスレス

2013年06月05日

やめてほしい

やだー。本当嫌なんですけど。


うちの事務所の外壁に、とある政党のポスターが何枚も貼られた。


貼ったのはうちの部長。


やめてー。
その政党の党員の事務所みたい。


政治のことやらあまりわかってないけど、会社でその政党を指示してるかのような印象を与える事はやめてほしい。

言えないけど。


いつか得意のラクガオしといてやろうかいな。
いけない事だとわかっちゃいるが、そう企ててしまう。


選挙近くなると、部長はいそいそとポスターを貼る。
昔なんて社内に貼ってたかな。

部長は応援してるんだろうけどさ、みんな結構冷ややか。


昔近所の人から、

ああいうポスターはやめた方がいい、自分は支持していない政党だし、会社のイメージも変わる。

と、言われたらしい。


それなのに貼る部長。

やだー。
この事務所、普通の会社なんですよ。
この政党を支持する団体の事務所じゃないんです。


うちの事務所で働く人全員が支持者と思われるのが、本当に嫌。

2013年06月11日

入浴シーンに欲情

普段は私はドラマを見ないのだけど、ケツメイシの曲がエンディングで使われてると知ったので思わずチャンネルをそれにしてみた。


木曜日、夜9時からテレ朝系

ダブルス


伊藤英明と坂口憲二の刑事ドラマ。


内容をダラーっと見てた。
坂口憲二は前から結構好きだった。
あんなスーツ着たサラリーマンが、うちの事務所に現れたら……

あたしゃきっとすぐに応接ソファーへ坂口憲二を座らせて、上司秘蔵の玉露を時間をかけて丹精こめていれて、お出しするだろう。


そんなことを友人Mと妄想する程度に好きだ。

あまり面白くないなー。
と、テレビを見ながらMとメールし始めた時!


なんと伊藤英明と坂口憲二の、2人のシャワーシーンが出た!!!


瞬きもせず、見てしまう私。


……イ、、、イイ…!!!!!


即、Mに坂口憲二のシャワーシーンのメールを送る。
すぐにMから悶絶メールが返ってくる。

2人のシャワーシーンがいいのではない。
坂口憲二の上半身が素晴らしいのだ。
焼けた素肌、引き締まった肉体、、、、

クーーーーーッッ!♪( ´▽`)


この番組は、この2人のシャワーシーンを目玉としてるらしい。
毎回2人の裸体が拝めるというわけだ。


それを聞いたら、

それって
水戸黄門の由美かおる目当てで見てる殿方と同じってこと?!

と、思った。
【答え:同じである】


一応言っておくが、
私は別にそんな目で男性を舐め回すような視線で見てるわけじゃない。
この人の胸板は…オホホ…と、思ってるわけじゃない!

しかし坂口憲二の裸体、、
これだけで美味しくお酒が飲める。

2013年06月17日

爽やかサワー

二人会の後打ち上げがあり、それも終わって落語会の人たちと別れ、また飲みに行った。


博多駅で飲んでるとこに駆けつけ、改めてまた乾杯する。
打ち上げでも結構飲んでいたのに、ここでもたんまり飲むのか?
いや、そんな飲めない。
生絞りグレープフルーツサワーで、一次会で食べた焼きちゃんぽんのニンニクを爽やかに消してもらいたい。

ヤンヤン盛り上がる店内。

そのうち白ワインのボトルに変わり、私の友達も盛り上がる。


久々に飲み会のハシゴをしたけど、意外に体は持つもんやな。

飲み過ぎず、胃腸に食べ物もたくさん入っていたからだな。


打ち上げでは生ビール二杯に瓶ビール二本、あとレモンサワー。

ここ数年サワー系は避けていたけど、酔いを覚ますのにはいい気がする。酸っぱいレモンかライムに限るが。


そう言えばこの頃はバーに行ってないな。

バーでブランデーのボトルキープしていたあの頃。
なんであんなにお酒にお金をつぎ込めていたんだろう?
今ではブランデーなんて、高くて頼めない。

2013年06月20日

^^;(^_^;)(^◇^;)(^^;;(⌒-⌒; )(~_~;)(-。-;(・・;)(・_・;

仕事の繁忙期もようやく、本当にようやっと終わってくれた。

決算が終わった。


今年の決算も例年通り忙しかったが、途中親戚が亡くなり忌引で休み葬儀へ行ったりしたので、さらにバタバタ慌ただしかった。


年が明けて二月から忙しく、ようやく六月でそれもひと段落したわけだ。

私、よく頑張った。
もう頑張りたくない、頑張れないと思ったこともしばしば。

自分にご褒美をあげるなら、、そうだなぁ。

今の私が一番喜ぶもの、それは涼しさかな。


とにかく暑くて暑くてたまらん!
この蒸し暑さ!


今年の冬は、なんとヒートテック系のものを着ない冬だった。

世にいう女性の冬の防寒下着、ババシャツ(長袖インナー)も着ない、貼るカイロもほとんど不要という、前代未聞の冬を越した。


会社の人達は寒い寒いと言っていたが、室内でカーデガンも着ずに平気な顔をしていたのは私1人。

ま、暑がりというのはバセドウ病の特徴なので私がおかしい。


こういう寒い冬はいい。
どっちかというと冬がいい。
そうだ、冬ならどんと来いだ。

この暑くなってきた今、ものすごく辛い。
暑くて暑くて汗がドンドン出て体力を奪われる。


特に首顔頭の汗かきっぷりはヒドイ。

よくおじさん達が首からフェイスタオルをかけてる。
いやー、おじさんクサイー、と思ってたけど、今ならその気持ちがとてもよくわかる。
首からタオルかけたい!
化粧なんて朝出勤する間に落ちる。テカる!

こんなに汗をかくから、本当はギンギンに冷えた部屋にいたいけど、やれエコだ、やれ省エネだ、と冷房の設定温度がやや高めに設定されている昨今。


本当に涼しいのは勘米さんのダダすべりのギャグだけ…

いやいや、
涼しい場所なんてあまりない。

私も会社では事務所内の経費を扱ってるので、節電節電と使用しない明かりは消している。
夏はその方が涼しげでいいし。


エアコンは他人に任せる。
私がやりたいようにしたら、みんな凍りつくだろうから。


特に私の周りの先輩方は冷え性で、夏場でもカーデガン着てたりするし。
暑いのは私1人なんですね。。
伝票整理しては汗をかき、書類作成しては汗をかき、電話をしては汗をかき、ご飯食べて休憩してはしこたま汗をかく。

夏場はハンドタオルとハンカチをそれぞれ一枚ずつ持ち歩く。


きつい。
こんなに汗っかきなの、恥ずかしい。
そんなにたいした動作をしていないのにダラダラ汗を流してるの、女性としてはなんかイヤなんだ。

それに疲れる。
汗をかくととても疲れる。
ハードに動いたらさらに疲れ果ててしまう。
これじゃまだ梅雨明けもしてないのに、夏バテするのは目に見えてる。


ご褒美は涼しい夏!
冷夏となると農作物に影響もでるからよくないけど、猛暑は勘弁してほしい。


世の男性を見てると、クールビズやスーパークールビズだから開襟で過ごせてる方も多いようだが、まだジャケットを着たりしなければならないシーンもあるだろう。
たまらんだろうなぁ。

とにかく暑過ぎない夏になりますように。


2013年06月24日

笑えるならそれでいい

面白い事があったんだけどなぁ。
友人Mとともに、
この面白さ、伝説やね!
と言ってるんだけど
これは私の事ではないからここにUPできない。
あー、残念過ぎるー。
こんなに面白い事は滅多にないと思うのにー。


あまり引きずると、本人(Nさん)に怒られそうだから、これ以上言うまい。

友人Mと、Nさんがついにご対面となったエピソードなんだけど、それがなんとも笑えてしまうのだ。
会わせようとしていたわけでもなく、偶然というか、仕方なしにそうなったというか。
MもNさんもあまり顔を見ていないらしいんだけど。

あー、笑った笑った。
いやー、思い出しただけでも笑える。


笑い話になるんだからいいんだ。
うむ。


笑えるか笑えないか、で思い出の位置が変わってくる。
笑えるんだからいいの。
Mもそれでいいって言うんだし。

2013年06月27日

健康診断、かかってこいやー!

先日会社の飲み会があった。
その二日前には友人と飲みに行ってた。

結構とばして飲んでも、悪酔いしなくなったぞ!
肝臓の調子がいい、本調子にほぼ戻ったくらいに感じられる。

よかった。
お酒飲むなら楽しい時間が長くないと。
酔っ払ってきついきつい言う時間ばかりが長いのでは、何のために飲むのかわからない。本末転倒。


そんな肝機能自信ありの私の、年に一回の試練が訪れる。


働く人間の権利、会社の健康診断の季節でーーーーす!

注射と点滴大っ嫌い、手術なんてもってのほか、の私だが、健康診断は結構好きなんだなー。


元々アンケートに応えたりするのも好きだし、心理テストも好き。あなたはこんな傾向です、みたいなの知りたいタイプ。


なので健診で自分の大まかな体の状態を知れるのが嬉しい。

本音を言えば、採血と血圧はあんまりしたくないんだけど。
血圧計のあの腕の圧迫が好きじゃない。
しかし持病のせいで病院へ定期的に通院することになり、採血と血圧は切っても切れない縁となってしまった。
毎度毎度採血時に看護師さんに、あーやだー、あー、あー、あー、と、ため息と愚痴をもらしてしまう。


そんな話をしたいんじゃない。

健診のためには私はズルいと言われようと、一週間くらいは節制する。
最高の数値をたたき出すために、例年のようにストイックな生活を心がける!
特に肝機能については、社内一の数値で終えたい。(?!)


本来持病があるから、本当の健康体とは言えないのだろうが、上辺だけの?健診の結果でもいいんだ。


いつから私は健診にここまで情熱を燃やすようになったんだろう。


目標は当然、異常なし。
毎回異常なんてありゃしない。
そして、肝機能の数値が、前年に比べより良く!


問診票には事前に結構ネガティブな事を書いたりするのに、結果異常なし。


このままイケイケ!
健診は私の楽しみなイベント。

2013年06月28日

ヒーローになる時、それは今

決算が終わっても、月末と月初はそこそこ忙しい。


お客様に電話をかけたら、今から出かけるからすぐに集金に来てほしいと言われ、慌てて向かおうと外に出たら小雨がぱらついていた。


置き傘のボロく錆びたビニ傘をさし、小走りで近くのお客様の法律事務所へ向かう。

その途中、私がいる歩道の反対側の路側帯に二人の男性がいるのが見えた。


一人は私服のおじさん。
もう一人は若いサラリーマン。
若者が乗りそうなタイヤの小さい自転車がある。
おじさんは地面に座り込んでいる。
よく見ると、おじさんは額から、腕から、足から血を流している!

え?!???


サラリーマンはケータイをかけてる。


なんだこれ?!
事故か??!
事故がおきたばっかりなのか、人だかりなんてなく、その二人がそこにいるだけ。


しかし私はお客様との約束があるので、野次馬的な事は出来ない。

不思議な光景だなと思いながら、チラチラ見ながらもその場を走り去った私。


もし、あのままあのおじさんが亡くなったらどうしよう、と少し良心が痛む。


集金を終え、またそこを通りかかると、まだその二人はいた。
雨も大粒になってきてる。
その二人は雨にうたれたままだ。


どうしたんですか?
と、私はついに対面の歩道から声をかけた。

きっとサラリーマンが無謀なチャリ運転で歩行者に激突したんだろう。
それかおじさんがチャリに乗ってるところに、サラリーマンがパッと現れてふらついて転けてしまったんだろう?
どっちにしろ私はサラリーマンが悪人と思って話しかけた。


するとサラリーマンは、


この方が自転車で転倒されてですね…、今救急車を呼んでるところなんです。


かすかに聞こえ始めたピーポーピーポーというサイレンの音。


あら?!
あなた、良い人なのね!!


おじさんは血を流したまま、動けない状態みたいだ。でも意識はある。座ってボンヤリしているように見える。きっと痛みと、転倒した事への動揺だろう。わかる、私も先月そうやって……アワワ。

これは下手に素人が何かするより、救急車がもうすぐ来るならそれに任せた方がいいだろう。


そこで私はサラリーマンに、


この傘、どうぞ。
私会社が近くなんで。ボロい傘ですし、そのまま処分しても構いませんので。


と、私は小汚い傘を差し出した。


サラリーマンは少し遠慮したものの、下に座っているおじさんをずぶ濡れには出来ないので


あ、すみませんありがとうございます、救急車が来るまで、お借りします。


いや、もういいですよ、差し上げます。それでは。

と、言って、爽やかな足音だけを残し、私は雨が強くなってきた中を走り去った。


紳士やーーー!
自分、イイーーーー!ナイス雨降りの傘渡しーーーー!
これは恋が始まるシチュエーション!!!!


クーーー!
あー、あたしが男で相手が若い女だったら!


と、若干自分に酔っていた気もするが、自転車転倒の痛みを知ってる私は血まみれになってる人を見捨てられない。


立てないって事は足、折れてるかもしれない。
頭から血が流れてるんだから、頭を強打して意識がもうろうとしてるかもしれない。


一番のヒーローは、そのサラリーマンだ。
私はその場をドラマチックに去ったけど、若いなかなかイケメンに見えた彼はどうしたんだろう。


救急車が到着して救急隊に状況を話して、そのまま別れたかな。


ヒーロー気取りの私はその後が気になる。

2013年06月30日

持病突然再発

あんなに元気だったのにぃぃぃ。


あんなに健診に自信があるとか言ってたのに。
あんなに雨の中全力疾走してたのに。
あんなにもりもりお菓子食べてたのに。

突然持病再発。


なんでーな。
どしてーな。

暑さに負けるこの病。
梅雨の蒸し暑さからか?
ストレスが原因とも言われるこの病。
六月は無茶苦茶忙しく、イライラしてたからか?
さらに激しい運動は控えないといけないこの病。
先週はちょっとハメを外して飲み過ぎたからか?!

思い当たらないこともない。


徐々に悪くなるって事が出来ないのか?
一気にキツイ。
起き上がれないくらい頭が痛いのが一番だな。市販の鎮痛剤が効かない。
ゼーゼーする。苦しい。
暑がるのは梅雨入りする前からだけど。お腹の調子も悪い。
気持ちが悪い。吐き気がある。
眠っても回復しない。


予定があるのに!

てことで、自己判断で薬の量を増やした。飲まなくてよくなった薬も再開してみた。
そして少し強い鎮痛剤も飲んだ。
服用後、自然に眠れた。

起きると、頭痛がなくなってた〜!

よかった〜T_T
薬で抑え込んでるだけだが、このままじゃ家から出られない。
仕事にも支障が出そう。
薬が効いたということがよかったんだ。
あー、一安心。
体に無理をして更に悪化させてはいけないから、当分(二ヶ月)来なくていいと言われた病院に行かないとな。


偽りの元気は、やっぱり偽り。
頭痛がなくなって動けるようになったけど、まだゼーゼーしてる感じはする。


薬の力に頼らずに生きることは、この病では簡単なことではないのかな。


ガッカリ………

About 2013年06月

2013年06月にブログ「小やすのOL小唄」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年05月です。

次のアーカイブは2013年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32