« 2012年03月 | メイン | 2012年05月 »

2012年04月 アーカイブ

2012年04月06日

すごろく地獄?

昨年の夏頃、うちに遊びにきた姪二人のために
『すごろく』
を作ってあげた。


昔何度か友達とすごろくを作った事がある。
人生ゲームや桃鉄、マネーウォーズゲームも大好き。小さい頃からすごろくは好きだった。

厚紙に鉛筆でサラサラと下書きする。

姪(α)六才はワクワクしている。
下の姪(β)はまだ四才だから、よくわかっていないようだ。


子供にウケるように、少し下品な言葉を混ぜた。
あと好きな食べ物や、お手伝いの事も入れた。
もちろん、
『一回休み』や『●が出たら進める』などのイベント盛り沢山。

書いているうちに楽しくなってしまい、線の縁取りや色塗りを丁寧にやってたら、αちゃんが
『まだー?』
と何度も催促してくる。

この力作のすごろく、大作のすごろくに妥協は許されない。

『もう少し待ってねー』

恐らく顔は真剣だっただろう。
締切間近の漫画家、といった感じだ。

しかし子供の忍耐力ってのは、大人が何と言おうと無理なもので…


αちゃんは私の横にやって来て、スタートラインに姉の手作りコマを早々にセッティングし始める。

まだ色塗りやら終わってないよー…


すると無敵の我が母(αちゃんから見ればおばあちゃん)が、
『色塗りくらいαちゃんにさせてあげなさい』


と、いうことになり、
私の力作、大作はαちゃんとβちゃんの塗り絵状態になってしまった。

特にβちゃん、マイブームはピンク色らしく、ピンク色の色鉛筆を手にしたら離さない。

ここはこんな色合いで…

と、考えていたのに
まさに
『いろいろ』
になってしまった。
思わぬ所に思わぬ色が…。


私はそれでもどうにか作品(すごろく)を仕上げ、完成させた。


まぁ、こんなもんだ。
しかたない。

そして夕食後に、αちゃんを中心にすごろく大会をした。

すると

このすごろくには魔力があるのか、
αちゃん大喜び!!

真剣に遊び、勝ち負けにこだわり、何度も何度も遊んでくれた。
作った私としては本当に嬉しい!

すごろくの流れは、
まずは緩やかなあまりイベントのないゾーン、それから少しずつ雲行きが怪しくなり、ゴール直前は戻る、休む、のオンパレード。戻ったマスの指示に従うというルールの下、なかなか先には進めない。
そう簡単にあがらせてたまるか、という私のヒネクレ根性丸だし。
なので、意外にゴールしにくいのだ。


コマの内容は、あまりにも子供っぽく下品なとこもあるので、私のイメージが崩れる可能性が高いので公開は出来ない…
(?)

αちゃんがうちに遊びに来るたびに
『すごろくしようよ』
と言ってくれる。
言ってくれるのは本当にありがたいんだけど、
大人達は正直疲れ始めた。
これを
『すごろく地獄』
と呼ぶようになってしまった。

なんで飽きないんだ!
αちゃん、どハマリ!?!


と、思ってたんだけど。


先日、私の伯母夫婦が孫二人(兄やっと六才、妹三才)を連れてうちに遊びに来た。
私は仕事で会えなかったが、どうやらすごろくの話をしたらしい。
そしてすごろくを孫ちゃん二人とやり始めたら…


これまた、どハマリ!!!

お兄ちゃんが帰り際に泣きながら
『もう一回すごろくしたい』
って言ってたらしい。

多分、このすごろくではなく、六才くらいの子は、数字を覚え始め、勝ち負けがあるすごろくが楽しい年頃なんじゃなかろうか??


しかし既製品の子供用すごろくを買って、うちでαちゃんとやったがあまりウケなかった…。

私のこのすごろく、何か子供を取り込む力があるのかしら。。。

2012年04月11日

酒とバラの日々ではダメ

仕事で担当している精神病院がある。

そこが年度末でドッサリ注文をしてきた。
前々からその病院が、
『アルコール依存症』に特化している病院だろうと、注文書を眺めて思っていたが、やはりそうなんだろう。


アルコール依存症


お酒を好きなら適量に。
飲み過ぎない。
体を壊すような飲み方はしない。
人に迷惑をかけるような飲み方はしない。


私のポリシーだ。
お酒が好きだから、これからの人生でも美味しくお酒を楽しみたい。
飲めなくなるのは面白くない…と、言っても私は一ヶ月くらいの断酒は平気だ。
毎日飲んでるわけじゃないし。


病院が発注した本が入荷し、パラパラと中を読む。

アル中と昔言ってたが、アルコール依存症はとても恐ろしい病気だ。

1番心に響いたのが、
『アルコール依存症の患者は、老けている』
という事実!!


お酒を飲むと老けさせる物質が体内で作られるらしい。
考えてみると、キレイなお肌でいたいなら、早寝と栄養だ。飲み事が増えれば睡眠不足、アルコール分解をする肝臓は美肌のためには健康であってもらわなければならない臓器。そこを酷使してしまうわけだから、単純に考えてもお肌には良くないな。
あなたの周りのいつも飲み過ぎてる人や、飲むと癖の悪い人は老けていないだろうか?


いやだー!老けるの嫌ー!
この事実を知ったからには、私は絶対にアルコール依存症にはならない!!


アルコール依存症のイメージは、
お酒を飲みまくる。
大量に飲み体を壊す。
やめたくても中毒になってやめられない。

確かにそれはそうなんだけど、

やめたくてもやめられない、心の病

なんだそうだ。


ああ、そうね、依存症ってそうか。

タバコ、麻薬やギャンブルも、中毒症状から抜け出すため、依存しない心を持たなければならない。


嫌な事があったから、と、お酒をがぶ飲み。
こういうのがよくない。
お酒で忘れられるというのだろうか。
問題から逃げているだけだ。
問題を直視する力を持たないと、また逃げるに決まっている。

アルコール依存に限らず、依存症は
『心のトレーニング』をしてきっぱりとやめるようにしなければならない。
長く苦しい道のりだろう。


お酒は美味しい。
楽しくなる。

でもそれは副作用もあるんだということを忘れてはいけない。

2012年04月14日

白い犬のぬいぐるみ

人にあげた物を取り返すなんて、よくないとわかっている。

が、どうしてもそうするしか私には方法はなかった。

今回、

姪っ子が大病を患い入院した四年前に私があげたプレゼントをこっそり返してもらった…。

姪からの許可は貰っていない。
姉(姪の母)からはいいと言われた。
姪からはダメと言われたが……。


そのプレゼントは白い犬のぬいぐるみ。
かわいい!
私の愛犬に似てて、かわいらしい!
優しい愛犬に守られて、元気になれますようにという願いをこめて贈った物だ。

あまりにもかわいかったので、自分用にも買おうと決めてたのに、それっきり売ってない!

何度その店に行っても入荷しない。


贈ってしまったものを返してなんて言えないので、姉にそのぬいぐるみのキャラクターやらメーカーやらを尋ねた。

が、

行方不明だという…


ガビーーン!!!


愛犬が死んでしまい、そのぬいぐるみへの執着はひどくなった。


ソフト●ンクのお父さん犬もそっくりだが、市場に出回り過ぎている。

あのぬいぐるみは、私のかわいい相棒と対面させている。
あのぬいぐるみじゃないと意味がない……。


そして先日、ついに耐え兼ねた私は

姉家族の家でぬいぐるみを探し当てた。


キャー!
そこにおったとね!!!


すぐに抱き寄せる。
頭をなでる。

会いたかった!!


あまり汚れなてない状態でよかった!


姉に返してほしいと懇願し、姪に見つからないように我が家へ連れて帰った。


ああようやく帰ってきたね。

私のかわいい相棒。


このぬいぐるみがあれば、少し元気が沸いて来る。

姪には気をそらすために、別のプレゼントをあげたから大丈夫。
それに飽きっぽいしね。


これだけはごめんね、私の宝物なの。

2012年04月16日

ナルシストは苦手

大体の人が、自分の顔に不満足だと思う。
完璧だ、自分の顔大好き!と思っている人は少ない。

私もそうだ。
もっと目が大きければ…
顔が卵型だったら…
唇がぽってりしていたら…

遺伝を無視してはいけないな。
この私の顔は父の若い頃によく似てる。
父が昔、
『父さんは若い頃、この人に似とった』
と、テレビを指差して言った。

藤井フミヤ……

似てないって!!!
どこが似てた!?
大体父の若い頃に藤井フミヤはまだいない。
それなのに言うあたり、自分で似てると思っただけなんだろう。
それにしても図々しいな…
私の顔がフミヤに似てる?
全然似てない。

お父さーん、
二枚目じゃありませんから。
喜劇に出てきそうですから。
モテたらしいですが。


韓国のドラマをみると、若い役者さんは男女共に整形してるんじゃないだろうかと思う。

あれだけ整形天国とか言われているとキレイな顔は素からではなく、造られているものだという目で見てしまう。

日本人でも整形美人はいるだろう。

昔美人だった女優さんも、歳をとるとだんだん崩れてくる。
崩れるという表現は良くないが、整形をしていたんじゃなかろうか、と思われる人の崩れっぷりは激しい。
芸能界で生き残るには、美しさを保つ並々ならぬ努力が必要なんだろう。

一時しのぎ的な整形は恐ろしい事になりそうだ。
あの世界的なスターのように整形を繰り返し繰り返し、整形依存になってしまうかもしれない。

一般人でよかった。
整形する度胸はない。
もっとキレイになれたらとは思うけど痛そうだし、失敗したらと考えると恐ろしい。


整形を全て否定はしない。
顔のせいでいじめられたり、傷つきながら生きていくのはかわいそうだ。

そういう人のためには、整形は必要だと思う。


人は見た目が九割、なんだそうだ。

人間は中身よ!とどんなに言っても、頭は見た目で判断する部分が大きい。

経験が見た目を判断するんだろう。
こういう外見の人はこうだと、中身を知る前にふるいにかける。

見た目か…
このハンデは大きいな。
美人は得だ、カッコイイ奴は得だ。
みんながみんなそうではない…
でもみんな自虐的にはならない。
それはきっと家族や友人から愛された記憶があるからだろう。


そのままのあなたでいい


あなたが大好き


と言われた記憶があるから。

金子みすずさんの詩のよう。

コンプレックスの塊でも、私は自然な人が好きだ。

2012年04月19日

オススメもん

私の姉二人とも、個人的なブログを開設してちょこちょこ更新してる。

最近私もチェックしてる。

子育てに忙しい二人のブログの内容は、やっぱり子育て中心。

なんて女性らしい事書いているだろうかと思う。

それに比べて私(OL小唄)はなんてガツガツした、トゲトゲした内容なんだろうか……。


もう少しだけ明るい、ホワワワとした内容にしたいものだ。


と、いうことで、私のお気に入りのものをまたご紹介しよう。

今回は
『これがないと生きていけない』レベル。


五本指靴下だ!!!!

昔なら水虫の人が履いてる印象が強いかもしれない。

いやいや、そんなイメージに捕われずに一度履いてみてほしい。

ありゃ!
この履き心地、それよりも脱いだ時の指のスッキリ感、知ってしまうともう普通の靴下には戻れなくなる。

私が履き始めたのは、昔の知り合いの影響。

今では五本指靴下の虜、、、


かわいいデザインの靴下も増えたし、全く恥ずかしいなんて思いもなくなった。

見よ!この長い足の指を!
ニョッキニョキだぞ!

と、足の指を人に見せたくなるくらい。


何よりも足がむくまない。
冷え対策にも有効。

こうなれば女性は履いて試してみたくなりませんか?


もうオールシーズン履いてる。


これは本当にオススメ☆

ただ、私の足の人差し指が長すぎて、いつも真っ先に穴が空く。

気づかないうちに、人差し指がニョッキリと顔を出す事が…。


人差し指長い人用の五本指靴下が出来ればいいなあ。

2012年04月26日

遠くへ行きたい

母と二人で旅行に行く事に決めた。


母との二人旅は一昨年冬韓国ソウルに行って、今回で二度目。

父が他界してから、母は娘と旅行するしか旅行はしたくないようで。。
伴侶がいる人は誘いにくく、気心が知れた人とじゃなきゃ楽しめない、んだそうだ。


なので私たち娘は、母と旅行をした。
大阪、鹿児島、韓国釜山、神戸。全て姉が連れて行ったが。

私も一緒に行けた旅もあるが、愛犬の世話をペットホテル任せにしたくなかったので、私は愛犬とお留守番。
犬の寿命は人間より短いので、一緒にいられる時間を過ごせた事に後悔は全くない。


そして今回、母のリクエスト通りの場所へ行く。


私も初めて行くので楽しみ。
レンタカーで移動したり、温泉入ったり…

旅の楽しみはその土地の食べ物!
ネットで美味しいものはないかと調べたら

あんまりパッとしないものばかり……。


ええ…………


海がないとこだから山の幸だろうなと思ってはいたけど。
うーん、、、

いや、それでも!
絶対楽しめるはず!
楽しんでやる!


皆様楽しいGWをお過ごし下さいね。

2012年04月30日

交通事故をなくそう

この頃交通死亡事故が多い。
テレビで何度も取り上げられる重大事故が多過ぎる。
そのほとんどが、自動車を運転していた人間が
『ぼーっとしていた』
『居眠りしてしまった』
など。


運転する時は緊張感を保って運転しないと!

いくら自動車が、車内の人間だけではなく歩行者を守る技術も備えられていると言っても、ルールを守らないと意味はない。

何の落ち度もない人達が巻き込まれ命を落とす交通事故は、防げるもの。

飲酒運転なんか以っての外!
車とお酒を愛する人間なら、絶対やってはならない。


いつ自分が事故をおこしてしまうか、いつ自分が事故に巻き込まれるか予測出来ない。

だからルールを守り、安全運転を心がける。

眠い時は休む。
運転中は考え事はあまりしない。運転に集中する。
作業や電話をしたいなら、一旦停車(駐車)してから。

とてもシンプルな事だけど、慣れてくるとだんだん基本はぼやけてくる。

事故が続いているので、ドライバーの皆さんGW中気をつけて下さいね。

About 2012年04月

2012年04月にブログ「小やすのOL小唄」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年03月です。

次のアーカイブは2012年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32