« 2012年06月 | メイン | 2012年08月 »

2012年07月 アーカイブ

2012年07月01日

夢の二度寝

夢見が悪かった…。
たまにあるんだ、学生になってしまってる夢。
英語や数学や化学など、テストがあるって焦ってる夢だ。

目覚めても疲れてる。

きっとアレだな、仕事が増やされるからだ。
七月からしなきゃいけない事が出来た。
突然本部の指示で。
システムの会社の人に作業内容を聞き、簡単な操作でいいことはわかったんだが、、
面倒。

夢にそのシステム会社の人が先生として登場してきたもんな。

数学の問題かと思いきや、夢のテストは売上だとか、成績だとか、営業担当者の先月の売上から計算するらしく、
問題の意味がわかりません。
と、質問したら
周りの生徒にギョッとされ、
黒板にみんなサクサクと答えを書いていた。

私だけがわかってないらしいーーー!

と、本当に焦った。


疲れた…


夢の中でも仕事かぁ…


二度寝して、楽しい夢がみたいな。


休日の朝は時間がたっぷりあるから。

2012年07月05日

節電の夏 日本の夏

暑いし湿度は高いし、節電してるから涼しくならないし、とても疲れるこの頃。


 夏は落語会も多いし、忙しいようなそうでもないような。

夏と言えば花火大会。
苦い思い出の花火大会。
恋は遠い日の花火大会。

むかーし、小学生の夏休み、福島の温泉に家族で泊まりに行った。

夜に部屋の窓から、遠くの花火大会が見えた。

浴衣を着た私たちは急いで宿の下駄を履き、外に出て、より花火が見えるポジションに行ったなあ。


そういう不意打ちな花火大会っていいよな。


花火は夜の涼しさを感じるものの一つ。

今年は昨年よりも節電節電と言ってるし。


このOL小唄も節電しようかな。

どういう意味かと言うと、少しお休みしようかなと。


パソコンとかの電力消費を削減する為に…

いや違う。

ただの怠け心だろうが!!!


ハハハ…

何はともあれ、無駄なエネルギーは使わないようにしましょう。

2012年07月09日

わからない。はっきりしない。だけど

ジブリ作品を金曜ロードショーでやったら大体見る。

先日、千と千尋の神隠しをやってた。

この作品好き〜!

ストーリー好き、油屋のデザインが好き。
名作なので、一度は皆さんご覧になっているのではなかろうか。


毎度毎度思うが、特にこの千と千尋は

夢の中のような、一度見たことがあるような、そういう風景が登場する。


千が銭婆を訪ねて、沼の底という駅に向かうシーン。


海の中にある線路、駅。
列車の中にいる顔のない人々。
途中の駅。
会話のない車内。


日本人だから?
ああいう景色にメランコリーな
気分になるのは。
憂鬱というよりは悲哀というか。

物悲しい気持ちになる。


同じような気持ちになるというと、

大分麦焼酎  二階堂

の、CM。


これまたなんかノスタルジックな雰囲気で、胸が痛くなる。


あの日に帰りたい


と、一体いつなのか、どこなのか、わからないのにそう思ってしまう。


月刊MOE(モエ)という雑誌が今回ジブリ特集。

となりのトトロ

耳をすませば

魔女の宅急便

私の1番好きな作品の

おもひでぽろぽろ

の中には、そういう懐かしいきれいな風景が出てくる。

深い深い緑の林や、おばあちゃんちの近くにあったような気がするあぜ道、友達の家に行くまでの住宅地、海辺の壁、夏の小川の冷たく透明な水。

あの空気までも表現されているようだ。


なんだろう、このモヤモヤした悲しい気持ちは。


やっぱり、あてもないのに
あの日に帰りたいんだ。

あの頃に。


どの頃かはっきりしないのに。

2012年07月17日

雨雨やめやめ

この雨のひどさは何なんだ!

九州各県、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
私の上司が星野村出身で、星野村祭りに泊りがけで行った事があるが、山の美しいいいところだった。

上司の別邸も、建物は無事でも土地がえぐれてるからどうなるか、とおっしゃっていた。

こんな天候ばかりじゃ、農作物にも影響がありそう。


ものを壊すのは一瞬で出来ても、創り上げるのは時間がかかる。


これ以上、被害がでませんように。

2012年07月23日

好きずきはある

別の部署の後輩の女の子が入籍した。
おめでとう!
あまり親しくないけど。
入社当時から、社内一カワイイと思っていた女の子。
やっぱりカワイイと売れるなぁ。

…私は?

話題を変える。
蓼食う虫も好き好き、割れ鍋に綴じ蓋、と言うように、周りからは理解されないような人と付き合ったりしている人を見る。

私も昔は人の恋愛に口出しした。

そんな恋愛やめとけ!

すぐに別れろ!

と、友達に言ったこともある。

その頃は恋愛も夢見がちなものだった。
マンガやドラマのようなイケメン金持ち性格のいい頭もセンスもいい彼が、私を見染めて猛烈アタック!
最初は戸惑った私も次第に心を開いていく…


なんて恋愛ありませんから!

夢!
そんなの妄想!
いませんって、そんな男性。

そういう現実に気付いて、他人の恋愛に意見するのはもうやめたい。

ただ、不倫は良くない。
これだけは言う。
幸せに結婚していく人達を見ているとわかるはずだ。
祝福してくれる家族、親族、友人、会社の仲間、上司。
たくさんの人達を裏切る事になる。

私の姉二人は今のところそういうイザコザはないようだけど、そんな問題に巻き込まれたら、子供の為に我慢するんだろうか。


人の恋愛なんて千差万別。
好みも十人十色。

アッサリ終わる事もあれば、しつこく後を引く事もあるし。

今だけ楽しい時間があればいい時も恋。
何も出来なくても想い続ける愛。
嫌いだった人を好きになってしまう。
好みのタイプではない人なのに好きになってしまう。


あるある。

友達からやめろやめろと言われても、親から反対されたとしても。


松任谷由実の
ダウンタウンボーイ
という曲の歌詞に、

汚いシャツ着た奴だと
兄貴は電話さえ取り次がないの

という部分がある。

周りから快く思われていない恋の歌だ。


昔からこの曲は好きだった。

うまくはいかない恋の歌。

誰かが止めないと暴走するのが恋なのだろうか?
止めようとするから暴走するんじゃないだろうか?


教科書通りの恋愛や結婚は私には出来ない。

これから私にどんな恋愛の試練が訪れるだろうか?

いやあ、もうちょっとやそっとじゃ試練と言わんかもな。


でも心安らぐ、あったかい気持ちになるような愛を育む恋愛がしたいもんだ。

2012年07月25日

三人寄れば

夏がきたな~…


先日友達と買い物に出かけた。

試着しながらキャッキャッと女の子らしいことするのが結構楽しいと気づいた去年、今年も同じメンバーで楽しい時間。


話し好きなメンバーなので、ランチに2時間もかかった。

前は3時間かかった事もあったな。
ベラベラしゃべりまくり、いろんな情報交換をする。

昨年このメンバーで夏に旅行にいった。
二年前は福岡のパワースポット巡りの一泊旅行もした。

そして今度、ついに海外進出をしたいねー!
という話になった!!!


釜山かソウルに、一泊か二泊。

イケメン店員さんとかおるかも〜

ガッツリ辛いもの食べたいね〜

言葉ほぼ通じるし、近いしいいよね〜


と、盛り上がる。

私たち三人を結びつけているのは、独身であるということと、目立つのが苦手で、物事にガツガツするのがチョット…という考えということ、かな。

三人でいると、結構ヤバイトークも出来るし、自分にないものに気付かされる。
何より楽しい!☆


来月はBBQに行こうと決めた。
夏らしいことなんて滅多にしない、インドアな私たちだけど、たまには暑い夏を体感しなきゃ。

2012年07月29日

戒談噺

友人Mとのメールのやりとり。


私/昨日終電逃した…

M/あんたが?珍しいね。お母さん許してくれたと?

私/平謝りたい。あー会社行きたくないー

M/そんな飲んだと?

私/会社の飲み会で……


回想シーン


私の会社の部署の飲み会。かなり久々で、取引先の親しい人達も来られた。

女性は私と先輩二人の合計三人。
あとは全て男性の総勢21名。
金曜日の夜、定員オーバー気味の部屋でギャーギャー賑やかに飲む。

私の隣は新しく配属された年下の男の子…この後輩、営業だっていうのに声が小さい!

乾杯の時にビールが飲めないからって、カルアミルク……別にいいんだけどね。

私は生ビールを飲みながら、一応取引先の方々に挨拶に行った。

後輩、無関心でガッツいて食べてるだけ。

おいおい、君はこれから死ぬほどこの人達にお世話になるのにそれでいいのか、と。

あたしの背中見とけ!
と、言ったのに。


やさぐれたわけではないが、そろそろ私が注文したやつが来ないとおかしいぞ。
1時間くらい待たせやがって!
と、店員さんに確認した直後にやって来た。

〜鯛とヒラメの塩辛〜

くあー!
これは黒ビール飲んでる場合じゃないぜ!

間髪入れずに日本酒を頼む。
冷や、冷やでいいから、いや、冷やがいいから直ちに持って来て!

来た、これ。

日本酒を口にすると辛口の洗練された味わい。

いいねーー!

そこにこの珍味な塩辛を舌に乗せてやると


あちゃーー!

これはね、合わないわけないでしょ!


そんな事を一人でやってたら、男性に気付かれた。
何しよると?
小やす君、おやじやね。

いいとです。
1人でも楽しい酒はあるとです。

日本酒はフラフラと頭をメチャクチャにしてきた。

ワインが飲みたい…


塩辛にミスマッチな白ワインをオーダー。

チビチビ飲んでいたらお開きの時間に。

すると部長が、

小やす君!二次会幹事ね!


あ!?


先輩二人は明日の予定があるからと、ダッシュで帰ってしまった。


女性は私1人だけ。


えーー!


周りの男性に、一応声をかける。


二次会来て下さいよー、私無理ですからーー


小やす君が行くなら行くよ。


と、数人の男性に言われたので、9名で部長行きつけのスナックに行った。


ここからがまずかった。

今、その時の私に会えるなら、腕をつかんで

しでかすなよ!

と助言する。
または、

帰りい、今なら帰れる、

と、説得する。

ビールと日本酒とワインのチャンポンで頭フラフラな私。


スナックに到着して、普通ホステスさんが座る丸い椅子に座ってしまったのがさらにまずかった。

スイッチオン!!!


取引先のおじさんが
小やすちゃんが来てくれて嬉しいなぁ!

小やすちゃんまた来月の飲み会来てよー

など、調子のいいこと言い出した。

私、酔っていたのでニコニコ。

若く綺麗なホステスさんの横に、色気ゼロの服の私。

もっとホステスさんを褒めて下さいよ、私なんてずっと年上なんですから。


取引先のおじさん達は素晴らしい。

いや、小やすちゃんが1番カワイイ、姐さんやね!


…これ、ノンフィクションですからね。酔っ払うとこんな事を簡単に男性は発言するものだと私は知ってる。


だんだん私も浮かれてきてる。

ホステスさん達も気を遣って私を


小やすマネージャー
チーママ

なんて呼ぶ。

しまいに部長がママに

小やすを雇わんね?

と言い始める。

ママもママで、週三でいいから来て☆

なんて言い出す。


そこへカラオケの順番が回ってきた。


乗せられ煽てられた人間が、どれだけ愚かな行為をするか、、。

私は立ち上がり、部屋中をまるで

小やすディナーショーか?

と思うくらい、好き勝手歩き回りながら、この歌は自分の持ち歌と言わんばかりに自信満々に、陶酔しながら歌い上げた。

しかも歌詞の部分部分に、来られている方々の名前を散りばめて。


…会場は大盛り上がり!!!


小やすコールが巻き起こる。

いやあ、お恥ずかしい、ありがとうございましたぁ


なんか言ってる私のドヤ顔……


バカタレ!!


その後も、二曲くらいそんな調子で歌ったっけ。

途中いろんな席に座り、隣になった男性に優しく微笑んだり。。


上司から
転職したら?
と言われ

ママさんから
名刺を渡され、
夜二時までだけど、
と言われ。

浮かれてブランデーと日本酒飲んでたら、終電の時間に!

ギャオ!


そこは重要!
私は終電だけは死んでも乗る!
と、バタバタと帰った。


終電を逃すと昔から親に猛烈に怒られる。


ヤバイ……

親に電話をして謝り倒す。
敬語で話す。
さっきまでのお調子者はどこに??

翌日、ボケーっと目覚め、上司からのメールを見る。


転職したら?


……


ジワジワと自分のやった恥ずかしい事が思い出される。

小やすディナーショーやっちまったーーーーー!!

あー!ばかばかばかばか!


会社行きたくないー!!!

なんであんな事やったのー?
自分のアホさ加減に情けなく思う。


この経緯をMに伝えたら、


あんたサイコーやな!天才やな!

と大笑いされる始末。


他人事やけんそう言える。


やった本人、しかもちゃんと思い出せるから恥ずかしくてたまらない。
それに目撃者だっているわけだ。
あんな色気のない服で、自分が店のナンバーワン気取りで歌ってさ。


バカタレ、、、

もうこんなには飲まない。きっと。


しばらく禁酒しよう。


と、思ったら翌日寄席の打ち上げだった。

2012年07月31日

小やすの後日談

会社に行きたくない行きたくないと言っても、ズル休みするわけにはいかないし、ちゃんと真面目に働いてる私。


二次会メンバーからはニヤニヤとされて、

ちゃんと帰れた?

と、心配?された。


大丈夫です、ハイ。


部長と上司は私に聞こえるか聞こえないかの声で


小やす君のリサイタルやったね


と話してる。

やめてーー!
先輩に聞こえるから言わないで!
先輩はお酒あんまり飲まないから、こんな状態理解してもらえないから!

部長に、

今夜から出勤やろ?

とも言われるし。

取引先の方も昼過ぎに来られた。


あ、小やすさん、荷物忘れて帰られましたね、受け取りました?

ええ、すみません、ご心配おかけ致しました、金曜日は楽しかったです、ありがとうございました。


これ、差し入れです、


この取引先の方から、初めて差し入れのドーナツをいただき驚いた。


次の日、上司が女性にお土産を下さった。
アンパン。

小やすちゃんに、これ、お土産ー


と、私にだけ別に渡されたもの。


チーズちくわと、ピリ辛の魚肉ソーセージ

……


私のキャラって、どんなのだったのかわからないけど、これで本当に決定的に、


呑み助
お調子者キャラ


に、なったんじゃなかろうか。

違う!
本当は違うはず!


絶対とは言えないけど、違うよーー!

About 2012年07月

2012年07月にブログ「小やすのOL小唄」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年06月です。

次のアーカイブは2012年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32