« 2011年12月 | メイン | 2012年02月 »

2012年01月 アーカイブ

2012年01月01日

2012辰年の幕開け

あけました!


辰年、どんな年になるでしょう。


皆々様にとって、素晴らしい一年である事をお祈り申し上げます。


本年も、どうぞよろしくお願いしまーす!

2012年01月05日

きっとうまくいくよ

年が明けたら大体友人と新年の抱負を語り合うんだけど、まだ友人と会ってないからスローガンはこちらでお伝えするのは先にしよう。


お正月はゆっくりと過ごせましたか?


私、そうでもなかったな…。
義兄が泊まりに来ていたので、ホゲーっとしている時間があまりなく。。。

大掃除は張り切った。
お寺の小僧さんか?というくらい、庭掃除を頑張った!
竹ぼうきさえありゃ、もう少し時短出来たはず。
竹ぼうきが失くなってしまったから熊手とほうきを駆使して掃除したけどさ。
ブツブツ…あいつめ……

まぁいい、独り言だ。
今度グッデ●で買えば済む話だ。
竹ぼうきの凄さ、尊さを知れたってことだ。

さてさて、

新年という事で『初夢』について思う。


『一富士、二鷹、三茄子』 と言う。
これを新年、初めてみる夢に出てくると縁起が大変良い、と。

しかし、見ますかぁ!?

富士山登頂の夢?
富士山を眺める夢?
鷹を手なずける夢?
鷹が富士山上空を羽ばたく夢?

うーん、、そういう夢はあるのかもしれない。

けど、

茄子って……。

縁起物だとはわかるけど、夢に茄子が出てくるってあるだろうか。

農家の方々とか、茄子を研究している人達ならあるかもしれないけど。

焼き茄子を食べる夢?
麻婆茄子を食べる夢?

茄子って夏野菜だしなぁ…。
好きな野菜だけど、夢にみるなんてないなぁ。


徳川家康がみた夢だから、立身出世にとても良い夢らしい。


茄子がどういう風に登場したんだろうか。


私の初夢は、


会社で悪い風邪が大流行するという、かなりリアルで夢のない夢……。


今年も仕事が忙しい忙しいって愚痴ばかりなんだろうな…。
昨年はある一ヶ月残業50時間を超えたけど、今年もそんな感じだろう。

うっうっ…


ビール片手に茄子の漬物を食べながら、フジ(富士)テレビで鷹対虎(ホークス対タイガース)戦を見てる、程度の夢でいいからみたかった。

2012年01月09日

携帯電話財布鍵定期手帳名刺入れ社員証

0655と2355という番組をご存知だろうか?

NHK教育テレビ…今はEテレと言うリモコンでは2チャンネルを押せば放送されてる。

この二つの番組は
『ぜろろくごーごー』
『にーさんごーごー』
と発音する。

数字を見てわかるように、平日朝の6時55分から、平日夜の23時55分から放送している兄弟番組だ。

たったの5分間番組。


それが好き。
私は大体毎朝見てる、0655。

朝はアサデスを見てるけど、この時間になるとすぐにバタバタとチャンネルを2に変えてる。
終わると元に戻す。


この番組は、NHKらしい面白さと、NHKらしいきまじめさがわかる。
アニメーションあり、芸人も出てきたり、歌があったり。

2355は眠いのであまり頻繁には見てないがおやすみ前のリラックスしてる時にバッチリな番組だ。


0655の人気コーナー、
『ねこのうた』『いぬのうた』は特に好きだ。

あと
『忘れ物撲滅委員会』の歌も耳に残る。カラオケにあれば是非歌いたい。ちなみに今回のタイトル『携帯電話財布鍵定期手帳名刺入れ社員証』は、『忘れ物撲滅委員会』のサビ部分だ。素晴らしいメロディーで忘れ物を減らせる。

デーモン閣下の歌う
『toi toi toi(トイトイトイ)』
と言う幸せを呼ぶおまじないの曲も素晴らしい。
前回のOL小唄のタイトル『きっとうまくいくよ』も、この曲の歌詞から拝借した。悪魔の歌う、人間のかわいらしい望み、か弱い願いをこめたおまじないの曲、本当にいい曲だと思う。デーモン閣下、あなたは神聖な悪魔だ…。


『これを知ってるとちょっとだけいばれるの歌』は、全然頭に入らないが面白い。


朝の一分、二分でも慌ただしいのに、そんな番組見る余裕なんてない!
ニュース、天気予報で精一杯!
という人は多いだろう。
私もそうだった…。

でも、見出すと、中毒のように止められない。

年越しをご一緒にスペシャルまで見てしまった。
いつもは『ゆく年くる年』なのに!


少し心に余裕がある朝は、ご覧下さい、ぜろろくごーごー。

2012年01月12日

年度末がきてしまう

いかん…いかんぞ。
頭が現実逃避を始めてる。
多分、いやおそらく2月下旬から無茶苦茶忙しくなるのが嫌で嫌で嫌で嫌で嫌でしかたないんだろう。絶対そうだ。

頭の中で、よくわからない現実にはない問題を生み出し、答えも出ないのにモヤモヤとずーっと考え続けてる。

さらに定番のトヨタの事を悶々と考えたり、やたらとニュースを見たり。

この頃気付いたけど、ストレスが溜まってくるとテレビのニュースが見たくなる。
NHKの大越キャスターがいつもどんな時間でもテレビに出てくれればいいけどなぁ。


逃げたくても仕事だから逃げられない。
わかったよ!!やるよ!かかって来いやーー!!!

腹をくくらなければならないな……ハァァ…


仕事だから。私も仕事のプロだ。
プロとしてプロらしい仕事をせねばならない。


徐々に年度末くさい仕事が増えてきてる。
予算は年度内に、余裕を持って使ってね☆ご利用は計画的に☆
この台詞、1月だからまだ笑顔で言えるけど、
これ3月には笑顔なんて消えてますからね!
予算残ってたのわかってたのになんで消化してないんですかぃ!!!
…もちろんお客様には言えません。電話ですから顔はわからないでしょうけども…
急げ急げと急かされても、無理難題を言われても、理不尽な事言われても、やんわりお返事、ひきつり笑顔で応対致します。

この時期大好きな言葉(毎年)

『前倒し』


最高。
前倒し、素晴らしい。
前倒し、この精神で年度末過ごせたらいいのに。


きっと無理。


あー…
誰かー……


この文章の最初に戻ってループしそう。

2012年01月18日

マンガを読む?

めしばな刑事タチバナというマンガを昨年買った。


アサヒ芸●という、あまり品のよくない雑誌に連載されてるらしい。

アサヒとタイトルに付くくせに、朝日新聞出版さんから出ていない。
アエラや週刊朝日などとは違うわけだ。

別に雑誌をけなすわけじゃない。
読者がいる限り、その雑誌は世間から必要とされている。


雑誌の話じゃなく、マンガの話をしたい。

この、めしばな刑事タチバナ、是非読んでもらいたい。

近頃はB級グルメが流行っているけど、このマンガは

『C級グルメ』専門!


C級グルメって一体何だ?

缶詰やらカップ麺やら、激安チェーン店やら。
そういう身近なものの良さやウンチクが、ただひたすら描かれてある。

そこにライバル商品がいいという人間が現れ、お互い譲らず、熱いウンチクバトルが始まったり。


笑える。
わかるわかる、と頷く。
食べたくなる。


現在三巻まで発行されている。全巻まとめて即買いだった。

このマンガを知ったきっかけは、発売元(出版社)からのメール便。
ただの紙ゴミだなと思ってガサガサ開けたら、約一話まるごと読めるチラシが入っていた。
これでノックアウト。

面白い!
直ちにに支店に手配。
夕方には手元に三冊揃っとりました。
(自分の手配だけは無茶苦茶早い…わけではありませんよ。いろんなタイミングなんです、物流の)


最近発表された
『このマンガがスゴイ』の男性マンガ部門にランクインしてた。

おお!


スゴイっていうほどの
『凄み』はないんだけど、読者の胃袋を掴んだのかな。


さて、これから発売されるマンガでひとつオススメをしたい。

超名作『ガラスの仮面』の最新巻が来月発売される。

私はガラかめ(←略している)を読んでいなかった。
入社して、先輩からほぼ強制的に貸されて読まされた。
まぁまぁ、有名、名作、ロングセラーという事もあって、面白い。

だが、ここ三巻くらい…無茶苦茶面白い事になっとる!!

ガラかめをご覧になった事がない人でも、演劇マンガだという事はご存知だろう。

今は、主人公マヤが紫のバラの人速水とついに…!!

と、いうファン待望の展開になっている。

ここがストレートに面白い。
面白さの意味が少し違うけど、今の読者はきっと私と同じ考えなはずだ。


まず、
『速水、あなたは一体何歳なんだ!婚約者の夜の誘いになぜそんなに動揺する?!マヤを別荘へ招待したいと誘っておきながらテレてるなんて、なんてウブなんだ??!』

もう笑わずにはいられない。

きっと作者、美内すずえ先生の心がきれいなんでしょう。

速水の婚約者紫織の、清々しいほどの性格の悪さ、恐ろしさにも笑いが出る。

来月が待ち遠しい!

有りがちな展開になってくれるんだろう。
そこもファンを裏切らないはずだ。


たまにはマンガもいいな。
ちょっと趣味や読み方が屈折してきたけど。

2012年01月19日

ゆめみら その弐

先日、ここに『ゆめみら』というタイトルで書き込みをしていた。
が、消した。

こんな些少なスペースだけど、わずかばかりでも自己主張が出来る。
しかしネット上に残る以上、変な事は書けない。事実とは異なる事も書けない。
私は四分の一くらいのネタは闇に葬っている。
ここには相応しくない、と。

いや、五分の一かな…いや、六分の一か??

…まぁいい。


『ゆめみら』は、なんてことない内容だった。
タイトルはユニコーンの曲名から拝借した。
(最近、タイトルに力を注いでいないな…拝借ばかり)

書き込み自体は夢の内容を書いただけの、くだらないもの。


何度か読み返した。

意味がなくていいや、けだるさが出てるな、と自分では思っていたけども……

きっと願望丸出しの夢なんだ。


私にとってはとても意味ありげな書き込みになってしまうので、やめた。


最近きっと頭が疲れているんだろう。
頭が痛かったりする。

夢をみない、夢を覚えていないくらい、深い眠りにつきたい。

2012年01月21日

クォン・サンウさん………

韓国ドラマの魔力ってスゴイ。

前に姉と母がテレビでやってた韓国ドラマの『レディプレジデント』を必死になって見てた。
それに出演されてる俳優
クォン・サンウ
が、とてもカッコイイ、カッコイイ言うので、
私が会社の先輩に話した。
先輩のお母さんが、韓国ドラマ大好きで、韓国ドラマ好きの仲間もいて、ほとんどのドラマを焼いてもらっているそうだ。

なので、クォン・サンウ出演のドラマで面白いのを教えてもらおうかと思ったら、

話した次の日にはDVDを何枚も貸して下さった。

母は貸していただいたのに、テレビで放送し始めたドラマばかりを見てて、DVDを見る暇がない。

なので、私が見る事になった。

私は韓国ドラマを好きというわけじゃない。好きな俳優はパク・ヨンハ。…亡くなってしまって悲しい。
韓国の食べ物は好きだ。
キムチとかサムギョプサルとか参鶏湯とかナムルとかトッポギとかスンドゥブチゲとか。


それが、
クォン・サンウ出演のドラマ
『天国の階段』


…いかーん!
ハマってもーたー!!!
クォン・サンウかっこいいーーー!!!

韓国ドラマにありがち、お決まりの兄弟もの(姉妹もの)、金持ちと貧乏もの、交通事故からの記憶喪失もの、母親がやたらと口うるさいもの、海外留学もの(数年後…的なアレ)、全て満載。

お決まりな流れが好きなのかなぁ。


冬のソナタで有名になったチェ・ジウが相手役。
それは別にどうでもいい。
クォン・サンウってあんなかっこよかったんだなぁ……
こうなると、夜通しドラマを見ていたくなる。
世の韓国ドラマ大好きなオネエサマ方は、こうやってどんどん韓ドラの深みにハマっていくんですよ。

日本は韓国ドラマを放送し過ぎだと言う人達もいるからね。
別に私は韓国ドラマだから見ない、日本のドラマだから見るとかそういう気持ちはない。

ただ、日本のほうが当然自分の感情に近いし、設定がリアルだし、見やすいと思う。
韓国のはありえないような…文化の違いかもしれないけどね。
そりゃドラマの世界だから、理想やらドロドロな愛憎劇やら、あってもいいものだ。


日本も韓国もひっくるめて、

クォン・サンウはかっこいい。

2012年01月28日

期待せずに見積結果を待つ事は難しい

年度末恒例の見積書地獄が始まった。
先輩は先請求地獄、もう一人の先輩は部長からの野暮用地獄だ。

まず説明しよう。
見積書地獄とは、官公庁など予算と期限が決められているところから、入札、見積合わせをするからこの品目をいくらで売ってくれるか、という依頼がきて見積書を作成する、しまくる、してもしても終わらない事だ。とある某…防…予算を山のように持っている官庁担当なので、これが半端なくくる。作成してる最中にもガンガンくる。
何が大変って、官公庁は見積書の金額=請求金額になるから、間違いが許されない。さらに渾身の見積があっさり他社が落札し、無駄になってしまう事もある。これが空しい。

それよりもっと嫌な先請求地獄。
これは、納期は後で構わない、とにかく支払いを急ぐから請求書をすぐ発行してくれ!というものだ。
すぐにお金が入るからいい、という問題じゃない。請求明細に載っている商品が何かの都合で品切れしてしまったり、価格が間違ったりしてしまったら最悪なのだ。損をしてしまう事もあるし、相手に頭を下げて請求書を再発行させてもらわなければならない。
作成する時に当然在庫価格照会はするけど、…人間だもの、あいだみつ●だもの、私たちも相手も間違うことがあるんだもの。
みんなちがって、みんないい……この場合は違っていたら本当に困るんだよ金子みす●さん。(意味無し)
先輩は年間雑誌やら大学教授の資料費研究費先請求地獄。


そして部長の野暮用地獄…これはイライラする。
丸投げ部長の言葉足らずの指示をいちいちやらなければならない。
先輩だってややこしい仕事を山ほど抱えている。それプラス部長の野暮用…しかも最近出張続きの部長は、さらに先輩に頼み事をする。タバコ吸う暇、何しに来たかわからない、お客さん気取りした友達と話す暇があるなら自分でしてほしい!と、思ってるけど先輩は優しいからな…仕事中だし上司だし。
たまらんばい。


私は先輩二人を見てて、私のほうがまだましだなと感じている。が、
先輩たちから見ると、私も哀れだと言う。
報われないかもしれない仕事……確かに。
気のあるそぶりをしておいて!私なんてただの都合のいい業者だったのね!昔はあんなにずっと私一筋だったのに、、もちろん本当は私なんかじゃなく、もっと立派な業者とお付き合いをしたほうが釣り合うかもと思ってた。(納期が→)少し遅れそうって言っても、あなたは待ってくれてた。私より前に付き合ってた近所の幼なじみ(←小さな業者)から別れを告げられたって(←廃業した)突然電話で私に泣きついてきた時、私が慰めてあげたっけ…(取引開始)。それにあなたは周囲の友達まで、私を紹介してくれたわ(陸海空)。長崎や熊本からも私宛てに電話がきてビックリした。もちろんあなたが本命だったけど、ここ数年あなたの友達との関係のほうが強くなってた。少しずつ、あなたが離れて行く気はしてたの。あなたが離れて行くと、あなたの友達も私から離れてしまうんじゃないかって、今とても怖くなってるの。昨年度は、あなたのお友達が私にだいぶ貢いでくれたわ。かと思ったら、あなたも突然私を頼ってきたり……
でも私、振り回されてるのかな?少し疲れてるみたい…。他のキレイな女(業者)の姿がちらつくの。…信じたいのに辛い……


こんな心境なんだな。見積出した時は。

今年もも昨年度同様、慌ただしいんだろう。

うばろんが、うばろんが…がんばろう

2012年01月29日

今を生きよう

若さ故…と、今になって恥ずかしくて恥ずかしくて、記憶から消してしまいたくなる事はあるもんだ。

なんであんなヘアスタイルにしてたんだろう…(ショートカットでツンツンバサバサヘアにしていた)
なんであんなファッションだったんだろう…(古着のよくわからないファッション)
なんであんな事言っちゃったんだろう(玉砕覚悟で博多駅で告白…当然玉砕)

なんであんな人を好きになったんだろう(超プレイボーイで周りからやめろやめろと止められた人に片思いしつづけた一年間。告白出来ずに終わった)

仕方ない、それがその当時自分が必死になって追い求めていたものなんだから。

ヒッチハイクしたり、無謀なオールナイトをしたり、はちゃめちゃな飲み方をしたり(ラム、ジン、ウォッカ、テキーラ、ブランデー、ワインをガンガン飲んでた)、知らない人達と飲んだり、知らないおじさんにおごってもらったり、知らない人を好きになったり、音楽にのめり込み物凄い金額をレコードに注ぎ込んだり、好きな人に会うために風邪をひいてる事を隠して会って次の日会社を休んだり、失恋して仕事中に涙ぐんだり。


ああ、懐かしい日々。
そんな事もあった。
記憶から消したくても消えない楽しかった日々だ。

ルックス面では本当に、今の自分が二十歳くらいの自分に会えるのならアドバイスしたい。
『あんたバカか!そんな格好しとるけん●●●●は振り向いてくれんったい!!髪伸ばしてみんね?んでスカートば履かんね?そんな男みたいな格好してバミューダとか履いてレコードショップ巡りばっかりして、●●●●の好みとは掛け離れとるとよ!!』


それでも恐らく、●●●●(プレイボーイ)の心は私には掴めなかっただろう。
今の私と過去の私の決定的な違いは

『忠告を聞く耳』があるかないか、だ。

今の私は…忠告をあまり聞かない…が、忠告を一応聞いて考える。立ち止まる。

昔の私、忠告を絶対に聞かない。
聞くわけがない。
うるさい!じゃかーしー!!しゃーしー!!!
私がいいと思っとるっちゃけんいいやない!!!!

と、なる。


だからダメなんだよ。
いろいろと。
だから今になって当時を振り返って恥ずかしくなるんだよ。
あれこれと。


楽しかったからいいんだけどね。
見た目違ってたらヒッチハイクとかしてたら危ないよ。
あんな格好だったからヒッチハイクも無事故だったんだろう。
それに六本松ストーカー捜査も、かわいい格好して人目を気にしてたら出来ないし。(好きな人んちを捜し回って捜し当てた)


若さを満喫してたら外見なんて二の次だ。

でも

やっぱり悔やむ。
なんであんな格好してたんだろう…あの頃を知ってる友人も、あの頃の私を笑う。
消したい…削除したい…。

About 2012年01月

2012年01月にブログ「小やすのOL小唄」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32