« 忙しさの宵の口 | メイン | イライラを克服する方法 »

カラオケのど自慢

私は結構カラオケに行く。
大体友人Mと。Mと行くのが1番楽でいい。
アホになれるしお互いの好みはわかっている。
思い出の曲になってしまい、封印した曲もいくつかあるな。

岬めぐり……

この曲はMが歌うのだが、私が歌わないでほしいと頼む曲。
封印してもらった。
いい曲。すごく好きな曲だったが、これは封印したほうがいいかなと。

と、言いつつMは稀に歌ってるか。

先日、久々登場のNさんと夜、仕事の後飲みに行った。
一仕事終えてのビールは美味い。

話の流れでカラオケに行く事になった。
Nさんとカラオケに行った事ももちろんある。
前回のカラオケなんて、ケンカ?してるのに2時間私語なしでカラオケだった。
とにかく歌う。後はシーーーン。

そんな事を思い出して笑いながら、なぜかNさんはカラオケで私に挑戦的な発言をし始めた。

は?

私にカラオケで勝負しようというのか?

どうやらそうらしい。


ほほう??勝てると、言うのか???Nさんよ、私に勝つと言うのだな?!
なるほど、わかった、気は進まないがその勝負、受けてたとう。


なんでそんな勝負をするようになったか、本当にわからないが、そんな話になったからそうするしかない。


お酒が少し入っている私たちは、近くのカラオケ屋さんの結構いい部屋(団体用の少し広い禁煙ルーム)に行き、紅白歌合戦を始めた。


先攻私。
後攻Nさん。


私は喉ならしにオハコのユニコーンの与える男。
軽い〜。楽に歌えて好きな曲。
そして点数は、91点。

うーん、そんなもんか。


そしてNさん、

なんと命知らず。
私の魂、大滝詠一師匠が作曲したバチェラーガールを一曲目に入れおった!!!!!


その時、きっとNさんは気付かなかっただろう。地雷踏んだという事を。

Nさん歌い終わり、86点くらいだったかな。


私は大滝さんの歌を歌われ、導火線に火が点いた。

この勝負、絶対全勝してやる!!!全勝優勝してやる!!!


二曲目からは、私が歌いなれてる男性アーティストの曲ばかり入れた。

Nさんには悪いが、歌への思い入れが違うのだ。
この曲をどれだけ歌い込んできたかと。


どんどん点差をつけ、点数の中間発表!


当然私が勝っている。

Nさんが嘆き始めた。
せこいーー、男の曲ばっかいれてーー。


出た、勝てないから変なイチャモンつけ始めた。


わかった。んなら女性アーティスト歌ったるわい。


それでも変わらない。

Nさんがチェッカーズ歌ったので、私もチェッカーズの別の曲を歌った。


ごめん、私の方が上手くて。
機械がそう判断してるだけかもね!本当はね!わからないからね!

結局私の目標通り、全勝優勝。
紅組の勝ち。
最近のカラオケにはこんな機能もあるもんだ。

負けず嫌いっぽいNさんはまたこの無益な戦いを私に挑むのだろうか。

気が乗らない。
またコテンパンに負けさせてしまうだろう。

大滝詠一さんの曲には手を出さない事。
これが私の怒りを買わない方法だ。


でもハンデはあげたつもりなんだけどな。
昔大滝詠一さんの曲で、100点出したことがある。
その曲は歌わなかったし、大滝詠一さんの曲自体一曲も私は歌ってない。
そんな上手く歌えないけどね…(嫌味!)

今度Nさんとカラオケに行くなら、戦わず楽しく歌いたい。


私も負けず嫌いなのでね。

勝ち逃げ、ぶっちぎりで勝っているこの状態がいい。

コメントを投稿

About

2013年03月04日 21:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「忙しさの宵の口」です。

次の投稿は「イライラを克服する方法」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32