« 懐 | メイン | それでも母は »

自己満足的イケメンパラダイス

ヒールを履いて階段を下りる時に、
このまま踏み外したりして無様に落ちないだろうか、
と心配になる。

オシャレに臆病な小やすです。


先日、会社の先輩が何やら必死に考え事をしていた。

どしたんですか?

と、優しい後輩の私は尋ねたら


恋愛シュミレーションゲームを考えてるのー


だ、そうだ。

……仕事中。

少し時間がある時だから、妄想もしちゃうかな。


恋愛シュミレーションゲームとは何ぞやとお思いの方もいらっしゃるだろう。

実は私もやったことがない。

ときめきメモリア●とかが、有名なとこだ、、と、言えば、なんとなくわかるかな。


ゲームの中に素敵な異性が何人もいて、自分が狙いを定めた相手とお付き合い出来るかどうかという、恋愛をゲームの中で楽しもうというものだ。


たまにゲームをしていた私だが、この手の類はやったことはない。


小やすちん、なんか面白い設定ない?

と、私に聞かれたものだから、仕事そっちのけで考えてしまった。

ありがちな設定じゃダメ。
こういうゲームをやったことがない私の意見が聞きたいんだそうだ。

えーーーっと。

主人公は女。

なので、付き合いたい魅力溢れる男性を考えればいい。

んだけど、あまり現実的なのじゃゲームとして面白味にかける。


これは妄想。

まず

年下の男性キャラA
有名老舗和菓子屋の跡取。
和菓子職人でイケメン。
繊細な天才肌。和服系。
顔のイメージは妻夫木聡君。


同世代男性キャラB
超有名企業のエンジニア。
ストイックでクールなイケメン。
仕事ができるスーツが似合うオトコ。
イメージはパクヨンハさん。


少し年上男性キャラC
元格闘家でジムの経営者。
ヒグマのようなたくましいイケメン。
健康的でアクティブ。
イメージは髙田延彦さん。


年上男性キャラD
昼は本屋カフェ、夜は文豪バーのマスター。
ダンディで知的なイケメン。
過去がありそうな感じだが、意外に若い。
イメージは加瀬亮さん。


年上男性キャラE
文豪バーに現れる新人作家。
若いのに文壇デビューして注目されるイケメン。
クセの強い個性、変わり者。
イメージは香川照之さん。

このくらいしか浮かばないー!

年齢設定が難しい。

私もこんな年だからなぁ。

絶対にイケメンでないといけない。それは妄想だから。

実際、こんな夢のようなイケメンに囲まれて、誰かを選ぶとなったらどうしよう!


別の先輩に見せたら、
Cさんがいいと言われた。
Dさんもなかなかいいけど、と。

私にこの質問をなげかけた先輩は、
Bさんがいいそうだ。


え、Aさんだめ?
もっと食いつくメインキャラになるかと思ったのに。


ま、私の中ではBさんだな…現実的に。
Eさんも思いっきり気になる。
Dさんは実際あったら絶対惚れて通いつめる。
Cさんは旦那にしたい。
Aさんは目の保養、好きになってくれたらどうしよう。

この設定をなぜ私に聞いたのかと先輩に尋ねたら、
恋愛シュミレーションゲームのシナリオ募集してるんだそうだ。

これにヒントを得て先輩が応募し、さらに本当にゲーム化し、こんなキャラクターだったら!

私しか喜ばないゲームだろう。

うん、売れないな。

コメントを投稿

About

2012年09月13日 20:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「」です。

次の投稿は「それでも母は」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32