« 2011年08月 | メイン | 2011年10月 »

2011年09月 アーカイブ

2011年09月05日

ストレスのサイン

随分前のこの『OL小唄』を読み返してみたら、ストレスに関して結構書いていた。
資格取得のために、予習復習を兼ねて書いていると、想像以上に頭の中が整理され、より深く理解出来ていった。
この『OL小唄』も、自分のためになってるんだな。


それでまたストレスの話をしよう。

東日本大震災により、日々ストレスを感じる人が増えている。
どうやら自殺者の数も増えているし(13年連続で三万人を越えている)、今まで四大疾病と言われていたがん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病に加え、『うつ病などの精神疾患』もそれに入るのではないかと言われている。

ストレスがすぐにうつ病に繋がるわけではないが、そのリスクは高くなる。
自殺者で動機や遺書が残されている人を調査すると、うつ病の人が多い。

ストレスから精神を病み、自ら死を選ぶ。
こんな悲しい連鎖を断ち切るために、自分の内面の声に気付けなければならない。

以前も睡眠が一番大事と書き込んでいた。
言いたいのは質の良い睡眠だ。リフレッシュ出来る睡眠じゃないと意味がない。
目覚めても鬱積されたモヤモヤが消えず、ため息が出るような朝……。
夢の中まで自分を悩ます毒に侵されている。


ストレスに押し潰されている人は、絶対にいつもと違う。

私は自分ですぐわかる。
『今日、ヤバイな、原因はあれだな』

すぐに食欲が落ちる。
お腹を壊す。(痩せる)
睡眠もうまく取れず、仕事中眠たい。そのくせ夜寝付きが悪い。
誰とも関わりたくなくなる。(無気力)
口数が激減する。(落胆)
逃亡したくなる。(?)

とにかくこれら全てストレスの反応なんだ。


一般的な身体面の異常の例

頭 円形脱毛症
目 眼精疲労
耳 耳鳴り、メニエール症
口 口内炎など
頭、首 頭痛、自律神経失調症
肺 気管支喘息など
心臓 狭心症発作、不整脈など
循環器 高血圧、低血圧など
肝臓 慢性肝炎など
消化器 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群など
内分泌系 糖尿病など
膀胱 頻尿、夜尿症
生殖器 女性は生理不順、無月経 男性はインポテンツなど(悩んでいる男性のために書きました。なかなか独身女性が書きにくい言葉です)
筋肉など リウマチ、腰痛、肩コリなど
皮膚 湿疹、じんましん、アトピーなど


こういった身体的変化もあれば行動的変化もある。

怒りっぽくなる
事故をおこす
けんかをする
大食いする
やけ酒
生活の乱れなど。

イライラしてしまうんだろう。


そして心理面の反応は

不安、緊張、怒り、興奮、混乱、落胆、短気、抑うつ、無気力、不満、退職願望…など。


自力でストレスに打ち勝とうなんて、心がヘトヘトな時には思わなくていい。

誰かに寄り掛からないと辛い、もう立っていられない、というくらいまで我慢をしてはいけない。


心が弱いのじゃなく、原因が重なって弱ってしまったんだ。
特別な事じゃない。


どうか早く自分のサインに気づいてほしい。

それか、周りの人が気づいてあげてほしい。


大きな病を引き起こしてしまう前に。

2011年09月06日

私もたまにストレスでまいってしまう

携帯にメールが三通届いていた。

全部友人M(女)…。

本っ当にくだらないメールで笑った。

あほ!
電力の無駄だ!
メールを返そうとしてるとまた次のメールを受信してる。
今見てるDVDの話をこっちにしてくるな!!知らんわい!

そんなメールのやりとりをしていると、だんだん頭も柔らかくなってくる。


私、さっきまで鬱々としてたよなぁ…。


そんなMと電話で話したら、
最初に

『あんた大丈夫?元気ですか』

と聞かれて驚いた。


久しぶりに
『元気?』と聞かれた。
頻繁に会ってる友人から。

あ、ああ…

元気と言えば元気だけど、元気じゃないような感じもしてるかな。
でも元気じゃないわけでもないし。

わけわからない返事をする私。


それからダラダラと意味のない話を笑いながらして、電話を切る。


『元気』かどうか…。


普通なら全く気に留めないけど、とてもありがたい気持ちでいっぱいになった。


Mはどう思っているかはわからないが、その時の私にはとても大事な問い掛けだったんだ。

無理矢理元気を出すのは出来ない。
でも、誰かと話して何にも考えずに話して、それだけで心の元気は回復していくんだ。

私に鬱々とさせる暇を与えない、あほなメールを送り付け、笑わせてくれた。

…実際Mがただあほなメールを私に送り付ける嫌がらせだったのかもしれないが。

結果としては救われてる。

それと勘米さんからも、私を心配して下さるメールをいただきました。

ありがとうございました。
へへへ、小やすは元気ですよ。
ちゃんとお腹も空くし、眠れてますから。


働く人のストレスを和らげるために、いろいろ勉強してこちらにガンガン書き込んでるのに、人に心配かけたらいかんですね。

優しい人との繋がりが、何よりも大事だと痛感。
心がほっこりしたエピソードでした。

2011年09月09日

世の女性はこの人に抱かれたいんですって。

俳優の向井理さんが大好きな先輩が話していたんだけど、

雑誌『anan』の名物テーマ
【抱かれたい男ランキング】

で、不動の一位木村拓哉さんを抜いて、遂に向井君が一位になったらしい…。


え?いつその特集出たっけ?
まだ?リサーチ不足なので断言出来ない
どんなに調べてもそんな情報がない。

ちなみに先輩が言ってた上位三名とは


一位 向井理
二位 福山雅治
三位 木村拓哉


なんだか最もらしいけど、本当にぃ???

本屋としてはこの真相を掴まないといけない。
どこかでニュースになってたのかな?


すると、最近出たananの特集は別だったが、『抱かれたい男』のアンケート結果が掲載されていたそうだ。その結果が、上記。
先輩が興奮気味に語ってくれた。

『今の女子達は、向井君の《俺様》っぽいとこが好きなんだって。強引なところ、意地悪そうなところ、Sっぽいのを今の女子達は求めてるんだよ』


えーーーー?!?????


向井君に全く、まーーーったく興味のない私と、もう一人の先輩は同意出来ずにいた。


以前書いたけど、

私のタイプは
高田延彦さん 強い、守ってくれそう、奥さんに優しいから好き

奥田民生さん 音楽が好き、やる気ないとこが好き、かわいらしい

加瀬亮さん 見た目が好き、ぼんやりしてる感じが好き、ストイックなとこが好き


バラバラだ。だけどみんな私には優しそうに見える。
(あと、最近竹野内豊も良い。私の周りの女子達からの支持急上昇!声が良い。男らしい)

意地悪そうな男を好きにはならない。

意地悪する人は嫌いだ。

俺様??!
あーヤダヤダ。
謙虚になれっつーの!


更に韓国人俳優『チャン・グンソク』さんもスゴイ人気だ。
女性のように美しい顔で、長身で、彼もまた《俺様キャラ》……

私はどうしても、
女のような顔の男性が好きじゃない…。
自分よりもかわいらしい顔で白く細い男性、、男性に見えない。男性として接する事が出来ないと思う。
重たいものを持とうとしてたら、
『あー、座っててー。重たいから私が持つよ』
と、男らしい私は言ってしまいそう。

しかし、そんな美しい外見で《俺様キャラ》

嫌だ。

…日本女性はそれでいいの?韓国では男らしい顔つきの俳優さんが人気で、中性的な俳優さんは人気ないと聞いた。

(韓国人俳優なら、昨年亡くなったパク・ヨンハさんがNo.1!
男らしいし優しいし歌上手いし)

結局私が何を言いたいのかよくわからなくなってきた。

が、とにかく《俺様キャラ》というものが嫌いで嫌いで仕方ないんだ。


…と、言いながらも、実際向井君やチャン・グンソクさんが目の前で
『小やす、俺を好きになれよ』
なんて言ったら、とろけてしまうかもしれないけど。

2011年09月11日

コロナビールを飲む時

コロナビールを飲む時。


二軒目のバーで、ビールを頼むならコロナビール。

ボトルにカットしたレモンかライムが刺さった状態で出てくる。

それを中に押し入れて、シュワーッとなった状態を飲む。

なんだか醤油のような独特な風味。
でもそれが美味しい。
金色できれい。

ボトルのまま飲むと、なんだか行儀悪いような、ワイルドなような。

カウンターに座って話しながら飲む。

飲む姿がカッコイイ、コロナビール。


ビールが好きで、いろいろKさんに教えて貰ったけど、最初に教えて貰ったのがこのコロナビールだった。

そうだった、Kさんが仕事上起きてしまった辛い過去の告白をしてくれた時、コロナビールを飲んでいた。


……あ!
さらに思い出した、内浜のGさんと終電逃してダーツバーに行った時も、私はコロナビール飲んでた。
Gさん、想像以上にダーツお上手。自信があった私、簡単に負けた。
結構遊び慣れて……言いますまい。社会的信用に関わる。

Kさんとの思い出を塗り替えてしまったコロナビール。

二軒目、バーに行ったなら、やっぱりコロナビール。
辛い思い出を噛み締めながら飲む、終電を逃した自分を呪いながら飲む、そんなビールだ。

2011年09月13日

日記によく登場するKさん

私のOL小唄によく登場するKさんとは一体?と思う人もいるかもしれない。


Kさんとは、私より二つ年上の独身男性、会社員だ。
私の世界一憧れる職場でバリバリ働いていらっしゃる。
毎月二万分くらい本を買う読書家(※お客様ではない)。趣味は仕事と言い切る。


Kさんに出会ったのは二年以上前。
意気投合して仲良くなった……お互い独身だしすぐに『恋人か』と連想する人もいるかもしれないが、それは違う。


Kさんは私を女性として見てない(多分)。
私はKさんという存在は恐らく今までにない関係だと思う。
地球のどこにいても、ずっと憧れ続ける。
彼が結婚しようが変わらない。
会えなくても寂しくない。
でもずっと会いたいと思い続けるだろう。


なぜか?

うーん、なんでかわからない。

以前、Kさんに向かって
『本みたいな人ですね。私が知りたい事を全部答えてくれる』
と、言った事がある。

この言葉、私の中の最高の褒め言葉だ。

人を『カッコイイ』とか『素敵』だとか『頭いい』と言うのは簡単だ。
気持ちを込めなくてもミーハー気分でいくらでも言える。


逆にKさんに『カッコイイ』とか気楽に言う事は出来ない。
見た目もオシャレでスリムなのに
『彼女欲しい』
と嘆く人なんだ。
女性にはシャイなくせに、私にはとんでもなく失礼な態度をとる。

私はそんなKさんに影響されまくっているから、日々困った事が起きると

『こういう時、Kさんならどう言うかな』

『こんな気分の時、Kさんならどう解決するかな』
とつい考えてしまう。


Kさんはお酒に強い…と、いうか、酒に呑まれた姿を見たことがない。
二人で昼間からワイン飲んで、三軒はしごした事がある。
それでも、全く乱れないのだ。
テンションが少し上がるだけ。
比べて私、お恥ずかしながら泥酔してしまった事もしばしば。
そんな私をちゃんと駅まで送り、心配するメールまでくれるKさん…本当に優しい。
これだけ安心して一緒に飲めるというのも、尊敬すべき点だと思う。
…あわよくば、とか
…俺、酔ってて覚えてない、とか、
そんな【酒の勢いの悪用】をする下劣な男とは違う。


ここまで書くと、
『惚気か、おいおい…』
と思われそうだけど、
違う。


何のために生きているのか悩みながら一生懸命働き、ボランティアもして、勉強熱心なKさん。
やっぱり私のスーパーマンだ。

会えなくても、遠くの星に祈るように想う。

頑張って、Kさん

2011年09月15日

名古屋へ行きたい理由

自由で気楽な私は、こんな季節だからどこかへ出かけたくなる。

山とか。
東北の紅葉を見に行くとか。
東京に落語見に行くのもいいな、おじさんさんに案内してもらって。


しかし、


ここ二年ほど、行きたい都市不動のNo.1は


名古屋だ。

ギャオーーーーん!!
名古屋行きたいー!
も、本っ当に行きたいーーー!!

なぜ名古屋?


もう薄々わかる人もいるかもしれない。


名古屋、それすなわち『愛知県』


愛知県、と言えばトヨタの本社がある!!!!!


なら豊田市に行けば?
と思われる方もいるかもしれないが、不便な場所だと聞いて、名古屋にした。


行きたいー。

友人に言うと冷たい反応。
名古屋の食べ物に興味がないらしい。そんなの知らんわい!私ゃ土地のもの食べるのが好きなんだよ!
いーの!ほっといて!別に一人で行っていーんですー!
邪魔されたくないしー!
(ヤケ)
トヨタテクノミュージアムに行きたいしー!

一日中町並みや道路眺めてたいんですー!

最近おかしいくらいトヨタに狂ってる。
CMとかも必死に見てる。

誰かを好きになれないくらい、トヨタに心を奪われているのかもしれない。
極端だが、、


じゃあもう名古屋に住めばいい。
そう思う。
名古屋に住めたら、ひょっとこすると、加瀬亮に似たトヨタの社員さんと出会い、更にひょっとこするとけ、け、結婚出来るかもぉぉ!??!


ハッ、夢?

夢もたまにはみないと。

自由で気ままに名古屋へ旅に行きたい。

2011年09月19日

トヨタ自動車九州

ついに


聖地、トヨタ自動車九州へ行ってきた!!!!!!!!!!!


ンガーーーーー!!!
トヨタの工場だーーーー!!!!!


目が、目頭が熱くなる。


テンションがぐんぐん上がってきてる。


トヨタの宮若の工場見学は随分前に行きたくて調べた事があった。
工場が稼動している日じゃないとダメなので、平日と祝日のみ。私は平日は仕事で行けないし、一人で工場見学なんて出来ないと思って諦めていた。

ら、


なんともありがたい事に、日記初登場のNさんが、トヨタに連絡してくれてちゃんと予約してくれたのだ。

でかしたー!!!!
グッジョブ!!!!

電力供給の都合上、自動車関係の工場の休みが平日に変更したので、土日工場見学が出来るのだ。
今月いっぱいまで。


ああ、嬉しい。
とにかく嬉しい。


Nさんに連れて行ってもらった。

ふぁふぁふぁ…これがトヨタの空気か…。

PR館に入るとバビーンと、レクサス達がお出迎え。

それにSAIやハイランダーも。

頭の中がマヒしそうになった。

カッコイイ…かっこよすぎる。
この敷地内でこんな高級車達が作られている。。。
二年間、実はトヨタの本社よりも行きたかったのはこの宮若の工場なのだ。

この建物、この工場がどれだけ環境の事を考えて建てられたか、以前話を聞いた事がある。

見たい、行きたい、入ってみたい!と思っていた工場内についに潜入(工場見学だって…)する事が出来た。

広い!

敷地はもちろんだが、工場自体もやっぱり広い。
クルマを作ってるんだからなぁ。

プレスして溶接してペイントして組み立てられたクルマを検査して…
その流れを見て歩く。

工員さん達の丁寧な技、ロボットの正確さ、それらの結晶がクルマなんだ。

スゴイ。

スゴーーーイ!

最愛のハリアーが出来上がるのを見た。

欲しいーーーーーー

欲を言えば、走行テストとかも見たかったけど。

お土産に、トヨタのロゴ入り革キーホルダーを買った。ムフフ

ミニカーも売ってたけど、持ってる車種だったから買わなかった。


トヨタの世界に入り込めた事が嬉しくて嬉しくて、じぃぃ…ん。
きっと誰にもわからない。私の気持ちはわからない。愛するものがこの工場にたくさん入ってる。


Nさんも来てよかったと言ってたけど、私の趣味に付き合わせて悪かったなと思う。

偶然にも私のマイカー君の車種と、Nさんのマイカー君も同じ。
お互いにトヨタは好きだから、いっか。

2011年09月21日

放射能除去装置

台風のせいで予定を変える事になった。

ブツブツ…せっかく……ブツブツ…


今年は台風の当たり年なんだろうか?
無茶苦茶な被害が近畿、中部地方で出ている。
誰か発明してくれないだろうか、台風を蒸発させてしまうとか、分散してしまう機械や物質を。

それに加えて思うのが、放射能を除去するものだ。
これはマンガの世界だが、あの有名なギャグマンガ『パタリロ』で、主人公パタリロが放射能除去装置を発明している。

確かにマンガの世界なんだけど、今の日本にもそんな夢のような機械があればいいのに……。


最近テレビでロボコンのバンコク大会の様子が放送されてた。


各国手作りのロボットで、課題をこなすスピードを競う。

日本からは東大の学生チームが代表で参加。

ここ数年、中国が優勝していたけど、今年こそは!と日本の意地を賭けて、どこの国にも負けないロボットを用意した。

大会はドラマチックな結果だった。
本命中国は予選落ち。

予選タイムをトップで通過した日本は、残念ながら開催国タイチームに負け、タイチームはワンツーフィニッシュを決めた。(大体各国一チームだけど、開催国だからか二チームエントリーしていた)

テレビを見ながら、私も悔しさに涙が出そうだった。

でも日本は素晴らしいロボット技術が認められ、特別賞を受賞した。よかった!!


テレビを見て思った。
この世界の若者達が、これからどんどん世界を驚かせるものを作り出すだろう。
今、この時代にはないものを。


台風など天災を無理矢理人間の力でねじふせる事は出来ない。
でも、地震を予測したり、未然に防ぐものを開発する事は出来そうな気がする。
起きてしまった原発事故を、速やかに収拾させるようなものも。

ロボコンは未来の希望だ。
理想だ。
ロボット技術の話だけの話ではなく、世界の人々を救うものづくり。

とてつもなく大きな夢を現実にしてほしい。

いいなぁ、理系って。

2011年09月26日

いつか自分の書斎、本棚の前でインタビューを受けるのが夢です

齋藤孝先生の影響で本を読むように心がけてる。

最近はミステリーを読んでる。
私、変わった!
昔は実用書とビジネス書ノンフィクションしか読まなかったのに、フィクションも読むようになったとは!
齋藤孝先生のおかげです。

会社でパラーッとあらすじを読んで、興味が出たら支店から取り寄せる。

つまらない本も中にはある。
なかなか、面白かった!と思える本には早々出会えないかも。

好きな作家、好きなシリーズは全て読む人もいるが、私はまだそんなレベルに達していない。

友人が『読書会』のサークルに入った。

どうしよう、私も入ろうかな。すっごく気になる。

読書会とは、あるお題の一冊の本を皆で読んでおき、読み終えたタイミングでカフェとかに集まって、その本の感想、考えなどを語り合う会。

素晴らしい会だ。
齋藤孝先生も推奨していた。
好きな人が勧める事ってやっぱり気になるものだ。ウフフ


ジャンルを開拓したい。時代ものにもチャレンジしたいな。
池波正太郎さんとか。
藤沢周平さんとか。

海外の古典文学も興味がある。
カラマーゾフの兄弟…難しいかなぁ。初心者に易しい光文社古典新訳文庫からスタートだな。

そうだ、もう秋。
読書の秋。
長い夜を、お気に入りの一冊と温かいお茶と一緒に過ごすのも良い。

About 2011年09月

2011年09月にブログ「小やすのOL小唄」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年08月です。

次のアーカイブは2011年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32