« 仲良し集まれ | メイン | 雨は壊れたピアノさ…ではなく、雨で壊れる三味線さ »

憧れの、酒場放浪記

半年くらい前から、吉田類さんが好きだ。

彼が出ている、毎週月曜日の夜九時からやってるテレビ番組
酒場放浪記
は、必ず見ている。

いいよなぁ、この仕事!

高い名店に飲みに行くわけではなく、味のある値段も手頃な大衆的な酒場へ行って、飲んで食べる。
と、いうだけの番組。


これを見てたら、大体の相場がわかる。

生ビールは大体500円だな。
それ以下だったら良心的。
それを超えたら、高いと思う。


そんな番組を見ているから、焼き鳥屋さんやホルモン焼き屋さん、居酒屋さんに行きたくて行きたくてたまらなくなる!


シロ、タレで焼いてもらいたい!

マグロの赤身、新鮮なとこの刺身が食べたい!

煮込み食べたい!

おでん食べたい!

お腹すいてる時は、拷問のような気分になる。


類さんはビールやホッピー、サワーから飲み始め、日本酒や焼酎を飲む。


友人M曰く、吉田類さんは二日酔いになったことがないらしい。
何情報…?


なんて羨ましい体質!


食べてるけどあんまり太ってないし、ゲテモノでも油っこいものも食べるし、いいなぁ。


私は貝は食べられないからな……。う、う、う

明日、死ぬってわかったら、絶対に貝を食べる。そのくらい好きなのに。


類さんが貝をたべて、お酒飲んでるところを見ると、
本当に、心底羨ましくなる。


なれるものなら、吉田類さんになりたい。

コメントを投稿

About

2012年09月07日 19:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「仲良し集まれ」です。

次の投稿は「雨は壊れたピアノさ…ではなく、雨で壊れる三味線さ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32