« 2016年05月 | メイン | 2016年07月 »

2016年06月 アーカイブ

2016年06月08日

豊前の旅①

%E5%8D%83%E6%89%8B%E8%A6%B3%E9%9F%B3%E3%81%AE%E6%9D%89.JPG
豊前市までちょいとドライヴしてきました。昨年御縁をいただいた後藤市長のお宅の近くになんと重要文化財【千手観音像】が祀られております。その横には2本の杉の木。何となく霊木のような・・・その奥には岩から湧き出る【湧き水】・・・柄杓で受けて飲みますというと何となく清められたような気分になりましたねえ。

豊前の旅②

%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%82%BB%E3%81%AE%E6%9D%9C.JPG
豊前からの帰り道、メタセの杜に立ち寄りました。本物の飛行機(自衛隊の練習機)が展示してありました。
本物の飛行機を目の前にすると気分は少年ですねぇ!!ワクワクします(*'ω'*)

%E5%98%89%E7%A9%82%E5%8A%87%E5%A0%B4%EF%BC%91.JPG
嘉穂劇場!意外なことに私は今回、はじめてお伺いしました。友人の楽笑亭小きぬ(三味線の名手)氏の顔で、理事長さん直々に館内を案内して頂きました(^^)/  大変な水害から見事に復旧、復興された時の苦労話や舞台の下;奈落についても詳しく説明を受けました。華やかな舞台に立つ役者の努力、その裏側で支えている多くの人の大変な労苦!それらが一体となって客席を楽しませてくれます。この世の縮図ですねえ(*'ω'*)

2016年06月14日

三菱重工労組長船支部での講演!

%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%BB%E8%AC%9B%E7%BE%A9%E9%A2%A8%E6%99%AF%EF%BC%91.JPG
気が付けば三菱重工労組さんでの講演は10年間続いてました(^^)/ これからも健康である限り続けたいと願っております。毎年この時期は50歳到達社員さんを対象に、『落語で楽しくイキイキ人生』というテーマで、生き甲斐と目標設定、について楽しく語っております。講演やスピーチで大切なことは、明るく楽しくそして、何よりも自分自身の体験に基づく自分の言葉で語ることが大切だと感じます。 立派な著作からの引用はほとんど聴き手の心に届かない!!この10年間でそういうことを実感しました。

最近、定番になっております落語一席!!

%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%BB%E8%90%BD%E8%AA%9E%E9%A2%A8%E6%99%AF.JPG
まじめな講演wで落語の効用を随所で説いておりましたので、残りの時間は実際に落語のライヴを楽しんでいただきました。今回の出し物はおなじみの<花筏> 古典落語の本ネタとオリジナルのマクラが最近やっとつながってきました(*'ω'*)

2016年06月24日

アゴに覚えさせる!!

%E9%AB%98%E5%BA%A7%E2%91%A0.JPG
☆落語のワザから学ぶスピーチ実践術
私がいつも心掛けている、『聴き手が気持ちよく聴ける話し方』とは・・・程よい間を入れて軽快なリズムで話すことです。話の序盤は内容よりもむしろ軽快なリズムで語られていることが重要です。この段階で不自然な間が空いたり、せっかちに間を詰めたりして喋られると、聴き手は興ざめしてその時から聴く気がなくなります。いったん興ざめした聴衆を再度引き寄せるのは至難のワザです。ツカミ(話し始め)は大切です。話をリズムよく軽快に話すためには【反復練習】が効果的です。言葉のフレーズを何度も何度も声に出して反復練習すること。声を出すことで理屈ではなくアゴの筋肉がその動きを憶える! つまりアゴが勝手に動いて自動的に喋るようになります!この状態でスピーチをすると聴き手の皆さんの表情が冷静に観えてくる。聴き手との間合い・呼吸を微妙に合わせることができます。つまり客席と一体感を作ることができるのです。スピーチ原稿の要所要所をワンフレーズとして徹底反復してアゴに記憶させてみてはいかがですか?あなたのスピーチは見違えるようにイキイキとした話しになること請け合いです(^^)/
さて、スピーチのツカミができたらば次は・・・当意即妙・・・・そうですアドリブですね!
アドリブについてはまたの機会に(^_-)-☆

About 2016年06月

2016年06月にブログ「最近の状況!」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年05月です。

次のアーカイブは2016年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.32