« 2010年07月 | メイン | 2011年05月 »

2011年04月 アーカイブ

2011年04月03日

春が近づいてきましたね

皆様お元気でしたか?
あれから秋になり、冬が来て年が明け、ようやく春らしくなってきましたね。
ずっと不精者の私は、こちらにアクセス出来ず、そのままほったらかしでした。
少しでもこちらをご覧いただいている方がいる限りは、何か馬鹿みたいな事やアホっぽい事を綴っていきたいと思っております。

今年度もよろしくお願いします。

負けるな!東北地方!!

西日本に住んで、のんきな毎日を過ごさせてもらってるけど…

今、東日本に住んで、地震や津波の被害に遭われた方々を思うと、私たちに出来る事はなにか、考えさせられる。

私は小五の終わりから高校一年生までの五年間、仙台に住んでいた。

父の仕事の関係で、地方中枢都市に転勤をしていたな。

福岡から広島、広島から宮城県仙台市、仙台から東京へ…という風に。

最終的には東京へは父だけ単身赴任で行ってもらった。

その後すぐに福岡へ戻って来た。


さてその私が住んでいた仙台市太白区は、今回の地震でどうなったんだろう。

皆は?学校は!?


知りたくて皆にメールした。

どうにか皆も家族無事だとわかったけど、皆傷付いている。

太白区の私が住んでいた地域はまだいい方だ。

ニュースでよく聞く地名、福島の…、宮城県の…、岩手県の…、、

町全体が被害に遭って、何百、何千人という人が亡くなって、今も行方がわからなくて、家も失くなって、という現実を見ると胸が痛む。涙が出る。

偶然私たちは西日本に住んで、この大地震と大津波に遭遇せずに生きている。

でも東日本に住んでいた方々は、日常を奪われ、財産も家族も奪われてしまった。

こんなに辛い事はないと思う。

これからどうやって生きていけばいいのかも不安に思うだろう。

今、日本全体、いや世界中の心優しい人々が被災者を救おうと動き出してる。

それを見たらまた涙が出る。


東北地方の良さ、私もよく知ってる。

九州にはない美しい山々、雪景色、短い夏の華やかなお祭り、素朴で優しい人達、美味しい郷土料理。

お米も美味しかったな。

冬の冷たい空気の清々しい事、皆がりんごみたいに赤いほっぺたをしてかわいらしかった事、皆で囲んでたストーブのにおい、さようならをした仙台空港。

大好きだった仙台。

東北が早く早く復興しますように。

東北地方の皆様の笑顔が戻りますように。

私を受け入れてくれた東北を、私は支えていきたい。

2011年04月04日

マイカーサイコー

車の話題を一つ…

エコポイントが付く間に、どうしても車が欲しくて昨年の七月くらいに母と一緒に私の最愛の車メーカー…トヨタに行った。

おお、トヨタ車!
素敵なお店!
ああ、このマーク、トヨタの美しいこのロゴマーク!

トヨタさんも、いろんなチャネルがあるから、車種によって行くお店が違うのはもう皆様ご存知でしょう。


私が欲しかった車はもう決まっていた。

※ここで車種だとか色だとかを特定すると、値段がばれてしまうので秘密にしておきます。

そこで店員さんとその車が私は目当てだと話しをしたら

『さすが、お目が高い。今この車はとても人気があります』

オホ!私、見る目あるんだ。

母はその車に乗り気ではなかったけど、店員さんのプレゼンと私の強い希望で、その車を買う事に決まった。


バンザーイ!ついに念願のトヨタ車のオーナーだーーー!!!

車をその日に即決というのも、あまりしないとは思うが…

本当は、何度か通って試乗して決めるつもりだったけど、エコポイントの期限が迫っていたから決めちゃいました。

それにやっぱり営業のトヨタ、アフターサービスもバッチリ。

『洗車したい時はいつでも来て下さい、手が空いてる時は洗車しますよ。調子が悪いと思ったら、ガソリンスタンドとかじゃなくて、こちらに持って来て下さい。僕が見ますから』

最近車買った人達に、車屋さんからこんな事言われた人はいなかった。ここまで言われたら嬉しい。

ああ、私の車、超カッコイイ……


この車は、

『彼氏に乗ってほしい車』

というコンセプトもあるらしい。

男らしくスマートでスタイリッシュで軽やかで。


しかし……

二月頃、トヨタのお店のお祭りがあるから来て下さい、と言われて行った時、

また洗車して貰って拭き上げてもらってるのを、後ろ側から私は眺めていた。

ああ、私の車、ピッカピカやん…

…?ん?!


ゆっくり車に近づく。

母が私を車に近づけないように邪魔をする。

拭き残し?…いや、見間違いじゃない、これは傷だ!!私の●●●●君(←車種を君付けで呼ぶ私)のお尻に傷が!!!

母は、『ついに気付かれたー』と笑っている。

昨年末、私がヒドイ風邪をひいてしまい、母が運転するその車で病院に連れていってもらった時、狭い病院の駐車場で母が壁にぶつけてしまったらしい…

なんですとーーー!

まだピッカピカの新車!

傷なんか有り得ない!

あああー!!!!

そうやって私が怒り、悲しんでいたら

母とうちの担当者の人と約四万円で修理をする話は済んでいた。

当然だ!!

さらに、母は私が付けたがっていたエアロを付けてくれる約束をした。


この車種はエアロが付いてるとかっこよさがパワーアップする。

そこで渋々私は納得し、まだお尻に傷がついた車に乗っている。


車の免許を取る時、
私は『免許なんていらん、車に乗らん』と言い捨てていた。

が、両親が
『自動車学校のお金出すから行って来なさい、絶対必要になるから』
と私を説得した。
私は内心、お金の無駄だ、まぁ身分証明書くらいにはなるからいいかくらいに思っていたが…

本当に免許取ってて良かった。

車のこの爽快感、走り出す時のワクワク、思い通りに動きスピードを出してくれる理想のマシーン。

最近若者の車離れと言われているが、こんなにいいものはないんだぞ!と私は言いたい。

こんなにカッコイイものはない。


日本の産業、経済を支えている世界に誇れるもの、日本車。


やっぱ、車はカッコイイ。

2011年04月06日

ウーララカー

今、我社の我が部所にはたくさんの若者達が短期アルバイトとして働きに来ている。

高卒世代〜二十代フリーターあたりの若者。

いやー、毎年毎年若者を見ているが、年々個性がある。

今年の子達はみんないい子!

静かだし挨拶は出来るし。

稀にうるさい子もいるけど、みんな団体でいるのが好きで和気あいあいと仕事してる。


男女合わせ45人くらい。男が六割の一クラスみたいな感じ。


やっぱこんな年齢の子達が集まるとね、恋愛に発展するわけです。

毎日楽しそ〜う。

社員で年上の私たちは静観してるけど、毎日キラキラしている若者はやっぱりうらやましいものです。


そりゃ社員ですから、アルバイトさん達が不真面目だったりすると、ピシッと言います。
きちんと出来てる子がいたら、オーバーに(?)褒めます。


今年は仕事が忙し過ぎて、アルバイトさん達に社員の負担をかけてしまった。。

大変だっただろうなぁ。

帰りは遅くなるし、朝は早いし。

そんな若者達の中に、一人、ものすっごく自分の好みのタイプの男の子がいた。

ビックリした。

こんな白い犬みたいにかわいい男の子がいるとは。

私は好きな男性をよく動物に例える。
白いクマとかタヌキとかピンクのうさぎとかマレーグマとか猫とか。


その子は白い犬みたい。

かわいらしい…。


あまりにも意識し過ぎて、仕事中その子と話す機会があってもうまく話せず、気楽にゲラゲラ話せる赤いぞうみたいな男の子と話してしまう。


これは、忘れていた、あの甘酸っぱい気持ちは…!!?


いや、そういうわけではありません。

こういう年になると、年下のかわいい男の子を眺めて、仕事中の息抜きが出来るわけですな。


キラキラした若者達を見て、カサカサに乾いてる自分に気づく…。

春だし、もっと華やかな毎日を送らなきゃあ。

2011年04月11日

働ける人間はどんどん働いて、、

最近あんまり笑ってない。

落語が好きだけど聴く時間もなかったし、楽しい仲間と会う時間もあまりないし、さらに地震もあったし心が笑いを自粛してるのかな。

こんな時こそ!という気持ちも、正直ない。

お笑い=ふざけている、と思ってるわけじゃない。


ただ、

私は疲れている。。


2月、3月のこの残業時間っていったら、会社にふざけんな!と叫びたい。

もちろん、開発や編集や制作に携わっている人達に比べれば、こんな残業時間くらいなんてことない、と思われるかもしれない。

けど、…3月中旬から4月の初旬までの一ヶ月間で残業が50時間を超えました〜〜〜。


あー、なんなんだよ、やってもやっても終わらないって!

先輩達とヤサグレながら働いてた。

この3ヶ月、鏡を見て思う。
老けたなと…。


私のお肌の潤いを返せー!(泣)


なんで忙しいのかと聞かれたら、やはり人数が昨年より三人も減っているから、だろうね。


朝から夕方まで、商品の手配やら入荷チェック、電話の応対(←これが1番厄介かも。仕事が増えるから…注文に繋がる大事な仕事だけど)、配達出来ない営業マンに代わって商品を宅配する準備、販売に出る日は半日以上デスクワーク出来ず、夜6時以降(残業)からようやく年度末の急ぎの書類やら、翌日の販売の準備、お釣りの確認(←これまた厄介…経理が機械で札束を集計してるのに、私の部所でもう一度、手作業で何百枚も数え直す)、至急の発注の時間外に出来るメールやFAXに取り掛かる。通常しないといけない入金処理や、端末へのうちこみなどもこの時間。
あまりうちこみが遅くなると、データ通信にエラーが出たりするので、本当はよくないのだが。

夕食のカップラーメンをズルズルと食べ終わると、最後の仕事、支店との伝票やりとりの処理。

ああ、ようやく帰れる…。
カップラーメンで胃がもたれつつ、早く家に帰りたい一心でダッシュで駅に向かう。


…こんな毎日だった(月曜日から土曜日)。


販売に行って、会社に戻って自分のデスクを見た時に、メモだらけFAXだらけだと本当に疲れる。

お客様は神様?
年度末の予算消化を急かしてばかりのお客様は神様なのか?!

最初から計画的に使ってくれ!!


私たち、かわいそう…。

いや、でも東北の人達の辛さ、悲しさと比べればこのくらい!


そうやって乗り切った。


疲れたけど、やり甲斐はある。

峠を社員一同で乗り越えてる感じもする。

昔、退職するシミュレーションを頭でしただけで泣きそうになった。

辛いとか疲れたとか文句を言ってはいるけど、私は自分が思っている以上に、仕事が好きなんだとわかった。

あともう少し、頑張って働こう。

そして残業代を稼いで、また募金しよう。

2011年04月12日

落ちたら命がナイアガラ

ヤバイ……


お腹が空いている時にスーパーに行くもんじゃない…


お菓子を山のように買ってしまった。

今いつものダイエット中なのに。

いや、いつもよりも厳しくダイエットをしようと心に決めたばかりなのに!


思わず安売りしてた、大好きなブルボンのお菓子シリーズなどなどをごっそり買い込んでしまい、自己嫌悪。。。

なぜダイエットなのか?

仕事が忙し過ぎた時、二日で2キロ痩せた。
が、すぐに簡単に戻ってしまい、さらにそれ以上になりそうで怖いから。


それに……

もしかすると…

ひょっとすると、ひょっとこすると、


私の愛する大瀧詠一さんと会えるかもしれないのだー!!

キャー!!!!!!!!!

かも、ですよ。かも!


実は、忘れもしない3月21日、愛する大瀧さん(『愛する』は、大瀧さんに付ける枕詞)のCDとCDBOOKが同時にリリースされた。

名盤ロングバケーションと、ナイアガラCD BOOKⅠ。

CDは2625円だがCDBOOKは26250円、10倍の値段でしかも予約生産というレア物!


ロンバケは何度もCDが発売されてるが、今回のリマスター、素晴らしい。

音が本当に良い!
ヘッドフォンで聴くと頭が痺れる。
あー!流石愛する大瀧さん…。師匠、私の師匠だ。


その両方を買うと、購入者特典として、

なんと


ロンバケ30周年記念パーティーに応募出来るのです!


キャー!!!!!!!!!

200名だけだけど!


応募者全員もれなく!でもないけど!

しかも愛する大瀧さんが来るなんて一言も書いてないし、詳細は全く明らかにされてないけどー!!!

でも信じたい。


こんなパーティーがあるなんて、奇跡に近い。


いつどこであるかもわからない。

平日だったら会社を休んででも行く!


死ぬ前に一度でいいから、ちらっとでもいいから会いたい見たいと思い続けてきた大瀧さん。

夢の中でも、
『あー!大瀧さんがテレビに出とるー!ビデオを録らなー!』とビデオをセットしてる間にテレビは終る…
とか、

『あ、あなたが大瀧さんですか?!あ、あ、会いたかったんですー!』と握手を求めて泣いている …
など。


こんなに好きなんです。


なので、

もしかすると会えるかもしれない。
その可能性がある。


私はキレイな格好で大瀧さんと会いたい。

だからダイエットをせねばならないのだ。


う〜ん、私は乙女だなぁ。

2011年04月14日

オタクメガネを買おう

二ヶ月ぶりのお稽古。

三味線に二ヶ月触っていなかったから、下手になっているだろうなと思ったけど、予想以上に手は覚えてるものだな。

譜面に目はくぎづけだけど。

目が悪くなってから、譜面を見るのも裸眼じゃちと辛い。

ああ、歳を感じ始めますな。

コラーゲンとイソフラボンみたいなやつ以外に、サプリを増やさなきゃいけないかな。

ブルーベリーとかセサミンとかコンドロイチンとかイチョウ葉エキスとかビール酵母とかカルシウムに鉄も……


話を戻そう。

三味線を弾いていると、やはり心が落ち着くみたいで考え方が丸くなる。

さっきまで仕事でイライラしてた事なんて、忘れていられる。

そうそう、早く請求書を発行しろって言われたから作成したのに、中に品違いがあったらしく、こっちは知らんっつーの!だから返品とかないかって念押ししたのにっっ。
仕事で最も嫌いな『自分のせいではない、再発行』をするハメになった。
自分のミスなら当然やるけど、相手の都合や紛失での再発行ほどテンションが下がる仕事はない………。
仕事を嫌ってはいけないけどさー、何度も何度もそういう事をさせる人っているんですよ。
一冊ずつ返品してきてその都度請求書やり直しになったりーー。

話を戻そう。

考えてみたら、三味線を弾く趣味をすっかり忘れて過ごしていた。

せっかく何年もかけて習い、大事にしている三味線を忘れるほど仕事してたなんて。

時間がもったいない。
内輪の会で弾く曲も決まったし、ちゃんと家でお稽古しようっと。

2011年04月18日

痩せぬなら痩せるまでのサドンデス

ダイエットについて……


私は三姉妹。その末っ子。

姉二人は私より小柄。
私が1番背が高い。

今、姉妹全員でダイエットに取り組んでいる。


長女は二人子供を出産して体型が変わってしまって戻らない。

次女は現在妊娠中で、お医者さんから早くも太り気味と言われた。

そして私、人生最大のおデブまであと1キロ、、、、この体重がもう1年も続いてて落ちない落とせない(涙)


まず長女が自宅にある自転車こぎのダイエットマシーンを活用。
1時間やって350キロカロリー。
食べる量も減らす。
子供の食べ残しを食べるからなかなか難しいけど、ヘルシーなメニューで約半年で4キロは減らした!


次女は妊娠中だから下手な運動も出来ず、しかもツワリもあるしだるいとかきついとか言って、うまくダイエットも進まない。
が、実家に帰ってきてから太ったのでやはり食生活の見直し。

間食や食べすぎを止める事。

そして私。
難航。

だってすごく食欲あるし、動けばそれだけお腹は空く。
Kさんの影響でちゃんと毎日身につけている万歩計もあまり意味はなく、この体重がまるでベストかのようにキープされてる……

私のベストは今よりもマイナス1キロ!
痩せ過ぎると私は病気になりやすくなるけど、ベスト体重は身軽で調子が良いのだ♪

会社の上司が言ってた。
上司は独身貴族で細身。
でも我が部所に配属されてなんと5キロも太ったそうだ。
そうは見えないと伝えたら、ウエストや太ももが太くなり今までのズボンが入らなくなってしまったそうだ。
今までが痩せ過ぎだったんですよ、と言うと上司は持論を語り出した。


体が軽いとやっぱりよく動ける、若い気持ちでいられる。
多少無理が出来る。
お腹が出たり、体が重かったりするとそうもいかんもんね。

と……


わかる…。
とてもわかる。
上司は非常にストイックで、太りやすい体質を意識してるから昼ご飯も食べない。

うげー!私には無理ー!会社に来て1番の楽しみは昼ご飯ですからね!

でもそのくらいの意志は必要かもしれない。


私も大瀧さんに会うために痩せようとしてるけど、自分の健康と美容と若さのために、真面目に取り組んでいこう!


そこで会社の後輩に聞いた。

1番効果のあったダイエットを教えて☆


食事の時、普通は30回噛めって言うじゃないですか?あれを50回噛むダイエットやりましたよ。前に胃が悪くなって胃カメラまでしなきゃいけなくなったからよく噛むようにやったんですけど、4キロくらい痩せました。お腹から。それによく噛むから食べすぎないし、フェイスラインもすっきりしましたよ〜♪


な、な、

なんですとーー!!

それ、いただきます。
やってみます。

私も胃が弱いし、一石二鳥だ。


プラス、ストレッチをして部分的にも落としたい。


出るか、私の根性!

出してしまうか人生最重の体重記録!

出してなるものかっ!

頑張ってみます。

2011年04月25日

打ち上げギアチェンジ!

今年に入って、初のプロの落語家さんの会に行ってきた。

春風亭正太郎さんと柳家おじさんさんの会。

正太郎さんは内浜落語会に何度も落語会をしていただいてる春風亭正朝師匠のお弟子さん。

師匠譲りの江戸前な口調でちゃきちゃきしてて、すんなり聴ける。

二つ目なのに、私よりも年下なのにとても落ち着いてて、発言も言葉を選んでいる感じがした。
やはりプロやなぁ…。

さて奇妙な名前の柳家おじさん、さん。
この方現在前座で、師匠は柳家権太郎師匠。
そう、亡くなられた人間国宝柳家小さんの孫弟子にあたる。

彼は元々内浜落語会の会員だった。
そこから本当にプロになるなんてなぁ。

うーん、落語との出会いが彼の人生を壊し…いや、人生を変えていったわけだ。


そんなおじさんさんの落語は、やはり前座とはいえプロはプロ!
以前とは比べものにならないマクラの面白さでした。
ネタ?
ネタもです。

以上、落語会の報告終了。

その落語会の会場だった、勝屋酒蔵さん、ここが無茶苦茶よかった!
前々から私は日本酒大好きで、酒蔵も大好き、酒蔵見学大好き、酒蔵開き大大大好き。

昔ながらのたたずまいの酒蔵での落語、、最高のシチュエーション!!!

落語会の後に、美味しい日本酒を試飲させていただき(試飲、というよりもご馳走していただいた)、旬の筍の煮物を冷でクッと胃に流し込むと……

もうわかるでしょう。
これ、絶対美味しいって。
辛口だけど味わい深い。
なるほど、ただの辛口ではない。
ああ、日本人に生まれてよかった!

その後酒蔵見学をさせていただく。手間がかかってる!美味しいものを造るのは簡単じゃないな。
古い建物の中で、日本酒造りの伝統と技術を堪能した。
そこで純米酒と甘酒をお土産に買って帰る。
ムフフ…家でゆっくり飲むのが楽しみ…。


さて二次会。
おーびーさんのお母様がされてる世界一のスナック『くるくる』で、改めて皆で乾杯!
こえびさんのご主人と格闘家の男性が飲む飲む。
正太郎さんは少し酔いが回ったかな?スローペースでニコニコ飲まれてる。
スナックなので、やはりカウンターが命。どう座るか悩んだ末、女性はカウンターレディに。
まるで男性七人対女性四人(おーびーさんのお母様含む)の合コンのような感じになってた。

まぁそこでの乱痴気騒ぎ…いや、そんな暴れ狂ってたわけではないけど、楽しすぎて楽しすぎて…顔が痛いくらい笑った。


あー、久しぶりに時間が止まればいいのにと思うくらいに。

日本酒に始まりビール、また日本酒、最後はスパーリングワインの赤(!超珍しい!生まれて初めて飲んだ。無茶苦茶美味しい!どこで売ってるのか知りたい!!)を飲んだのに、悪酔いしなかった。

どうやら私は楽しすぎると、体が嬉しくなってガンガンアルコールをすぐに分解してしまうのではなかろうか?

泥酔してはもったいない!もっと楽しみたい!と、体のギアが『アルコールを栄養にしてしまえ』にチェンジされてるのだろうか?


いやぁ…とにかく楽しかった。本当に楽しかった!
おじママに再会出来た事がやっぱり嬉しかった。

About 2011年04月

2011年04月にブログ「小やすのOL小唄」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年07月です。

次のアーカイブは2011年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32