« 2011年07月 | メイン | 2011年09月 »

2011年08月 アーカイブ

2011年08月02日

乾杯さ、君の瞳に☆

先日友人Mとホテルのバーに行った。

Mは仕事柄、お酒の取引先(飲食店等)のイベントに声をかけてもらったり、付き合いで行かなければならなかったりする。

今回でそのホテルのバーのイベントは、私は二回目。

ビュッフェスタイル(食べ放題)で、美味しいカクテル飲み放題でなんと三千円!
あのホテルでこの価格は安い。
ドカ飲みするような場所じゃないけど、キチッとしたバーテンダーさんがちゃんと目の前で作ってくれるカクテルは、やっぱり美味しい。
カラオケの飲み放題とは全然違う。

だから、早い段階で酔いが回ってくる。


私がMの分も一緒にカクテルを貰いに並んでたら、後ろに並んだ中年男性二人。

カクテルのメニューをガン見しながら話している。

何が美味しいとかいなー

今飲んだの何やった?

知らん

えーっと、これやなかったかいな


私はラムベースの『バカルディカクテル』を頼もうと思っていた。

男性の会話を聞きながら、私も昔はカクテルの名前をもっとスラスラ言えたのになぁ…と思ってたら、、

『あの、おねえさん、』

とその二人に呼ばれた。

『はい?』

『何が美味しいですかね?もう僕たちはさっぱりわからんくて』


私も困った。
お酒の好みって、男女差があったり、ベースのお酒の好みもあるし…

なので
『私はこのテキーラサンライズは好きですよ、甘くて』
と、無難過ぎる事を言ってしまった。
つまらん!男性にそんな甘いカクテルを言うか!
言って後悔した。
昔はもっと詳しかったはずだ、というプライドがズタズタになった。

男性二人は
『へぇ〜』
と真剣に聞いてくれたけど、自分自身の名誉挽回のために私は慌てて
『こ、このボンベイリッキーはいいんじゃないですか?』

『それ、さっき飲みました』

あ、ああ…(さっき何飲んだかわからないって言ってたのに、思い出せたんか?!と内心思った)

そうこうしてる間に、私のカクテルを頼む番になった。


『バカルディカクテルを二つ』


そしたらその男性二人の目が輝いた。

『何それ?バカルディカクテル?』
『それ、それにしよう!』


シェイカーからカクテルグラスに注がれる、エレガントな赤いカクテル。

それを後ろから覗き込んでる男性二人。

『いつも芋ばっか飲みよるけんわからんっちゃんねー』

わかる。居酒屋行ったら男性はビールから焼酎ですよ。それが普通ですよ。

グラスを両手に持ち、男性を振り返り見て、私は自慢げに

『これがバカルディカクテルです』
とにこやかに言った。

『おお!』

そしてヒールでコツコツと颯爽と歩いた。


バカルディカクテルを頼んでかっこがついた…でも、なんで私は教えてあげられなかったんだ。


席に座って、美味しいオードブルをつまみながら思った。

バカルディ、こんな美味しいカクテルを、なんで私は今まで忘れていられたんだろう。
頼むまで、思い出せなかったんだ。
バカルディカクテルってどんなもんやったかいな?と思ってたから。
ラムだとは知ってたけど。

なんだか自信喪失。


ジン、ウオッカ、ラム、テキーラ、ウイスキー、ブランデー、ワイン、リキュール、ビール。
たくさんのベースのお酒に、違うリキュールやジュースを加えて無限に広がるカクテルの世界。

カラフルで夜のネオンみたい。

カクテルは大人のおしゃれな飲み物だな。

2011年08月04日

夢のカーライフ

ついに私も二台目、三台目の車を購入した。

もちろんトヨタ車だ。

当然新車だ。

一気に二台もだ。

しかもプリウスとアルファード、即決だった。

まさかの一括支払いだ。
お得意の現金でだ。
経済的ダメージは一切ない。

車庫には困らない。
置き場くらいたくさんある。


気分によって車を取っ替え引っ替えだ。

フフフ…


どうです、こんな気分。
宝くじにでも当たったのか?!
小やすにこんな財力あったのか?!
稼ぎが半端ないなと思いました?

フフフ


確かに買いました。
プリウスを見るだけで切なくなり、アルファードを見るだけで運転手を見てしまう、こんな私もついにオーナー。

トミカの。

そう、ミニカーで有名なトミカのプリウスとアルファードを買ったのだ!

昨年勘米さんに、黒のハリアーのミニカーを貰って、これで二台目、三台目ということになる。


少年のようなことをしてると思う。
でもプリウスもアルファードも大好きなんだ。
本当は自分の車種のを買おうと思ったんだけどなくて、いろいろ見てたら買わずにはいられなくなった。

白いプリウスと白いアルファード、眺めてうっとり。


巷でプリウスをよく見かける。
あのフォルム、視線を奪う。
アルファードはあまり見ないけど、大きくてカッコイイ。
ハリアーも、やっぱり色は白がいい。


好きな車をどうしても、どのようなかたちででも手に入れたかった私の最終手段。
そのうちに部屋中トミカのトヨタ車だらけになりそうな気がする…

2011年08月07日

必殺…

我社、我が部署(自社ビル)は古い。
数年前の地震で壁にヒビが入ってる。
築年数は三十年以上…いや、四十年近いか。
周囲にマンションがどんどん建てられ、さらに我がビルは古臭く見える。
建て替えの話を昔聞いたけど、あれはどこにいったんだ。
周囲は民家、あと市場や飲食店。
な、もので……

この季節、とっても嫌なんだ。

古い建物、夏…ムシムシ暑い蒸し風呂状態、無視出来ない虫虫虫…、

ああ嫌!
蚊にコバエにゴキブリ!!!


虫が嫌いな人は多いだろう、誰だってこんな害虫を好きなわけない。

ここの土地は水捌けが悪く、湿気がこもりやすい。
だから蚊も多いようだ。
倉庫付近は年中薄暗くジメッとしてる。
知らない間に膝から下を何箇所も蚊に刺されてる。会社には虫刺されの薬が常備されてる…。

しつこい蚊、こいつ達には●ンチョールで一撃だ。


コバエは、大体どの家も飛んでる。
こいつらは食べ物に飛んでくるからうっとおしい。
コーヒーやお茶をデスクに置いてると、身投げしているコバエもいる。
今年はコバエがホイホ●を用意してみた。

二日で七匹入ってた。
これで我社のコバエもイチコロであってほしい。


さて……
一番不快なゴキブリ。
こいつ達は毎年バルサ●で撃退してたんだけど、我社は建物が倉庫に繋がり、倉庫が外と繋がってる。
薄いベニヤ板一枚で外、みたいなもんだ。シャッターはあるけど。
だからバル●ンしたって外に逃げられる。
逆に、入っても来られる。
ゴキブリなんて、夜飛んで家にやって来るって聞いたし、どんな事をしても無理なのかもしれない。

でも!
出たら本当に気持ち悪い!
前女子トイレに一気に二匹出た。
私がいる時に。家庭サイズ四センチくらいのやつ。許さん。
私は冷静に掃除道具のほうきを装備し、逃げ回るゴキブリを一匹ずつ処理した。
逃がすかコノヤロー!!!!
私の前に現れた時、それは死を意味するんだ!!!!
しかしこの話を女性の先輩に話したら、トイレに行けないと言いはじめた。
落ち着かなければならない場所が、今一番落ち着けない場所になってしまったのだ。
そうだな。
かわいそうに。
私は何故か社内一、ゴキブリに強い。
先輩が食堂で小さなゴキブリにキャーと悲鳴をあげたものなら、私がデスクからすっ飛んで行き、バッチーンのシューッの、ティッシュに丸めてポイだ。
スプレータイプをあまり信用してない。
殺すなら、打撃だ。
一応シューッとしてみて、小さいやつならティッシュで丸められる。
家庭サイズのゴキブリは無理。火箸の登場だ。
それで挟んでトイレにサヨナラ。

みんながこうではない。
私もゴキブリは大嫌い。
なので…
薬局に行った。
とにかくゴキブリを見たくない、ゴキブリを根絶やしに出来る、そういう商品はないものか。


殺虫剤コーナーに行くと、やっぱりシーズンなので豊富な品揃え。

フムフム。
でもどれもな…試したけどねぇ…。
そこで店員さんに
『どれが効きますか?』
と尋ねた。
『ゴキブリですね。要は濃度なんですよ、ホウ酸の。これ(かなりメジャーな設置型)は実は薄いんです。この店にもゴキブリが出てたんで、うちではこっちを使いました』
『!!こっち…効きましたか?』
『ハイ』


この薬局も飲食店に囲まれ、古い建物の一角にある。
そこで効いたのなら、信用出来るかもー!!!

って事で初めて見る、パッケージの地味な
『ゴキブリキャップ』を買った。

最近の殺虫剤のパッケージは赤やら黒やら緑で、殺虫剤の強さをドカーンと表してるけど、これは
『いつからこのデザインなんだろう?』
と言うような黄色で、伝統のような古さを感じる。
しかしこのゴキブリキャップ、なかなかストロングなパワーなようだ。

ネットでも効くって書いてあるし、これは信じたい。
至る所に設置した。
頼む!これで一網打尽にしてくれ!

2011年08月08日

たまには恋愛話☆

色気がない、幸せそうな感じがないと、この小唄をご覧になった方々からご意見をいただいた。

なので私なりに少し恋愛について考えてみよう。


私は独身だ。
恋愛経験も豊富ではないが、年上、同じ年、年下とお付き合いをしたことはある。
その当時、それなりに本気で好きだった人なので、後悔してることはない…が。


おバカさんだったなと思う。
忍耐力や持久力がなかった。
それに視野も狭すぎた。
楽しかったんだからいい。過去の話だ。
過去の人と何度今出会ったとしても、未来を一緒に夢見る事は絶対にない。


よく、元恋人との関係はどうなるか?という質問をきく。

私は
友達にもなれない
と、思う。

もし友達になれるなら、それはまだ未練があるからだ。
この人の良さをわかってる、理解出来る、と思ってる。こんな気持ちじゃ、いつかフラッと変な関係になってしまいそうだ。
私は今は、過去の恋愛に未練の『み』の字もない。
未練くらいあったほうが、弱い女みたいでいいのか?
しかし、私の周りの女性は全て、
『元彼に未練はない!』
と言い切る。
さらに
『別れた男からよくわからないメール(連絡)がくる可能性百パーセント!』
とも言う。
これが複数意見だという事に、私は驚いたんだけど

…わからなくはない。
思い当たる事もある。
これを読んでる男性陣、ドキッとしましたか?

まぁ、そんなメールに流されてしまうか、今を生きてるから過去の彼からのメールなんて無視出来るかは、その時の女性次第。

一年経てば、どんな辛い別れもケロッとして生きていけるものだ。


どんなタイプの男性が好きなのか、自分自身一番よくわかっているつもりだ。
しかし外見がタイプの男性からは好かれた事があまりない。
恋愛は難しい。

人を好きになっても、好きになってもらえないんじゃ寂しい。


両思いになっても、私はいつも不安になる。
この人は私の事が好きだと言うけど、私なんかのどこがいいんだ。
口先だけだ、どうせそうだ、と言いはしないけど非常にガードも表情も固い。

惚れっぽいんだけど、本気の恋愛は少し恐い。

それが相手にも伝わってしまう。
昔の変な恋愛のせいだな。
上辺の優しさに騙されてはいけない。
この男性を信じていいのだろうか?
本心なのか?
下心だけじゃないのか??
とても用心深いのだ。


昔の恋愛に呪われ続けるのか?!
いや、そうじゃない。
それは本気で人を好きになっていない証拠だ。
好きになってしまえば、過去なんて忘れてしまえる!
相手の顔すら覚えてない、とまで言った女性もいた。

私もそんな気持ちがわかる。

失恋の特効薬は、今も昔も
『新しい恋』
と決まってるから。

2011年08月10日

後味の悪い言葉

自分で使って、とても嫌いだと思った言葉がある。

『どうでもいい』

無責任な言葉だ。
なんでこの言葉に反応するんだろう。


なんでもいい、どっちでもいい、とは違う。
興味の無さがありありとわかる。
言葉にトゲがある。
ふて腐れてる感じもする。
自暴自棄になっているみたい。
好きな人の前では絶対に使わない言葉だ。


もっと心に響く、きれいな言葉を発していたいもの。

最近、とても嬉しい言葉を聴いた。
その言葉はずっと耳に留まり、心をほんわかと温め、幸せな気分にさせてくれるものだ。

お花に
『きれいね〜』
と話しかけてると、花が長生きするという。
逆に
『汚い』と言ってたら、すぐに枯れてしまうとか。

でも1番早く枯れてしまうのは
『存在を無視された花』らしい。

なんの声もかけられず、見てももらえない。

『どうでもいい』
には、そんな意味もある。
好きや嫌いでもない、でも普通なんじゃない。
存在に気付きもしないような状態。
無関心。

どうでもいい


この六文字の威力は意外に大きい。
簡単に言ってはいけないと思った。

2011年08月14日

本を読め!読むんだ!ジョー!!

お盆休みか…

長いとこは長いからいいよなー。
お盆休みなんて関係ないとこもあるようだけど。
私の友達は結構長い人が多くてうらやましい。

会社にいても、ここ数日は電話が激減した。
やっぱ皆休んでるんだ。
電話がないと仕事がはかどる。
はかどってはかどって仕方ないが…行き着くところは、
『時間が余る』という仕事上あってはならない(?)究極の無駄な空白だ。


仕事を見つける!という姿勢に欠けると言われるかもしれないが、これでもきちんとしてる。
お盆だから相手がいないからこれ以上の仕事も出来ない、という事もある。
それならいっそ休めばいいんだけど、、、
休む人がいないから休めない。
丸っきり仕事がないわけじゃなかったし。


そんなわけで、仕事中に一冊、読みたかった本を読破した。
私の敬愛する齋藤孝先生の著書
『読書のチカラ』大和書房


現代の人達は、本を読まなくなっている。
電車の中ででも本を読んでいる人はあまり見なくなった。携帯電話という便利で面白いツールで、電車の中や家の中、どこでも情報を交換したり遊んだり出来る。
著者が仕事の上でいろんな権力者、社長、有名人と会い、その全ての人がかなりの量の本を読んでいたという。
何かのトップともなると自分だけではなく、会社のこと経済のこと社員のこと社員の家族のことを考えて生きていかなければならない。
その重圧はかなりのものだ。
そこで本を読み、過去の偉人達の考え方、智恵を借り、言葉から癒され、精神の泉を満たす事が出来る。
…などなど、
本を読む方がいい、ではなく
『本を読め!』『読まなくてはならない!』という気持ちにさせるものだった。

いやぁ、清々しい。
職業柄、ここまで言ってもらえると本当にうれしい。

そうだ、本を読むと頭が良くなったような気がする。
知識が広く深くなった気がする。

気がするだけじゃない。
そうなってるはずだ。
この本によると、文豪と呼ばれた作家は、知識人であったようだ。
大江健三郎氏は図書館の全ての本を読み尽くしていた。
そんな文豪の視点や考えの深さを一冊で教えてもらえる、こんな便利で安上がりなものはない。

絶対にない!


カッコイイ、齋藤孝先生。
素晴らしい、握手してもらった事を思い出すな。

私もこれからはもっと本を読むように、いや、読まなければならないと危機感を持たなければならない。

薄っぺらい情報よりも、重厚な名作、良書を択んんで、心を豊かにしていける栄養素を取り入れる。
私は他の人に比べ、本と接する環境は整っている。
どんどん本を読もう。

2011年08月16日

苦手な人はいるものですが

人付き合いに疲れてる友人がいる。

社内の女性の性格の悪さを聞いて、彼女がいつもかわいそうになる。
彼女はいつもニコニコしてて、怒った顔なんて見たことがない。会社で無視されたりして心が折れてしまい、トイレでこっそり泣いてしまう事もあるそうだ。
そんな事を聞いたら、私がどうにかしてあげたくなる。
なんだとーー!!と腹が立つ。


人間関係は本当に難しい。
学校なら仲良しだけで固まる事が出来るけど、社会に出るとそうはならない。
わがままは通らない。
泣いても喚いても、自分の思い通りになるわけがない。
無理なものは無理。
ダメなものはダメ。


別に私に友達が多いわけではない。
人間観察力があるわけでもないけど、なんとなく
『あ、この人はクセが強いな…独特やな』
とわかる。
もっとわかりやすい言葉で言うと

嫌な面を発見してしまいそうな人だな

とわかる。

いや、ぶっちゃけ

こいつ、嫌いだ


と思うわけだ。


生理的に無理、という人はもう外見から無理だ。
当たらず障らず接するしかない。

性格は見た目じゃわからないからなー。
でも何かプンプン匂ってる、私とは相容れないなと。
すごく優しそうに見えたりするんだ。
最初のうちは本当に優しかったりしてさ。

それがゴロッと変わる。
本性が現れる。
出たなコノヤロー!
おお恐!!


そんな人との関わりをすぐに断つ事が出来ないのが、社会人だ。

私は幸いにも会社にそんな子供っぽい人はいない。
皆大人なので、うまく渡り合えている。

やな人がいると人生が狂ってしまいそうだからな。

そんな人のせいで、会社を辞めたくなってる友人。
負けないでー!


悪くない人が縮こまってしまうなんておかしい。


大体大人になると、聞き分けがよくなる、わかり合えるものだと思うんだけど、勝手に妬んだり思い通りにならない事に腹を立てる大人もいる。

人は人!
あなたはあなた!
会社に何をしに来ているんだろう。
社内でのイジメなんて、仕事を効率的にするためにすべき事ではないとわからないんだろうか。

2011年08月18日

小やすの『それから』

ダイエット生活の結果

もちろん永久に延長戦だけど、どうにかこうにか目標まであとちょっと!ってとこまでたどり着いた。

少し暴飲暴食しても、運動出来ない日があっても戻らない(リバウンドしない)身体になりつつある。
誰からも
『痩せた?』とか言ってもらえないので、どこが細くなったかわからない。
恐らく足じゃなかろうか?
いや、引き締まったのか。

内臓脂肪とか?
我が家の体重計はアナログなので体脂肪率が出ない。
それ、ダイエットにはとても重要だった…。。

ダイエット、というより、健康管理、運動、というキーワードでこれからも続行していこう。


そして会社のゴキブリども…

さすがゴキブリキャップ様々!
見なくなっとります。
死体は何体かあったらしい。
でも生きてる姿はもう見てない!

さすがだ。
強い!

もし生きてるゴキブリを見つけたら、ゴキジェットプロの約千円という一番高い殺虫剤で……。

会社の金だからと言って、やたら高いものでも躊躇なく買う、経費担当(?)の小やすで〜す☆
他の男性には
『駐車場代高っ!もっと安いとこないんですかー』
と言うくせに♪
(当然常識の範囲内ですよ)


どうにか二つとも結果は出た。
結果を出すように努力をしたわけだ。

しかし別の大きな問題が勃発してる。
その問題はちょっとやそっとじゃ解決しない。
会社の問題ではない。

例えば人生ゲームをしてて、ルーレットがいい数字を出してくれたら解決する、回避出来る、という感じではない。

でも困難な問題ほど、解決出来た時の喜びは大きい。
難関攻略出来るかな…。
この話はまたいつか、気が向いたら。

2011年08月23日

わたしはぶきっちょ

仕事だからやらなきゃいけないけど、出来ればやりたくない仕事ってあるもんだ。


嫌いな仕事ではなく、不得意な仕事……。

私はとても手先が不器用なので、細かい作業が不得意。
思い起こせば昔からそうだった。

小学生(四年生)の図工の時間、
下書きを描いて型をくり抜きカラーセロファンを貼付け、ステンドグラスみたいな円柱を製作する事になった。
図工の時間は2時間続けてあった。
私は絵を描くのは好きだったので、スラスラと下絵を描いた。
先生から、次の作業に進めていいですよ、と言われサクサク作ってたら、1時間で完成してしまった。
周りはまだ下絵で四苦八苦してるのに。
そして完成したものを見て先生が

『小やすさんのように早く仕上げても良いですが、まだ時間もあるから丁寧に作って欲しかったですね』


…そうか……。


確かに雑だ。
タラタラ出来ないんだ。
頭でひらめいたらズバーっとやって、バーンって仕上げなきゃ調子が狂う。

ええ、そうです、おおざっぱのO型ですから。


でも仕事はそうはいかない。
緻密で数字ばかり考えなきゃいけない事務職だし、
『大体こんくらいで』
なんて絶対に言ってはならない。

その私が苦手な仕事…


それは


『包装』だ。

ラッピング。

仕事柄、やらなくてはならない。
やりますよ、そりゃ当然何百という本や図書カードを包装し続けてるプロですよ。それで食べてんですからね。。

図書カードならいい、やりやすいから。


困るのは、

絵本の包装だ。


絵本のサイズは千差万別。
文庫や文芸書ほど統一されてない。

それを何冊かまとめて、
『これ、女の子用にかわいく包装お願いします』
と言われたら…

私は幸いにも事務職。
店頭でレジに立ち、お客様を目の前に包装するわけではない。
営業担当者がお客様から注文を受け、商品を私に持って来る。

『チャーミングに包装してって』


ガゴーーン!!
普通に包装して、ちっちゃいリボンをクルッて巻いたのを、シールでペタッて貼るのが精一杯の私に、
『チャーミング』ってどんなものを考えてるわけ!??

しかもそのお客様、、
私小やすを大変気に入って下さってる某私立女子高校の事務の女性。
クリスマスにはお取り寄せしたクッキーをいただいて驚いた。
初めてお会いした時になぜか拍手して喜ばれ、握手までした。

その方を幻滅させるようなものを渡すわけにはいかない!!


しかし、我社にはあまり素敵なラッピンググッズは揃っていない。
社名の入った包装紙以外では、児童書の出版社から大量にもらった出版社名入りのかわいい子供向け包装紙、、その程度。
リボンはカラーバリエーションは赤、青、ピンク、黄色、緑だけど、種類は同じものしかない。
あとは社名入りシール。


どう考えてもいつも通りの包装しか出来ない。
先輩ふたりはとても器用で、リボンをゴージャスにする技とかアイデアを出してくれる。
が、私には無理!出来ないーーー。


どうにかかわいいウサギのキャラクターの包装紙を見つけだし、それにリボン型にリボンを作りシールでとめて、水色のシマシマの紙と、黄色の色紙で大小のハートを作り、包装紙に貼付けた。


ここまで1時間もかかった。
出来栄え、、
『これで勘弁して下さい!』

それを今日担当者はお客様に渡した。
私が1時間かけて包装したと伝えたようだ。
きっとお客様は、『おおげさだな』と思ってるだろう。
いや、本当ですからね!
アイデアが浮かばないんです。
会社にあるもので考えなきゃいけないし、本のサイズも変だし、私には難しいとです!


どうにか喜んでいただけたご様子だったそうだ。


よかった……


昔、包装に慣れるために、たくさんオーソドックスな包装をやったけど、そのワンパターンしか出来ないのだ。

もう少し、勉強しなきゃいけない…。

2011年08月26日

残暑お見舞い申し上げます

先輩が、向井理さんのスーツ姿が載ってるJUNONを読みながら悶絶している。

『向井君のスーツ姿、ネクタイ緩める姿、、、、』
かなり喜んでいらっしゃる。
先輩は、ワイシャツに黒いエプロンをした男性が萌えるらしい。

『萌える』

もう今更説明はいらないだろう。
オタク用語なんだろうか?
燃える、という言葉がそうなったらしいが。


昔から私は和服の男性にメロメロだ。
もう何度も言ったと思う。

でも私もスーツ姿、ワイシャツ姿の男性は好きだ。

やっぱり男性らしいし、スーツはかっこよく見せる格好だと思う。

いつもカジュアルな男性が、仕事が終わった後の平日デートで見せるスーツ姿……


これ、本当に女性からのポイント高いんです!
今はクールビズでネクタイをしない『パンツにワイシャツ姿』が主流だけど、これもまた良い。


逆に、いつもスーツ姿を見てて、初デートの私服のセンスが悪いと、ガッカリなんだ。
私はそんな出会いはないけども。
スーツ姿で出会い、スーツ姿をいつも見てるって、仕事場以外で考えられない。
職場恋愛をした事がないからね。


アルバイトの女子達が社員の男性に片想いするのも、スーツ姿が二割増しでかっこよく見せるからじゃないかな。

スーツじゃ夏は暑くてたまらないだろう。
営業なんてネクタイしなきゃいけなかったりするから、得に辛いだろう。

でもカッコイイですよ!
汗かいて働いてる男性!


今週もお疲れ様でした。

2011年08月28日

気分を乱すものの廃除

気分が沈む時も人間ならある。

理由もそれぞれ、イライラしたりうじうじしたり。
私はうじうじ出来ないので、イライラしてくる。
私、バッカやなー!
と、自分を責める。
さらにイライラしてると、
『あいつにも同じ目に遭わせてやる…』
と攻撃的な考えも出てきたり、
『この程度、なんてことない、普通普通』
と、強靭な精神力を持っていると演じてみたり。でもある程度経つと イライラの原因を忘れてしまったりもするけど。

他人にうじうじされると困る。
うじうじ、ネガティブな事とかやりたくない理由とかをネチネチしつこく話されたら、私は話をすぐに終わらせるように
『わかりました』とか
『じゃ、やらないんですか』
とか、とどめを刺す。

そんなうじうじに耐えられない。
言う暇あるならやれ!
動け!
そんな事言う奴に限って、怠けようと思ってんだ!!

…こういう考えはきっとKさんの影響なんじゃないかな。
いや、持って生まれた性格かも。


最近、私もレベルアップした。
取得した技がある。それは


『聞こえないふり』だ。
♪チャラララッチャッチャー(ドラクエのレベルアップの音)

くだらないおやじギャグや、コントなのか、よくわからないものを、これみよがしに見せつけられても、
『私は仕事や今に忙しくて聞こえていませんよ』
と、いうフリだ。

いちいち構っていられない。

見たくない。返事に困るし…いや、ここまできたなら私もハッキリ言おう、
『面白くない』

あースッキリした。

でもそれを言ってはおしまいだから、私は何事もなかったかのように作業したり、ぼんやりしたりする。

そしていつも通りニコニコして
『?何かあったの?』
みたいな顔をしてあげるのだ。
相手も私の思惑に気づいてないし、もちろん無視されたと感づいてもない。


これは私の秘密の手段だったが、
ここで公表してしまったのでやりにくくなるかも。

『都合が悪いと聞こえないという大人のアレ』と言うか。

こうやってイライラを軽減出来るならこの方法も悪くはないだろう。


ただ…
逆に自分が渾身のスーパーギャグを披露して、この技を使われたら、、
心が折れるかもしれない。

いや、
そうなれば、
無視されないくらいの、
スーパーミラクルウルトラギガビッグワンダフルギャグを編み出すまでだ!

2011年08月29日

最強のハイブリッドカー、プリウス

先日、マイカー君の一年点検でトヨタのお店へ行った。

あああ…

やっぱりトヨタのお店、好きーー!!
羨ましいーー!

扱ってる車種の模型がズラリと並べてある。
欲しいーーー!!

ああ、プリウスα!!!
かっこ良すぎ!


こんなに熱い、熱苦しい視線で模型を見つめる女はそういないだろう。


いただいたリンゴジュースを飲みかけて、出入口の模型の所で立って見とれていた。


プリウス…


実は私はプリウスには思い出がある。
話せば短く浅いものだ。

開発中のプリウスの話をKさんから聞いてた。
プリウス、、、売れて本当によかった。

他社のハイブリッドカーのデザインも似てると言ったら、
『全然違う!』とKさんに怒られた。
やはりプライドがあるんだ。私の失言。

プリウスの由来は、
ラテン語で『〜に先駆けて』


まさにエコカーの先駆けで世界に登場した。

今や九台に一台はプリウスと言われている。

更に二年後には、四台に一台の割合でプリウスを道で見かける事になるらしい。

エコポイントの期限はとっくに切れたけど、まだまだ売れているプリウス。

更にプリウスαの生産は追い付いてもいない。

スゴイな。


プリウスには特別な想いで見つめてしまう。

他社のエコカーもどんどん素晴らしい性能で誕生している。

その先頭にプリウスが走っている。

走る車、その一台に込められた開発者の想い、情熱、技術、こだわり、目的、それが伝わってくる。


きっとまた新しいコンセプトでエコカーは誕生するだろう。
それまで、いや、それでもプリウスは一番で輝いていてほしい。

2011年08月31日

試してみたいような…

やっかいな変な虫に刺された。

蚊ではない。

終電で帰ってる時に、腕がジクッと痛み、見たら変な虫がいた。

叩き殺そうとしたらプーンと飛んで逃げた。

電車の中なのでその虫を追う事は出来ず、見逃してしまった。

一晩たって腕を見たら、腫れ上がっている。
憎い!あの変な虫!
痒み止めを何度も塗り、少しずつ良くなってきた。

それで思い出した。

知人の話…

知人が寝ていた朝方、蚊の音で目が覚めた。
ん!!鼻が痒い!!

寝ぼけながらも鏡を見ると、
信じられないくらい鼻が腫れていた。
しかもものすごく痒い。
友人は母親を起こし、痒み止めの薬を出してもらった。

それを塗って、安心してまた眠った。

少し経ち、目が覚めて鏡を見ると鼻の腫れは引き、痒みもなくなっていた。
ふと机に目をやると、塗った痒み止めの薬がある。

……?!
このパッケージ、、、


痔の塗り薬!!!!!


どうやら知人のお母さんも間違って渡し、知人も何も考えずに塗ったのだ。
しかし驚きの効き目!


その話を思い出し、この変な虫にも効くかも!と思ったけど、我が家には痔主はおらず、そのような万能薬はない。

しかし、薬が薬なので、やはり塗るのは躊躇するだろうな。

だんだん秋めいてきたけれど、まだまだ変な虫には要注意。

About 2011年08月

2011年08月にブログ「小やすのOL小唄」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年07月です。

次のアーカイブは2011年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32